外付けハードディスクのデータ復旧について。よくある相談事例と注意点をご紹介します

USBケーブルをつなぐだけで接続できる手軽さや大容量のデータを持ち運びできる便利さから、近年では多くのシーンで使われるようになっている外付けハードディスク(HDD)。中には、大切なデータをバックアップのために小まめに外付けHDDにデータを移しているという方も多いのではないでしょうか?

しかし、そのような大切なデータが保存されている外付けHDDですが、パソコンに搭載されているHDDと同じく、経年劣化してしまうものですので、外付けにデータを移せば安心かというとそういうわけではないのです。実際に、大切なデータを保存していたHDDが認識されなくなってしまった…なんて状況に陥ったことがある人も多いのではないでしょうか? この記事では、外付けHDDの使用中に起きるさまざまなトラブルについて、実際に弊社によくある外付けHDDのデータ復旧依頼の事例をいくつかご紹介していきたいと思います。
同じような症状に陥った際、やってはいけない注意点なども一緒にご紹介しておきますので、ぜひ参考にしてください。

外付けHDDに関するよくある相談事例

まず大前提として、外付けHDDの使用中にもさまざまなトラブルが発生する恐れがあるという認識を持っておきましょう。そして、外付けHDDにトラブルが起きた場合、中に保存している大切なデータが消えてしまうことも考えられます。

特に多いのは、お客様自身が、何とかHDDを復旧しようとあれこれ行った結果、症状がより悪化してしまった…というパターンです。 大切なデータが保存されているHDDにトラブルが起きた場合、焦ってしまうのも分かりますが、まずは冷静に弊社までお問い合わせいただくことをお勧めします。ここでは、よくご相談いただく相談事例をご紹介しておきますので、頭に入れておきましょう。

PCに接続しても外付けHDDを認識しない

この症状は非常に多いです。なお、パソコンに外付けHDDを接続したのに認識しない…という場合、論理障害と物理障害の2つの理由が考えられます。

論理障害は、HDD自体は正常なのに、データの破損やプログラムの問題などによって認識しない、もしくは認識はしてもフォルダやファイルを開けない、パソコンの動作が著しく遅くなるなんて状態です。なお、こちらの場合は、比較的軽度な障害であることが多く、適切な修復作業を行うことで、データを復活させられる可能性は高いです。製品によっては、メーカーの無償復旧サービスなどがある場合もあります。
物理障害は、動作中に衝撃を与えた、水没、落雷、経年劣化など、HDD自体が劣化または故障してしまっている状態のことです。この状態の場合、外付けHDDを認識させるため、何度も電源のオン・オフを繰り返したり、ケーブルの抜き差しを行ってしまうと、症状をより悪化させてしまう恐れがあります。物理障害が疑われる場合には、自分で何とかしようとせず、速やかに専門業者に相談しましょう。

HDDから異音が聞こえる

HDDの動作中に「カツン、カツン」などと言った異音が聞こえる場合、HDDが物理的に故障している可能性が高いです。こちらも、「何か変だ?」と考えて、ケーブルの抜き差しや電源のオンオフを繰り返す方がいるのですが、そういった行為で症状が悪化してしまう恐れがあります。

HDDから異音が聞こえた場合は、すぐにシステム終了して、パソコンから取り外し、専門業者に相談するのがオススメです。まだ認識しているからと、データコピーなどの作業を行ってしまうと、途中で認識しなくなり、状態を悪化させてしまう可能性が高いです。

誤って大切なデータを削除してしまった

他のファイルと間違えてうっかり削除してしまい、何とかならないかという相談も多いです。この場合、削除したデータが完全に消されずにハードディスクに残っていれば、復元は可能です。

注意が必要なのは、誤って削除したことに気付かず、その場所に他のデータを保存してしまうと、元のデータが完全に消去されてしまい、データの復旧が難しくなってしまうということです。何らかのトラブルに気付いたときには、すぐに外付けHDDの使用を中止し、パソコンから取り外しましょう。なお、市販の復旧ソフトなどは、かえって事態を悪化させる可能性がありますので、自分での対処はオススメできません。

パーティション変更でデータが消えてしまった

WindowsやMac OSでは、データが保存されている外付けHDDのパーティションを変更する機能が存在します。しかし、その作業を行う時に、手順を間違ったり、変更時にエラーが発生してしまうと、データが消えてしまうことがあるのです。

このパーテーション変更時のトラブルに関しては、外付けHDDの状態によって、消失してしまったデータを復元することができる可能性があります。全てのデータが復元できるとは限りませんが、作業前に復元できるファイル名を提示することも可能です。自分で何とかしようとするのではなく、パソコンから取り外し、速やかに専門業者に相談してみましょう。

まとめ

今回は、使用する人が非常に多い外付けHDDについて、外付けHDD使用中のトラブル事例についてご紹介してきました。外付けHDDは、大切なデータのバックアップを目的に使用する方が多いため、「外付けHDDに保存していれば安心だ!」などと考えてしまう方が一定数いらっしゃいます。しかし、外付けHDDに関しても、PCに内蔵されているHDDと同じく、寿命というものがありますので、使用中にトラブルが発生することは珍しくないのです。

皆さんに覚えておいてほしいのは、外付けHDDに何らかのトラブルが生じてしまった場合、何度も電源のオンオフを繰り返すことやケーブルの抜き差しを行ってはいけないということです。こういった行為は、余計に症状を悪化させてしまう恐れがありますので、絶対に行わないようにしましょう。 外付けHDDにトラブルが発生した場合、電源を落としてから速やかに専門業者に連絡するようにしましょう。その方法が最もデータを復元できる可能性が高い行為と言えます。

サポート 馬渕

パソコン修理、データ復旧を10年以上させていただいております。
3000件以上の訪問実績があり、様々な法人様のオフィス環境改善に努めてまいりました。お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください!

このページの先頭へ