2016年08月の記事

Gateway SX2860 OSクリーンインストール

SX2860 Gateway SX2860 OSクリーンインストール作業 パソコン修理

【受付内容】 Windows10にアップグレードしてしばらく使っていたがロゴ画面移行に進まなくなったと問合せを頂き出張診断に伺いました。 メーカー:Gateway 型番:SX2860 OS:Windows7(使用時Windows10にアップグレード) 【症状】 電源を入れるとWindwosのロゴ画面でフリーズする、セーフモードなどの回復オプション起動できない。 【原因・診断内容】 HDD自体の故障の可能性もあるため、一度取出しスキャンしましたが、HDD自体には異常は見られずその他のパーツも異常はなったためWindows10のOS障害と判断致しました。 【結果】 できるならWindows7に戻して使いたいとのご希望であったため、中のデータを一度取出し、Windows7をインストールし直した後データを戻して納品とさせて頂きました。 8月にWindows 10 (RS1 / Anniversary Update)がリリースされてからWindows10をインストールしているPCでの不具合が多数発生しています。 弊社に問合せを頂く方の半分程が結果としてWindows10の不具合だったというような状態です。 お仕事で使われている方などは特に注意してください。  

外付けHDD(ハードディスク)の選び方

今回は「外付けHDD」を選ぶポイントについてお話をさせて頂きます。


以前はパソコンは一般家庭でもデスクトップパソコンが主流だったのですが、現在はハイスペックなノートパソコンも比較的に安価になってきましたので、場所も取らず、また無線環(Wi-Fi)で家中どこでも手軽にインターネットに接続できるようになったために、ノートパソコンが主流になりつつあります。ただやはりパソコン内の大事なデータはバックアップをしておかないと、万が一の場合データ復旧などが必要になるため、別媒体でのデータのバックアップはしておかないといけませんね。今回はノートパソコンをご利用の方向けに情報をご紹介させていただきます。 まず「外付けHDD」を大きく分けると、2.5インチ(ノートパソコン用HDD)で構成されている物と、3.5インチ(デスクトップパソコン用HDD)が中に入っているものの2種類があります。 2.5インチHDDyjimage-1 2.5インチHDDは「バスパワー」タイプと言って接続をしたパソコンから電力を供給を受け稼働するタイプになり、3.5インチHDDは「セルフパワータイプ」で外付けHDD自体に電力が必要になるタイプになります。 ノートパソコンのUSB電力容量は、全ての機種がそんなに高くありません。ところがハードディスクにはモーターが入っているため、かなりの電力を消費します。 その為、パソコンが古くなったりしてくるとUSB電力が下がりますのでモーターを回転させる事が出来なくなり、HDDが認識できなくなります。 こういった場合には、デスクトップパソコンに接続すると認識する場合があります。デスクトップでも認識しない場合はハードディスクの破損が考えられますので、その場合には当社にお問い合わせを頂ければ、データを復旧することが可能などでお気軽にお問い合わせください。 では、ノートパソコンで外付けの保存媒体を使いたい時は、何を買うべきでしょうか。普段のファイル共有なら、殆どの場合「USBメモリー」で用が足りると思います。現在販売されているものは、以前と比べ安価で大容量の物もありますので容量的には問題ないと思います。 バスパワーの外付けハードディスクをノートパソコンで使い続けると、パソコンの基盤に負担がかかり、メイン基盤の寿命を縮める事になります。またハードディスクは物理的に回転する媒体ですので、持ち運びには正直適していない媒体です。持ち運びをする媒体は、SSDやUSBメモリ、SDカード等の「回転しない」媒体が圧倒的に耐衝撃性がありますので推奨いたします。 同時にノートパソコンの場合、内蔵媒体がハードディスクの場合、同様に衝撃に弱いですので寿命が縮まるおそれがあります。持ち運びが多いノートパソコンにはSSDへの換装をする事で、かなり寿命が延びて、使用時の衝撃への気遣いもかなり減ります。 SSDとは簡単にいえばフラッシュメモリを用いたパソコン用の記憶装置のことであります。発熱が少なく 動作音が静かで衝撃や振動にも強いメリットがある一方、最適な設定をしないと寿命が 短くなってしまうというデメリットもあるのですが、圧倒的にHDDと比べると読み書きのスピードが速いので、快適に、ご使用できると思います。当社ではHDDからSSDの換装サービスも行っておりますので、ご興味のある方は、一度お問い合わせを下さい!!

富士通 FMV FMVNFE50WP HDD、電源コネクタ交換修理

fmvnfe50wp FUJITSU FMV FMVNFE50WP HDD交換、電源コネクタ交換修

【受付内容】 Windowsのロゴ画面移行起動しない、たぶんHDDが悪いのではないかと言われたとお問合せを頂きました。 お客様のご自宅が弊社の無料出張範囲外だったため、集荷にての診断を承りました。 メーカー:富士通 FUJITSU 型番:FMVNFE50WP OS:Windows7 【症状】 ①電源を入れた後、Windowsのロゴ画面まではいくがそこでフリーズしてしまう。セーフモード等も起動しない。 Windowsのディスクからの起動はできるが、OS修復では直らない。 ②電源コネクタがパソコンとの接続部をグッと押し込んだ状態でないと充電できない。その為押し込んだ状態でテープを貼って固定して使用している。 【原因・診断内容】 ①HDDをスキャンした結果、不良セクタが多数見られた為HDDの故障が原因となります。その他マザーボードなどに異常は見られませんでした。 ②電源の接続部分のパソコン側(凸側)のコネクタが折れかけている状態でした。 【結果】 年数としてはかなり経過しているPCの為、今後の使用感を考えお客様と相談した結果、HDDをSSDに交換し、コネクタ部分は部品交換を行い納品とさせて頂きました。

BIOSのよくあるエラーメッセージの意味は?

パソコンを起動させようと電源を入れたところ、パソコン画面上に英語のメッセージが出て「起動しない」「動かない」といったことが弊社に毎日お問い合わせがあります。


まず、BIOSとは?パソコンに接続された周辺機器を制御するためのソウトウェアのことです。BIOSはデスクトップパソコン、ノートパソコン問わず必ず搭載されておりHDDやUSB機器の管理や制御を行っています。制御をしているので、OSが立ち上がる前に壊れたUSB機器などが接続されている場合などに、エラーメッセージをだし確認をもとめることが原因になり、パソコンが正常起動しない場合が良くあります。 またBIOSにも種類があります。それぞれメッセージ内容も微妙に違います。代表的なものはAWARDとAMIです。また最近はBIOSに代わるものとしてUEFIといったシステムを使ったマザーボード(基盤) が多くなってきているので、判断がつきにくいといったお問い合わせや、昔はBIOSを設定できた方でもUEFIの設定画面にたどり着けないといった方からの、お問い合わせも増えてきております。 下記が代表的なエラーメッセージになります。
 

BIOSがAWARDの場合

メッセージ                  エラー内容         BIOS ROM checksum error - System halted   BIOS ROMの内容が問題。 CMOS battery failed             CMOS電池の問題。 CMOS checksum error - Defaults loaded    CMOSのエラー。 HARD DISK INSTALL FAILURE       ハードディスクが初期化できない。 Hard disk(s) diagnosis fail          ハードディスクの異常。 Keyboard error or no keyboard present    キーボードが接続されていないか、キーボードの異常を検出。 Keyboard is locked out - Unlock the key    キーボードが押されっぱなしになっている。 Memory test fail              メモリの異常。 No boot device was found          ブートデバイスが見つからない。 Primary master hard disk fail        プライマリー・マスターに接続されたハードディスクの異常。 Primary slave hard disk fail         プライマリ・スレーブに接続されたハードディスクの異常。
 

BIOSがAMIの場合

メッセージ                 エラー内容 CMOS Battery State Low          CMOS電池の問題。 CMOS Checksum Invalid          CMOSのエラー。 HDD Controller Failure           ハードディスクの異常。 Invalid Boot Diskette            ブートデバイスの異常。 Keyboard Error              キーボードが接続されていないか、キーボードの異常を検出。 Keyboard Stuck Key Detected        キーボードが押されっぱなしになっている。
 

UEFIの場合

メッセージ                 エラー内容 CMOS Battery Low             CMOS電池の問題。 CMOS Checksum Bad            CMOS電池の問題。 Memory Size Decreased           メモリーサイズが減少している。 No Boot Device Available          ブートデバイスが見つからない。
  まだまだ、上記記載内容の他のエラーメッセージもあります。ただデータが必要になる方が上記のHDDやブートデバイスの問題といったエラーメッセージが出た場合には、ご自身で対処すると症状が悪化し、データ復旧率が低下する恐れがおりますので、そういった場合には弊社エスアイヤーまで、まずはお問い合わせください。

夏場のパソコンの適正温度

普段ご使用になられているパソコンには人と同じで、パソコンにも「適温」があることをご存じですか?


夏場にパソコンが熱くなると熱暴走により、フリーズや故障といったリスクがあることはよく知られていますが、実は低温状態が過ぎると良くないのはご存じだったでしょうか。 特に冬場、部屋が冷え切った状態ではパソコンが正常起動しないといった症状や、パソコン本来のパフォーマンスを発揮でいないことがあります。 なぜかといいますと、HDDの潤滑油(グリス)が冷えたことにより、固まってしまい正常に回転を行えないといった場合などが原因になることがあります。 パソコンの適温は、本体が「30度~40度」、CPUは「40度~75度」、HDDは「30度~50度」の範囲が良いとされております。またご使用されている室温はなるべく「20度~25度」の範囲でご使用になられる 事が望ましいです。 パソコンも、過酷な環境下では長持ちはしませんので、できれば暑すぎるといった環境である場合などは見直した方が良いかもしれません。

HP Pavilion 550-240jp/CT HDD交換、データ復旧作業

imgres [お問い合わせ地域] 兵庫県西宮市 [受付内容] 兵庫県西宮市の法人様より、パソコンが起動しなくなり会計データが必要なので出張診断をしてもらいたいとのお問い合わせでした。西宮市は無料診断出張エリアですのでお伺いをさせて頂くことになりました。

[メーカー] HP

[型番] Pavilion 550-240jp/CT

[OS]Windows 10 Home 64bit [症状] 電源を入れるとWindwosのロゴ画面でフリーズし、その先に進まない。パソコンから「カチカチ」と異音がする。 【原因・診断内容】 HDD自体の故障の可能性が一番考えられました。一度取出し診断したところHDDの物理故障を起こしていることが判明しました。そのまま使い続けることは出来ないことをお伝えし、HDDの交換修理をご提案させて頂きました。又今回は、HDDが物理の重度故障を起こしている為、データ復旧を行うためHDDを開封させていただく内容をご理解を得、作業に入らさせて頂きました。 【結果】 データが必要との事でしたので、元のHDDからデータ復旧を行いました。弊社既定のデータ復旧レベル6の状態でしたが、今回は難なくデータ復旧作業は完了しました。データ復旧料金https://s-ier.co.jp/price ただ今回は開封作業を伴うデータ復旧作業だったので、復旧時間が多少かかりましたがHDD交換修理含め、納品まで3日にてお納めさせて頂いたところ非常に満足をして頂けました。 今回は、既存HDDが500GBでしたので交換修理後、HDDは2TBに容量アップをさせて頂き、会計データも以前の状態で納品させていただくことが出来ましたので、お客様にも満足の評価を頂きました。  

パソコン修理、パソコントラブル、データ復旧はエスアイヤーへ https://s-ier.co.jp/

Windows10の不具合について

Windows 10 (RS1 / Anniversary Update)のリリース以降問合せが激増しております。

8月2日にWindows 10 (RS1 / Anniversary Update)が配信されて以降、弊社へのWindows10を搭載またはWindows10にアップグレードしたパソコンでの不具合の問合せが急増しています。 主な不具合としては、 ・古いデバイス、ドライバ、アプリケーションが正常に作動しなくなった。 ・複数のアプリから一つのデバイスにアクセスする仕組みが変更された為、対応していないデバイスやドライバでは遅延やフリーズが発生する。また正常に起動しなくなる。 ・ブート(起動)領域やパーテーションが書き換えられて起動やリカバリができなくなった。 ・OS起動後動作が極端に遅くなった(ほぼフリーズ状態) ・複数のPCに同じMicrosoftアカウントを設定すると正常に動作しなくなる。 など、どれもこれも致命的な障害となります。 フリーズ等に関してはMicrosoftも対応パッチなどを配信しだしています。 http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-performance/anniversary-update/66e03b07-4845-4a66-be07-0feda12bd34e?auth=1 が、ある程度知識がないとそれに対応することもできないと思われます。 お仕事でパソコンを使われる方も多いと思いますので十分にご注意下さい。 まだWindows10にアップグレードして1ヵ月以内の方は以前のOSに戻された方がよさそうですね。 もうすでに1ヵ月以上経過してしまったという方も戻すことは可能ですので戻したい場合はエスアイヤーまでご相談下さい。

BAFFALO リンクステーションからのデータ復旧。

imgres

BAFFALO LS-WVL/RF

大阪市内の法人様より、LinkStationにアクセスが出来なくなりデータ復旧をしてもらいたいとのお問い合わせがありました。 エスアイヤーでは、無料診断出張を行っていますので至急スタッフを派遣し、お客様のもとで診断を行いましたところ、 内臓HDDが物理故障を起こしておりました。その場にて詳細診断に入らせていただきましたが、2本内臓されているHDDのうち 1本から異音がしておりましたので取り外した状態で再度、起動確認を致しましたが購入した状態でRaid 0の環境で使用されていたことにより 正常起動を行えませんでした。 ただちに持ち帰らせていただき、データ復旧の作業に入、今回は無事にデータ復旧が出来ました。 外付けHDDより便利な反面、初期状態の確認(RAID 1)ミラーリングでの構築であれば今回の事態も防げたかもしれませんが、 なかなか確認をせず、ご使用になられる場合が多いです。  
RAIDの障害について