2016年09月の記事

【パソコンについて:パソコンの基礎知識】

今日9/28日は「パソコンの日」ということでパソコンについての情報を載せていきたいと思います。 【パソコンとは・・・】 パソコンとは、簡単に言うと「箱」です。 工具箱にはカナヅチやドライバーといった工具が、裁縫箱には針や糸や歯切れが入っているように パソコンには便利な「ソフトウェア」がたくさん入っています。 なのでソフトを入れていない状態のパソコンはただの「箱」です。

パソコンには基本ソフトウェアと言われている「Windows」や「Mac」、「Linux」といったOS(オペレーティングシステム)、「Word」や「Excel」、「筆ぐるめ」などの アプリケーションソフトをインストールすることにより、使えるようになり、使いこなせばすばらしい能力を発揮できるようになります。

家電量販店などで販売されているパソコンには、あらかじめ「Windows」や「Word」、「Excel」のようなソフトがインストールしてあって、初めてパソコンを買う方などは特に意識せずにパソコンを購入される方が多いと思います。 最近のモデルでいうとOSとして「Windows10」が入っていてアプリとして「Microsoft Office 2016 Home & Business(Word、Excel、Outlook、PowerPointのセット)」が入っている物がよく売られていますね。
  【パソコンの種類】 パソコンには大きく分けて形が2種類あり、デスクトップ型パソコンとノート型パソコンに分けられます。 デスクトップ型は、モニターと本体が別になっていて、それなりのスペースが必要ですが、 拡張性に優れていて、なにかパーツが壊れても、ノート型よりもパーツの交換が容易することが可能です。 最近では画面と一体になった物「一体型」や「All in One 型」が個人向けに多く販売されていますがこちらは拡張性には欠けるのでノート型との中間といった感じになります。
ノート型は、折り畳みが出来て持ち運びに便利で薄く、軽く、小さく、場所を選びませんが・・・拡張と性能の面では、どうしてもデスクトップには劣ります。また最近ではタブレット型PCなんかもよく売られています。 各タイプのメリット・デメリットは、 【デスクトップ型(本体とモニターが別)】 ・メリット・・・デスクトップ用の部品が使用でき、機能や拡張性が高い。また壊れた際にパーツ毎も交換も容易にできる為、修理費用が安く短期間で出来る場合が多い。 ・デメリット・・・モニターが別なので場所を取る 【一体型(All in One)】 ・メリット・・・デスクトップ用の部品を使用している物もあり、機能面ではさほど劣らない。省スペースでデザイン性に優れた物も多い。 ・デメリット・・・本体に隙間があまりない為、熱が籠り劣化が早くなることが多い。壊れた際の修理費用が高額になりやすい。 【ノート型】 ・メリット・・・省スペースで持ち運びも容易。 ・デメリット・・・熱が籠り劣化が早くなることが多い。パーツが省電力の物が多い為、性能が劣り易い。 【タブレット型】 ・メリット・・・省スペースで持ち運びが容易。 ・デメリット・・・パーツの制限上、高性能を求めるのは難しい。壊れた際の修理費用が高額になりやすい。 といったところです。 なので、 パソコンを購入するときには、どのような使い方をするかをよく考えた上で選ぶようにして下さい。 また数年は使うことになると思いますので後から「アレもしたい」「コレもしたい」となった時に対応できるものを選びたいですね。
  【パソコンの仕組み(構成部品)】

パソコンがどのような部品で出来ているかをご説明します。

cpu

【CPU(シーピーユー)】 パソコンの動きの核となる装置です。このCPUは中央演算処理装置ともいい、Central Processing Unitの略となっています。プログラムの実行や計算処理などパソコンのメインの動きを行う装置です。人間でいうと「脳」にあたります。パソコンを選ぶ際に一番気にする人が多いパーツです。これの性能がいわゆる「動きが速い、軽い、遅い、思い」などに関わってきます。ただし「CPUが良ければ動きが速い良いパソコン」と思われている方が多いですが実際には全体のバランスが一番重要となりますのでCPUだけで選ぶのは止めましょう。 種類としては、Intel社の「Celeron」、「Pentium」、「Core i3、i5、i7」なんかが有名です。

%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%aa

【メモリ】 メモリとは、データやプログラムを一時的に保存する装置のことをさします。 データの編集やプログラムを動かしているときはこのメモリ上で動いています。 メモリはよく仕事場の机や作業台に例えられます。この作業台の上でCPUが作業を行います。もちろん作業台が大きいほど、一度に多くの作業をすることができ、作業効率も上がりますので大きければ同時に動かせるソフトや同時に開けるファイルが増えることになります。

hdd【ハードディスク(HDD)】 パソコンの中にあるデータ(ソフトや文書・表計算・画像・音楽etc・・・などのファイル)を長期期間保存できる机の引き出しや書庫の役目をする部品です。これが大きい程より多くのデータを保存しておくことができます。 大きさは「3.5インチ」と「2.5インチ」の2つが主に使われており、デスクトップには3.5インチ、ノートには2.5インチといった使い分けになります。 最近ではこのハードディスクに代わり、高速でデータの読み書きができる「SSD(ソリッドステートドライブ)」というものが搭載されたパソコンも販売されています。

【マザーボード】h170me 見た目通りパソコンのメイン基板です。メインボードとも呼ばれます。 この基板にCPUやメモリ、ハードディスクといった部品を繋いでいき、パソコンとして機能するように組み立てていきます。このマーザーボードの種類によって「どんな部品をどれだけ付けられるか」が決まりますのでパソコンの拡張性と最大性能はこのマザーボードによって大きく変わります。 ですので実際にはかなり重要な部品となります。しかし、一般的に売られているパソコンでマザーボードの種類やどんなスロット(挿し込み口)があるかはまず表記されていません。「自分で拡張なんかしないから別に良い」と言われればそれまでですが、逆に言えばメーカー製のパソコンは後からのカスタマイズは非常にやりにくいということになります。     dengen 【電源】 名前の通り電源です。コンセントを繋ぐ部分です。 ノートパソコンやタブレットの場合はこの電源にさらにACアダプターを繋いで使います。パソコン内部に入っているパーツの数や性能によって必要な電源のワット数も変わってきますのでゲーム用のパソコンや製図などに使う高性能ワークステーションなど、パソコンの性能が上がれば上がる程軽視できない重要な部品となってきます。とはいえ、市販のメーカー品しか買わない人にとっては選択肢がありませんし、メーカー品パソコンの電源は形や内部の基板などと繋ぐピン配列も特殊なので交換することもできませんので気にかけることはない部品かもしれません。     %e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89 【ケース】 ケースです。上記の部品を入れておく入れ物です。色々なメーカーがあり、見た目や種類も数えきれないほどあります。種類によって変わる点は、パーツの収容量や静音性、エアフロー(空気の流れ方)などです。 こだわる人は中のパーツが丸見えのスケルトンにしたり、ガンダムなどのキャラクターの形のケースだったり、パソコンの熱を使用して熱帯魚を飼うアクアリウムにしてみたりと様々なものがあります。 市販のメーカー品のケースの特徴としては吸排気口が少なく静音タイプのものがほとんどなのでスリムタイプのケースを使う場合は室温に気を付けた方がよいでしょう。     【その他のパーツ】 グラフィックボードやRAIDカード、LANカードなどその他パソコンには多種多様なパーツがあります。使用用途によって必要なパーツを選択するようにしましょう。
 

BTO、パソコンのカスタマイズはエスアイヤーへ https://s-ier.co.jp/

エスアイヤーではお客様の用途に最適なパソコンのご提案、カスタマイズを行っております。製品選びでお困りの際は是非エスアイヤーまでご相談下さい。    

IOデータ外付けHDD(HDPD-AUT1.0W) データ復旧の完了。

imgresIOデータ外付けHDD(HDPD-AUT1.0W) [受け付け内容] 大阪府吹田市の法人様より「会社で共有している外付けHDDが、どのパソコンに繋げても認識しなくデータがとにかく必要だ!」とデータ復旧のお問い合わせを頂きました。 当社エスアイヤーは吹田市なので無料診断出張でお伺いをさせて頂きました。
  [お問い合わせ地域] 大阪府吹田市 [メーカー] IOデータ [型番] HDPD-AUT1.0W [種別] 外付けHDD [症状] 電源を入るが、外付けHDDのUSBがどのパソコンでも認識できなく、データが取り出せなく困っている。
  [原因・診断内容] 現地にて、上記の症状を確認できました。初期診断としては外付けHDDの物理故障と診断させていただきました。認識できないトラブルが起こった故障個所は、外付けHDDに装着されている基盤の故障が考えられました。データが必要との事でしたので、内臓HDDのセクターエラーチェックを行いデータ復旧レベルの診断をさせて頂きました。診断後セクターエラー箇所(不良セクター※1)が13,000ある事が判明しました。診断内容としましてはHDDの物理重度障害と診断させていただきました。この機種はGセンサーを搭載した耐衝撃ポータブルHDDなので落下や衝撃に対し、普通の外付けHDDより強固なものになっていますが、USBを差した状態で机の上から落としてしまった事が原因になりました。
  [結果]   診断結果が基盤の故障とHDDの物理重度障害でしたので、HDDの分解作業に入りデータ復旧をさせて頂きました。ヘッドが正常に読み込みを行えない状況でありましたので、ヘッド交換させて頂きデータ復旧を行い、復旧率も99%のデータを確認できましたので、他の媒体にデータ復旧を行いました。今回落下により物理故障を起こしましたが、正常にデータ復旧を行えお客様にも大変喜んでいただけました。 今回の故障外付けHDDは、本体内部の4箇所についている衝撃吸収ダンパーによるフローティング構造により、落下の衝撃を吸収し万が一落としてしまっても、ボディが落下の衝撃からドライブを守る安心設計されている物になるのですが、落とし方によっては今回のように内臓HDDが壊れることがあります。データバックアップを行う場合には、落下などを起こす環境でご使用されておられる方は、気を付けた方が良いと思います。

※1 不良セクターとは

ハードディスクの中ではプラッタと呼ばれる磁性を帯びた円盤がレコード盤の様に回転し、これを磁化することにより情報を記録しています。このレコード盤の様に回転をしているプラッタの磁性が経年劣化などの原因により弱まった時に、記録された磁気情報が読み出すことができなくなる事があります。読み出し不良の原因が磁性の劣化だけに限らず、読み込み不能の領域を不良セクターと言います。Windowsのコンピューターの管理などのWindowsログではセクターエラーと表現されることがあります。またその他にNTFSエラーといった表記等がされることもあります。不良セクター(不良ブロックとも言います)は仮に読み込みが出来なくなった領域に再度書き込みを行っても読み込めない可能性が高いので、論理フォーマットをし直さない限り、OS(Windows)は一度検出した不良セクター(不良ブロック)には二度と書き込みを行いませんのでエラーが出続ける状態になります。 不良セクターが発生した場合は実際のパソコンの挙動、動作はおかしくなることがあります。上記のレコード盤の様に回転しているプラッタの一部分の磁性が弱くなった時のパソコンの動作を考えてみましょう。磁性が弱くなり、通常の動作で読み取りにくいビットセルがあった場合、HDDのファームウェア(HDD基板上のソフトウェア)が読み込み開始タイミングの調整やヘッドのバイアス電流などの調整を行っています。その為、異常を起こしている不良セクター(不良ブロック)に何度も読み込み動作をリトライし「なんとか読み込もう」とします。「なんとか読み込めた」場合は、そのビットセルに対して「なんとか読み込んだデータ」を同じ場所に書き込み、磁性のリフレッシュを行うことが出来ます。このビットセルに同じデータを書き込んだだけでは本当にリフレッシュされたかわからない状態である為、書き込み後に再度読み取って検査しなければなりません。 しかしもともの読み込み不良(セクターエラー)の原因が経年変化である可能性が高く、書き込み直後にベリファイを行うだけでは不十分で「経年変化による問題」が表面化しない恐れがあることから、わざわざ次回そのセクターにアクセスする時までまってもう一回検査結果の評価を行います。その評価待ちのビットセルのことをペンディングセクタと呼びます。ペンディングセクタは後々の評価時に読み込めない可能性がありますので、ペンディングセクタ扱いになった時は、あらかじめ代替領域にミラーされる仕組みになっています。そのペンディングセクタに再度アクセスがあり、代替領域のデータとのベリファイに合格した場合は、ペンディングセクタ扱いを外れますので、通常セクター扱いに戻り正常化します。この際代替領域のミラーデータはマッピングから除去されます。一方再度アクセス時にベリファイでエラーが検出された場合は、直ちにペンディングセクタは不良セクターに降格し、以後一切のアクセスはしなくなります。そしてペンディングセクタの代替領域内ミラーデータは同時に不良セクターの代替セクターとしてマッピングされ、以後OS(Windows)からその不良セクターへの読み書き要求があった場合、自動的に代替セクターにリダイレクトされる。この一連の代替処理はHDDのファームウェアが自動的に行いますので、OS(Windows)には一切通知されません。 また「なんとか読み込もう」として「読み込めなかった」場合は直ちに代替処理が行われますが、そのデータは消失してしまっているのでOS(Windows)に不良セクターとして通知され、OS(Windows)上で不良ブロックとなる。そしてOS(Windows)はそのセクターには二度とアクセスすることはなくなるが、HDD内部での代替処理は完了しているので、もし再度OS(Windows)で論理フォーマットを行えば、以前に検出された不良ブロックが消えてなくなっているという現象になります。しかしこの「なんとか読み込もうとしたが読み込めなかった」というペンディングセクター経由ではない不良セクター発生時のシチュエーションは、「HDDの劣化はジワジワゆっくり進む」ということと、「HDDのファームウェアが発達して唐突に読めなくなることはあまりない」とう事実から、発生の頻度はかなり低いと思います 代替処理済の不良セクターが多量に発生し、代替領域の空き容量が無くなると、当然に不良セクターの代替処理ができなくなるだろうと考えるかもしれないが、それでは困るのでペンディングセクターから不良セクターに降格するセクターが発生した場合、ペンディングセクターの代替領域のミラーデータはそのままペンディングセクター扱いから不良セクター代替セクター扱いに変更され、ペンディングセクター用の領域は減少していきます。そして全ての代替領域が埋まってしまうと、新たなペンディングセクターを受け付けるためには現在すでにあるペンディングセクターの再審査をして通常セクターに昇格させて空き領域を作るしかない。その動作を自動で行うファームウェアとそこまで処理してくれないファームウェアがあるから注意が必要だ。この自動再審査をおこなってくれないファームウェアの場合ユーザーがchkdsk /rなどでディスクの全検査を行い、既存のペンディングセクターを通常セクターへと追い出しを行わないとわないと、その新たなペンディングセクターは以前に登録済みのペンディングセクターに上書きされてしまう。こうなると上書きされた側の元ペンディングセクターは代替領域のミラーデータを失ってしまうことになるので非常に危険な状態に突入する。その後もし元ペンディングセクターにOS(Windows)から読み出し命令がかかったとき運悪くエラーとなればハードディスク内ではアンコレクトセクタ(回復不能セクタ)に分類され、OS(Windows)上では不良ブロックの初検出という事態になります。
     

パソコン修理、パソコントラブル、データ復旧はエスアイヤーへ https://s-ier.co.jp/

当社エスアイヤーは迅速な作業、対応を心がけておりますので、パソコントラブルでお困りの際にはお気軽にお問い合わせください。  
 

東芝(TOSHIBA)USBメモリーデータ復旧の完了。

imgres東芝(TOSHIBA)USBメモリー(32GB) [受け付け内容] 大阪市北区の法人様より「会社でバックアップ用に使用しているUSBが認識しなくなり、データ復旧してもらいたい」とお問い合わせを頂きました。 北区は無料診断出張でお伺いをさせて頂く地域なので、出張スタッフを派遣しました。
  [お問い合わせ地域] 大阪市北区 [メーカー] 東芝(TOSHIBA) [種別] USBメモリー 32GB [症状] USBがどのパソコンでも認識できないので、データが取り出せない。
  [原因・診断内容] 現地にて、上記の症状を確認できました。初期診断はUSBの物理故障と判断させていただきました。データが必要との事なので詳細診断をさせて頂いたところ、内臓チップに不良セクターがあることが判明しました。
  [結果]   詳細診断後、不良チップを交換させて頂き、今回は必要なデータを復旧させていただくことが出来ました。ただデレクトリーの破損などがあった為、フォルダー情報が壊れ、中に整理さえれていたデータがバラバラに復旧されました。幸いデータの名前などは正常に復旧されましたのでデータ的には復旧されました。 USBはFAT32といったファイルシステムを用いていますので、バックアップ用には不向きな媒体だと思います。データをバックアップされる場合には外付けHDDなどの媒体をお勧めさせて頂きます。 法人様の場合には、サーバーなどの媒体なども当社は取り扱っておりますので、ご興味のある方はお問い合わせください。 今回は、USBのデータ復旧が無事完了いたしました。
 

パソコン修理、パソコントラブル、データ復旧はエスアイヤーへ https://s-ier.co.jp/

当社エスアイヤーは迅速な作業、対応を心がけておりますので、パソコントラブルでお困りの際にはお気軽にお問い合わせください。  
 

パソコンの日:パソコン修理・データ復旧作業料金半額キャンペーン。

本日、9月28日はパソコンの日です。


1979年の9月28日、NECがPC8001を販売し日本のパソコンブームが起きたことを記念するものです。 いわゆる、PC88時代の到来です。この当時のパソコンスペックは現在の物とは比べ物になりませんが、当時は16KB搭載のメモリを大きすぎて「何に使うんだ?」といった時代でした。その当時は現在とは違い、パソコンという概念よりも、オフコンといった業務機が主流であり価格も一般の方が手出しできない状況の中、このPC8001は16万円ぐらいの価格で発売され大人気を博しました。搭載されていたCPUものちに大人気ゲーム機のゲームボーイ(任天堂)にも使用され、パソコンマニアから愛されたCPUでした。 PC8001が人気を博したことから、NECはPC8002、上位機種のPC8801が販売され、その後PC8801系統機種が日本のパソコン市場を席巻しました。 今回、エスアイヤーはこの記事を読んでいただいた方はパソコン修理、データ復旧、パソコントラブルの解決作業料金を半額にさせて頂きます。 パソコントラブルでお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。  

バッファロー(BUFFALO)HD-LC2.0U3-BKデータ復旧完了

%e5%a4%96%e4%bb%98%e3%81%91 バッファロー(BUFFALO)HD-LC2.0U3-BK [受け付け内容] 大阪市北区の法人様より「会社で共有している外付けHDDが、どのパソコンに繋げても認識しない」とデータ復旧のお問い合わせを頂きました。 北区は無料診断出張でお伺いをさせて頂く地域なので、出張スタッフを派遣しました。
  [お問い合わせ地域] 大阪市北区 [メーカー] バッファロー(BUFFALO) [型番]  HD-LC2.0U3-BK [種別] 外付けHDD
  [症状] 電源を入るが、USBがどのパソコンでも認識できない。
  [原因・診断内容] 現地にて、上記の症状を確認できました。初期診断としては外付けHDDの内臓HDDには問題ないと診断させていただきました。認識できないトラブルが起こった故障個所は、外付けHDDに装着されている基盤の故障が考えられました。
  [結果] 初期診断でお客様にお伝えした内容で間違えは無かったです(装着されている基盤の故障)。今回のような症状は良く頂く内容なので、初見にて出張スタッフが判断させていただきました。データが必要との事でしたので、念のために内臓HDDのチェックも行いましたが問題はありませんでした。ケース交換をさせて頂き今回の作業は完了いたしました。 今回は、HDDに不具合がありませんでしたので、特にデータ復旧作業も必要がありませんでした。データも無事に戻り、お客様にも喜んでいただけました。
     

パソコン修理、パソコントラブル、データ復旧はエスアイヤーへ https://s-ier.co.jp/

当社エスアイヤーは迅速な作業、対応を心がけておりますので、パソコントラブルでお困りの際にはお気軽にお問い合わせください。  
     

HP Conpaq 8100 電源 マザーボード交換修理

img_0050 [受け付け内容] 大阪市内の法人様より「パソコンが起動しなくなった、電源を入れるとコゲたような臭いがする」とお問合せを頂き無料出張診断にお伺いしました。
  [お問い合わせ地域] 大阪市中央区 [メーカー] HP ヒューレットパッカード [型番]  Conpaq 8100 Elite Con [OS] Windows 7 Professional 64bit
  [症状] 電源を入れても画面が上がってこず正常に起動しない。すぐに落ちてしまう。
  [原因・診断内容] 起動画面にもいかないので電源系統かマザーボードの故障だと思いフタを開けたところ写真のように電源が焦げついていました。その為、一度全ての部品を取り外し個別にチェックしたところ、マザーボードも故障してしまっていました。おそらく電源が故障してマザーボードも巻き込まれる形で故障したものと思われます。
  [結果] 電源とマザーボード以外の部品は故障していなかった為、電源とマザーボードの交換をし、環境調整を行って納品とさせて頂きました。データや設定などの使用環境はかわらず使えた為喜んでおられました。 修理内容:電源ユニット、マザーボード交換
    当社エスアイヤーは迅速な作業、対応を心がけておりますので、パソコントラブルでお困りの際にはお気軽にお問い合わせください。

パソコン修理、パソコントラブル、データ復旧はエスアイヤーへ https://s-ier.co.jp/

 
 

カスタムサーバーご注文頂きました。

02250941_530be6c792f56 【サーバー販売】Sier MS/C2000R1 カスタムサーバーご注文頂きました。
  大阪市内の法人様よりサーバーをご注文頂きました。 【スペック】 OS:Windows Server 2012 R2 Essential CPU:Intel Core i3-4170 メモリ:4GB HDD:2TBサーバー用HDD×3本構成 システム/データ領域:2TB×2 (RAID1) バックアップ領域:2TB×1 M/B:ASUS P9D-IX ケース:コンパクトキューブ型サーバーケース 電源:250W 80+Blonds 【仕様用途/環境】 社内PC3台と出張、外出先用PC1台のデータを共有しバックアップを取るよう設定させて頂きました。 今回はお客様のご希望もあり、3日分の世代管理のバックアップ設定もさせて頂きました。 間違って消してしまった時などに以前のデータに戻せるよう設定しております。 また出張によく出られるお客様なので遠隔地からでも社内とデータが共有できるようにさせて頂きました。 今まではほしいデータをわざわざメールで送ってもらったりと手間が必要でしたが、いつでも好きに閲覧編集ができて便利になったと喜んで頂きました。 エスアイヤーではお客様の環境に合わせて、パソコンやサーバー環境の構築をさせて頂いております。 もっと便利に安全に使いたいというお客様はお気軽にご相談下さい!!      

Western Digital / IDE 40GBのHDDからデータ復旧

ide_40gb_001 ide_40gb_002 [受付内容] 大阪市天王寺区の法人様より「外付けHDDにアクセスできなくなってしまった」とお問い合わせをいただきました。 HDD自体は動作しているようでしたので電源を落としていただき、無料の出張診断サービスでお伺いさせていただくことになりました。
[お問い合わせ地域] 大阪市天王寺区 [対象機器] 外付けHDDケース + Western Digital / IDE 40GBのHDD [使用されている環境] Windows7 /Windows10
[症状] 昨日まで通常通り使用できていた外付けHDDが使用できなくなってしまった。 「フォーマットしますか」との表示がされてしまう。
[診断] お客様先にて症状を確認しHDDへのアクセスができないことをお客様と確認いたしました。 中に入っているデータが必要、ということで詳細診断を行うため弊社への持ち帰り許可を頂戴しました。 [原因] ケースから取り出したHDDを確認しますと、IDEという1世代前の規格である事が解りました。 もちろんIDEのHDDでも対応に問題はありませんので診断を開始、HDD自体に障害が認められました。 今回はHDD自体の経年劣化による障害が問題でアクセスできなくなってしまったと考えられます。
[結果] 専用の装置を使いHDDの認識に成功し、お客様が仰っていたデータも無事に復旧することができました。 ファイルやディレクトリの破損なども見られず、全てのデータを無事に納品となりました。 一般的な家電製品として扱われがちなパソコンや周辺機器ですが 今回のように経年劣化のため、突然使用できなくなることが起こり得ます。 特に大事なデータ(会社の資料/写真/スマートフォンのバックアップなど…)は 失うと取り戻せなくなる場合もありますので、定期的に外付けHDDなどのメンテナンスや交換実施をお勧めいたします。
  当社エスアイヤーでは、メンテナンスや交換に関してのお問い合わせ/お見積りも行っております。 お気軽にご相談くださいませ。 パソコン修理、パソコントラブル、データ復旧はエスアイヤーへ https://s-ier.co.jp/