【要注意】ブラウザーに偽の McAfee 通知が表示される

McAfee製品のセキュリティーソフトで効果的に保護したい場合は、アラートが表示されるようにする必要があります。

これらのアラートは、製品自体に頻繁に表示され、場合によっては「ポップアップ」として表示されます。

偽の McAfee通知とは

これは本物マカフィ製品のポップアップで、マカフィー ウェブアドバイザーのセキュア サーチを有効にするように求められます。これにより、インターネット閲覧がさらに安全になります。 そのため、この動作を安全で通常の動作となります。

マカフィーから送信されたものではない不要なポップアップ メッセージが表示される場合があり、 これらのメッセージは、マカフィーから送信されたように装って、クリックさせようとする「なりすまし」(偽の) メッセージです。

偽のポップアップまたはアラートのオプションをクリックすると、PC のセキュリティやデータがウイルス感染する可能性があります。 そのため、ポップアップまたはアラートのメッセージを注意深く読むことで回避することができます。

ポップアップや通知が偽物であるかどうかを確認する方法

サイバー犯罪者は非常に賢くポップアップを本物に見せるため、アラートが本物であるかどうかを判断することは困難です。 しかし、偽のポップアップを特定するのに役立ついくつかの方法があります。

  • オプションをクリックする前に、ポップアップで表示される情報 を良く読んでください。 それは本物に見えますか? それとも表示されているオプションが通常とは異なって見えませんか?
    • たとえば、左のなりすましのポップアップには、ポップアップが表示された理由を説明するテキストがありません。 これを、この記事の冒頭にある本物のマカフィーのポップアップと比較してください。これには、はるかに有益で完全な説明が含まれています。
  • メッセージにスペルミス専門外の言語、または不適切な文法は含まれていませんか? 一部の詐欺師は、なりすましのポップアップを作成するときに注意を払いません。 このような場合は、ポップアップに不適切な言葉のメッセージが含まれている可能性があり、これにより偽のメッセージとして識別しやすくなります。 たとえば、左の Windows アクション センターの例では、「McAfee」の「A」が小文字の「a」になっています。
  • メッセージに質の悪いロゴや画像が含まれていませんか? 質の悪い画像は、ポップアップが偽物であることを示す良い指針です。 左の例には、適切にスケーリングされていないマカフィーの画像が含まれています。
  • メッセージに URL は含まれていますか? マカフィー以外の URL は、通知が本物ではなく、マカフィーからのものではないことを示しています
    • たとえば、左のなりすましのポップアップの URL は、マカフィーの URL ではありません。 マカフィー以外の URL は、ポップアップが偽物であることを示すもう 1 つのサインです。 また、マカフィーでは、通常は mcafee.com ドメインを使用しているため、mcafee.org などの似たようなドメインからのメッセージも偽物である可能性が高いことを考慮してください。
  • マカフィー ソフトウェアもインストールされていますか? マカフィーからのように見えるポップアップが表示されても、マカフィー ソフトウェアがインストールされていない場合は、偽物である可能性があります。

その他の、より害の少ない種類のポップアップは、次のように表示されます。

偽の McAfee対策

このような種類のメッセージは、従来の意味での「ポップアップ」ではありません。 これらのメッセージは、マカフィーに関連付けられていない Web サイトから生成される Web プッシュ通知です。

スマートフォンに表示されるアプリのプッシュ通知には慣れていることでしょう。 通常は、アプリをインストールするときにこれらの通知を「オプトイン」して、スマートフォンで最新のアプリ通知を受け取ります。

Web プッシュ通知も同様です。それらを受け取るには、まず「オプトイン」する必要があります。 通常は、ブラウザーに次のようなポップアップが表示された後、これらの通知をオプトインします。

ブラウザーで Web プッシュ通知を無効にすることができます。 手順はブラウザーによって異なるため、以下にそのいくつかを示します。

Web プッシュ通知を停止するには、Web ブラウザーに応じて以下のいずれかのオプションをクリックします。

Chromeの場合

  1. Chrome を開きます。
  2. 右上に表示される Google Chrome の設定アイコン () をクリックしてから、[設定] をクリックします。
  3. [設定] ページの下部までスクロールして、[詳細設定] をクリックします。
  4. [プライバシーとセキュリティ] で [サイトの設定] をクリックしてから、[通知] をクリックします。
  5. すべての通知をブロックするには、スライダーをクリックして [通知を送信するかどうかの確認をサイトに許可する] を無効にします。
  6. 特定の Web サイトからの通知をブロックするには、以下の手順を実行します。
    1. [ブロック] の右側に表示されている [追加] をクリックします。
    2. 先頭に [*.] を付けて、Web サイトの URLを入力します。 たとえば、[*.]mcafee.com と入力すると、mcafee.com ドメインからのすべてのプッシュ通知がブロックされます。
    3. [追加] をクリックします。 これで、この Web サイトから Chrome を通じてプッシュ通知が送信されなくなります。
  7. 不要な通知を表示する Web サイトがすでに [許可] リストに含まれている場合は、それを削除します。
    1. [許可] リストから削除したいドメインの右側に表示されている [その他の操作] アイコン () をクリックします。
    2. [削除] をクリックします。 これでこの Web サイトが [許可] リストから削除されます。

Firefoxの場合

  1. Firefox を開きます。
  2. 右上に表示されている、横棒が 3 本重なったメニュー アイコン () をクリックします。
  3. [オプション] をクリックします。
  4. [プライバシーとセキュリティ] をクリックします。
  5. 下にスクロールして、[通知] の右側に表示されている [設定] をクリックします。
  6. Web サイトが通知を送信するための新しいリクエストを停止させるには、[通知の許可の要求をブロック] チェックボックスをクリックします。
  7. 特定の Web サイトからの通知をブロックするには、以下の手順を実行します。
  8. 不要な通知を表示する Web サイトを選択し、以下のいずれかの変更を行います。
    • [ウェブサイトを削除] をクリックして、リストから Web サイトを完全に削除します。
    • Web サイトをダブルクリックし、現在の設定を [許可] から [不許可] に変更します。
  9. [変更の保存] をクリックします。 これでこの Web サイトは Firefox を通じてプッシュ通知を送信できなくなりました。

Edgeの場合

  1. New Edge を開きます。
  2. 右上に表示されている設定などのアイコン () をクリックします。
  3. [設定] をクリックします。
  4. [サイトのアクセス許可] をクリックします。
  5. 下にスクロールして [通知] をクリックします。
  6. 不要な通知を表示する Web サイトの横にある詳細アイコン () をクリックします。
  7. [ブロック] をクリックします。 Web サイトが「ブロック」リストに移動され、New Edge を介してプッシュ通知を送信できなくなります。
  8. [設定] を閉じます。

Edge レガシー版

  1. Edge を開きます。
  2. 右上に表示されている設定などのアイコン () をクリックします。
  3. [設定] をクリックします。
  4. [詳細設定] をクリックします。
  5. [Web サイトのアクセス許可] まで下にスクロールし、[管理] をクリックします。
  6. 不要な通知を表示する Web サイトをクリックします。
  7. [通知] で [オフ] をクリックします。 これでこの Web サイトから Edge を通じてプッシュ通知を送信できなくなります。
  8. [設定] を閉じます。
  • OSリカバリ12,800円
    パソコンを出荷時の状態に戻します(リカバリディスクがない場合はクリーンインストールとなります)
  • OSインストール8,000円
    Windowsのインストール(インストールのみ)

サポート 馬渕

パソコン修理、データ復旧を10年以上させていただいております。
3000件以上の訪問実績があり、様々な法人様のオフィス環境改善に努めてまいりました。お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください!

このページの先頭へ