パソコンから聞こえる異音の種類と考えられる原因について

皆さんは、パソコンを使用している時に、ふと「いつもとは違う音が聞こえる…」などと、パソコンから異音が聞こえてくることに不安を感じてしまったという経験はありませんか?

パソコンから、普段とは違う音が聞こえてくると、「何が原因なんだろう?」「このまま放置して故障したらどうしよう」と不安になってしまうものですが、こういったパソコンの異音は、いくつかのパターンが考えられ、意外に問題ないというケースも少なくありません。ただし、異音の中には「そろそろHDDが故障しそう…」と判断できるような物がありますので、異音の種類とその原因を押さえておくことで、突然の故障によって大切なデータを失ってしまう…ということを防ぐことができるようになります。

そこでこの記事では、パソコンから生じるさまざまな異音について、異音の種類と原因を簡単に解説していきます。

基本的に問題ないと判断できる異音

まずは、パソコンから聞こえてきてもそこまで心配する必要がないと考えれる異音からです。以下のような異音の場合は、そこまで不安になる必要はないでしょう。

不規則に「カリカリ」という音が聞こえる

パソコンを使用中に、かすかに「カリカリ」という音に気付いたときには、不安になるかもしれませんがそこまで心配する必要はありません。これは、HDD内のデータを検索したり、読み書きを行う際に生じるシーク音と呼ばれるもので、当たり前に生じる音と言えます。

シーク音は、HDDへのアクセスが無い状態でも、HDDを保護するための動作が自動的に行われることがあり、それによって生じることもあります。最近のパソコンは、静音性がかなり優れていますので、気付いたときには不安になってしまうものですが、正常な動きに伴って生じる音と考えてください、

ただし、「カリカリ」という音の発生頻度が異常に高い場合や、購入時と比較すると、明らかに異音が大きくなっていると感じる場合は、HDDの物理的な故障の可能性もあるので、専門業者に相談すると良いでしょう。

長年使用しているPCから聞こえる「ジジジ」という音

長年使用しているパソコンであれば、上記の「カリカリ」とは別に「ジジジ」と言った異音が聞こえてくることがあります。この「ジジジ」という音に関しても、シーク音の一種で、HDDに保存されているデータが増えていくと、こういった音が目立って聞こえてくるようになるのです。ちなみに、「ジジジ」というシーク音は、デフラグを行い、HDD内を整理すると、解消されることがあるので、試してみるのもオススメです。

「ジジジ」という異音がHDDの問題ではない場合、「コイル鳴き」と呼ばれる現象が原因の可能性もあります。コイル鳴きは、電流がコイルに流れ振動することで生じるノイズ音で、基本的にファンの回転音によりかき消されて人の耳には聞こえてきません。つまり、コイル鳴きは、今までも生じていたものの、それに気づいていなかっただけですので、必ずしもパソコンが故障しているとは言えないのです。

パソコン内部には、コイルが複数個所に使用されていますので、コイル鳴きがどこで生じているのか特定することは非常に難しいです。内部を分解して調べる必要があるので、気にならない程度の音であれば、無視しておけば良いと思います。

ディスクを入れた時に「ブーン」と聞こえる

光学ディスクにCDやDVDを読み込ませていると、多かれ少なかれ「ブーン」という異音が生じてしまうものです。これは、ディスクが回転する時に出る音で、読み取りが終了すると、止まりますので、しばらくすれば聞こえなくなると思います。

なお、ディスクが経年劣化などで歪んでしまっている場合、「ブーン」という音が大きくなってしまうのですが、これはディスクの問題ですので、PC側でどうにかすることはできないと考えてください。

上記のような種類の音は基本的にパソコンの故障ではないので、そこまで不安になる必要はありません。それでも、どうしても音が気になって不安になってしまう…という場合、専門業者に故障の有無をチェックしてもらうと良いでしょう。

問題があると判断すべき異音

続いて、その音が聞こえてきたときには「パソコンに何らかの問題が生じている…」と考えた方が良い問題がある異音についてもご紹介しておきます。

「キュルキュル」という異音

「キュルキュル」という異音は、HDDの故障サインと考えた方が良いかもしれません。このような異音が生じてしまうと、データの読み書きができない…という問題が発生してしまう他、PCそのものが起動に失敗してしまう…と言った症状が出てしまうことがあります。

このような症状までは生じていない…という場合でも、いつ上記のような問題に直面してもおかしくないと考えてください。つまり、速やかにデータのバックアップを作り、HDDの交換対応などをすべきです。

「カラカラ」という異音

パソコンは、使用中に冷却させる部品としてファンが取り付けられています。そしてファン周りのケーブル類に問題が生じた場合、「カラカラ」と言った異音が発生してしまうことがあるのです。
このような音が聞こえているのにそのまま使用すると、CPUファンにケーブルが触れてしまい断線してしまうなどのトラブルに発展してしまうことがあります。したがって、パソコンの使用中に「カラカラ」と言った異音やファンに何か接触しているような音が聞こえた場合、直ちに電源を切り、ファン周りのケーブル類を確認してみましょう。

なお、パソコンを開けて作業をしたことがないというような方は、余計に症状を悪化させてしまう恐れがあるので、専門業者に相談するのがオススメです。

「ブォー」という大きな異音

パソコンを使用していると、「ブォー」というような大きなファンの動作音が聞こえる…という場合があります。これは、直接的な故障ではないのですが、パソコン内部にホコリが溜まってしまい、ファンが効率的に冷却できないことから、通常よりも回転数を上げて動作しているということです。

パソコンパーツは、熱に弱いものが非常に多く、冷却不足が原因で故障してしまうことも多いです。したがって、このような異音が生じる前に、定期的に掃除を行うようにしましょう。

何の音も聞こえない

近年のPCは静音性に優れていますが、何の動作音も生じないというようなものはありません。それなのに、普段は聞こえているはずの動作音が何も聞こえなくなっているというのは、「静かで良い」のではなく、逆に問題と考えましょう。

このような場合は、まずファンがきちんと回っているのか確認し、HDDなどへのアクセスができるかも確認しましょう。パソコンが無音という場合、ファンも止まっていると思いますので、データなどが失われる前に専門業者に相談しましょう。

まとめ

今回は、パソコンの異音について、聞こえてきても問題はないと判断できる異音と、何らかの故障が発生していると考えられる異音の種類についてご紹介してきました。

音の問題ですので、文字で説明されてもなかなか分かりにくいと思いますが、よく聞けばなんとなく理解できると思います。なお、一般の方が音だけでパソコンの故障に気付くことはなかなか難しいのも実情ですので、ちょっとでも異変を感じた場合、専門業者に相談することや、定期的にデータのバックアップを取るという癖をつけておくと良いでしょう。
大切なデータさえ残っていれば、パソコンが故障しても最悪の状況にはなりません。

ご訪問後に作業が発生した場合の料金表

技術料

  • Windowsの修復 5,800円

パソコン修理

  • 自作PCの故障診断 5,800円

    メーカー、BTO製品以外の自作パソコンの故障個所診断

パソコン・ハードディスクのデータ復旧

  • レベル1 9,000円

    OS(Windows、Mac、Linux)が起動できている状態のパソコンからのバックアップ

メディアのデータ復旧

  • CD-ROMのデータ復旧 9,800円

デジタルカメラ等の画像データ復旧

  • 論理/物理障害 15,800円~

サーバー・RAID構成ハードディスクのデータ復旧

  • レベル1 48,000円

    ハードディスク自体には障害がなく、他のハードウェアに問題がある場合のデータ復旧

NASのデータ復旧

  • レベル1 48,000円

    ハードディスク自体には障害がなく、他のハードウェアに問題がある場合のデータ復旧

サポート 馬渕

パソコン修理、データ復旧を10年以上させていただいております。
3000件以上の訪問実績があり、様々な法人様のオフィス環境改善に努めてまいりました。お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください!

  • 法人様出張無料
  • 完全成果報酬性
  • 解決率98%以上

修理・復旧歴最低5年以上のベテランスタッフが すぐに訪問いたします