STOPコード『0x0000003F』の対処法

ブルースクリーンで『0x0000003F』というエラーメッセージが表示される場合、システムがPTE(Page Table Entry)を使い果たしてしまった、またはPTEが断片化している状態の可能性があります。多くの場合は、正しくクリーンアップできていないドライバが原因となって発生するものです。

Windows は、スタックトレースを保存するために使用できるレジストリ値が含まれていて、正しくクリーンアップしないドライバを識別することができます。したがって、レジストリエディタを使用して、以下のレジストリーキーを表示してください。

レジストリキー:『HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management』

そして次のレジストリ値を修正して、再起動を行ってください。
[レジストリ値]
値の名前 : TrackPtes
データ型 : REG_DWORD
値のデータ : 1
基数 : 16 進数

なお、ドライバの販売元などで最新のものをダウンロードし、アップデートも行いましょう。 この方法で解決しない場合は、パソコンのリカバリが必要になる場合があります。リカバリを行うと、購入した時点パソコンの状態に戻りますので、重要なデータなどが保存されている場合は注意してください。

この現象に伴う有償の可能性のある作業


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s-ier/s-ier.co.jp/public_html/wp-content/themes/m3_seo_theme/parts/price.php on line 9

サポート 馬渕

パソコン修理、データ復旧を10年以上させていただいております。
3000件以上の訪問実績があり、様々な法人様のオフィス環境改善に努めてまいりました。お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください!

このページの先頭へ