STOPコード『0x0000007B』の対処法

ブルースクリーンで『0x0000007B』というエラーメッセージが表示される場合、複数の原因が考えられ、ソフトウェア・OSやドライバーのインストールによる不具合などです。特に、デバイスドライバの問題が原因となることが多いです。起動時に必要とされるデバイスドライバが破損、もしくは正常な機能をしていないなどという原因が考えられます。

対処法としては、セーフモードで起動してみるという方法があります。セーフモードであれば正常に起動する場合、セーフモード時に読込しないデバイスドライバーが原因でしょう。この場合は、不具合の原因となっている可能性があるデバイスドライバをひとつづつチェックしていかなければいけませんので、非常に手間がかかります。データの重要度によっては、ウィンドウスの修復を行うのも一つの手です。 セーフモードでも正常に起動できない場合は、重症の可能性が高いです。この場合は、ウィンドウズの修復を行う必要があります。ウィンドウズの修復とは、ウィンドウズOSのインストールディスクを使用しておこなうOSの修復作業となります。これで修復できた場合は、各種データや多くの設定類はそのまま残ります。 最後の手段としては、パソコンを初期化するという方法になります。この場合、パソコン内のデータは全てなくなってしまいますので注意しましょう。

この現象に伴う有償の可能性のある作業


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s-ier/s-ier.co.jp/public_html/wp-content/themes/m3_seo_theme/parts/price.php on line 9

サポート 馬渕

パソコン修理、データ復旧を10年以上させていただいております。
3000件以上の訪問実績があり、様々な法人様のオフィス環境改善に努めてまいりました。お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください!

このページの先頭へ