STOPコード『0x0000007F』の対処法

ブルースクリーンで『0x0000007F』というエラーメッセージが表示される場合、CPUが無効な命令を実行しようした時など、ありえない処理が発生した際に表示される場合があります。ドライバの不具合やメモリの物理的な破損の可能性が考えられます。例えば、パソコン内の埃によって、マザーボードや基盤が故障してしまうなどです。

このエラーメッセージの場合、以下のような原因が考えられます。
1.メモリ (RAM) の破損など、低レベルのハードウェア障害
2.メモリ モジュールの不一致
3.マザーボードの動作異常
まずは、メモリに異常がないかチェックしてみましょう。また、可能であればマザーボードを交換しましょう。マザーボードは、パソコンの部品の中でも高額な部類になりますが、同規格のマザーボードの部品が入手できるようであれば交換がオススメです。

この現象に伴う有償の可能性のある作業


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s-ier/s-ier.co.jp/public_html/wp-content/themes/m3_seo_theme/parts/price.php on line 9

サポート 馬渕

パソコン修理、データ復旧を10年以上させていただいております。
3000件以上の訪問実績があり、様々な法人様のオフィス環境改善に努めてまいりました。お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください!

このページの先頭へ