「SSDにしたからもう故障しない!」は間違い!SSDの不具合やその原因をご紹介!

最近は、ディスク障害などで交換する際にHDD(ハードディスクドライブ)からSSD(半導体ドライブ)に換装する方や、SSDの新品パソコンを選択する方が増加しています。

SSDのメリットとして紹介されることは、HDDなどと比較すると読み書きの速度が早くなることで、パソコンの立ち上がりなどが早くなるということです。さらに、SSDは電気的にメモリのセルにデータを読み書きするもので、HDDのような可動部がないことから耐震衝撃にも強く故障の心配がないと考えられています。そのため、HDDからSSDに換装したお客様の中には「これでもうディスクの故障を心配しなくて良いですよね!」などと考えてしまう方がいるのです。最初に言っておきますが、この考え方は間違いですよ!

SSDがHDDと比較すると、故障しにくいのは事実なのですが、「絶対に故障しない?」かというとそうでもないのです。そこでこの記事では、SSDの故障の可能性や、不具合について簡単にご紹介しておきます。

SSDにも故障の可能性はある!

それではまず、SSDの故障に関して簡単に解説していきましょう。冒頭でご紹介したように、近年のSSD人気は、読み書きが早くなるということも大きいのですが、何よりもHDDのような可動部がないことから「故障しない」と考えられていることが大きいです。HDDやSSDというものは、データの保存領域となりますので、ここが故障するのは致命的だと誰もが考えるものです。しかし、どのような製品にも寿命があるように、これらも使用中に突然読み込まなくなる…なんてことがあるのです。

それでは、世間一般の考えの通り「SSDは本当に故障しない?」のでしょうか?この答えはNOです。確かに、HDDのような可動部が無い事から、パソコンに与える振動や衝撃などの影響はほとんど受けず、故障しにくいのは事実です。しかし「壊れることがないのか?」というとそういうわけではないのです。なお、SSDに関しても、パソコンに与えた衝撃によってコネクタが壊れてしまう…なんて場合も考えられます。

SSDの故障に関しては、基本的に「メモリのセルへの読み書きの繰り返しで故障する…」というパターンになります。SSDは、電気的にメモリのセルにデータを読み書きする(そのため早い)のですが、読み書きの動作はメモリに大きな負荷(絶縁体の劣化)をかけてしまうものですので、書き込み回数や使用時間がSSDの寿命に大きな影響を与えてしまうものなのです。HDDは、振動や衝撃など、外部的な要因で壊れる、モーターの故障で壊れるなどと言った事が多いのですが、SSDはもっと厄介で、普通に使用しているだけで、その特性上故障してしまう…ということが考えられるのです。

これからも分かるように、「HDDからSSDに換装したからもう故障の心配はない!」などと考えないようにしましょう。なお、一般的なSSDに関しては、メーカー保証が3~5年に設定されていることが多いので、その辺りが寿命と考えておくと良いかもですね。
※書き込み回数や使用時間が寿命に影響するので、ネットサーフィンで1日に数時間しか使わない…なんて方はもっと長持ちします。

SSDによくある不具合とは?

SSDに関する不具合としては、パソコンを使用したくても「SSDが認識されなくなってしまう…」というものです。非常に困ってしまう状況ですが、適切な対処を行うためには、どういった原因でこういった症状に陥るのかを知っておかなければいけません。そこでここでは、SSDが認識されなくなってしまう原因や症状をご紹介しておきます。

なお、この問題に関しては、外付けSSDが反応しないケース、PCに内蔵されているSSDが突然認識されなくなる…両方が考えられます。こういった場合には、以下のような症状が出ます。

  • 電源を入れてもSSDが動かない
  • PCにつないでもSSDを認識しない
  • 保存しているフォルダやファイルを開けない
  • 電源を入れると「フォーマットしてください」「アクセスできません」などのエラー告知が出る

それでは以下で、上記のような不具合が生じてしまう代表的な原因をご紹介しておきます。

①物理的な障害

SSDは可動部がないことから、物理的な故障はない…と考えている方もいます。しかしそのようなことはなく、衝撃や劣化などが原因となり、SSD本体やパソコンとつなぐケーブルなどが物理的に破損してしまう…などということはあるのです。物理的な障害は、SSD自体が機械的に機能しなくなる傷害で、以下のような故障を指しています。

  • 本体やSSD内部部品の破損や劣化
  • SSDのコネクタ部分などの破損
  • SSDとPCをつなぐケーブルの破損

②論理的な障害

論理障害は、SSDのデータ保存領域・種類・編集情報などを管理する部分に何らかのトラブルが生じている状態を指します。上述したような、機械的に破損しているわけではないのですが、システム部に不具合が生じてしまうことで、正常に認識できなくなるわけです。このような症状は、以下のような事が原因です。

  • データを構成するファイルシステムに異常が…
  • 人為的ミスによる削除や初期化
  • ウイルス感染によるデータ傷害

③書き込み上限に達している

上述したように、SSDにはデータの書き込み回数に上限が存在します。一般的に、データの書き込み・消去などを数千~1万回程度行うことで寿命を迎えてしまうと言われています。

SSDが認識しない時の対処法について

それでは、上述した原因を理解したうえで、SSDが認識されない…なんて場合の対処法をご紹介していきましょう。

電源を入れたのにSSDが動かない時の対処

この場合、ケーブルの破損などが考えられますので、電源用、データ用ともに一度ケーブルを外して再接続してみてください。再接続したとしても認識されない場合は、ケーブル自体を交換してみましょう。

PCにつないだのにSSDが認識されない場合

この場合は、2つの対処法が考えられます。

  • BIOSを確認
    まずは、BIOSを確認してみましょう。「無効」になっている場合には「有効」に変えることで認識されるはずです。
  • SSD側を診断し、問題があれば修復
    SSDに何か問題が出ていないかを診断するには、「SMART」や「Checkdisk」などの診断ツールを利用しましょう。診断ツールを利用すれば、問題を修復することができる場合があります。問題の修復が不可能な場合は、SSDの交換が必要になると思います。

論理障害の場合

フォルダやファイルが開けない、「フォーマットしてください」「アクセスできません」などのエラーが出る時の対処も重要です。なお、「フォーマットしてください」などのエラーが出たとしても、絶対にフォーマットはしないようにしてください。フォーマットしてしまうと、保存しているデータがなくなってしまいます。

こういった論理傷害の場合は、デバイスドライバの再インストールや復元ソフトを使用して新たなドライブ名を割り当てるなどと言った対処が考えられます。しかし、修復ソフトなどを使用した場合、うまく修復できずデータが上書きされてしまい症状が悪化してしまう…などと言った事も考えられます。このような状態になってしまうと、データ復旧業者に相談したとしても、データ復旧が難しい…なんてことになりかねません。絶対に失いたくないデータがある場合は、自分で対処しようとせずに、最初から専門業者に相談するのがオススメです。

まとめ

今回は、近年HDDに代わって人気になっているSSDの不具合についてご紹介してきました。この記事でもご紹介したように、SSDは読み書きが早いだけでなく、可動部がないことからHDDのような故障の心配がないと考えられて人気になっているようです。しかし、SSDに関しても、寿命というものは存在しますし、使っているうちにさまざまな不具合が生じてしまう…なんてことはあると考えておきましょう。

特に、可動部がない機器ですので、一般の方では何が原因で故障しているのか、どこが悪いのかといった判断が非常につきにくいという特徴もあります。そのため、自分で対処しようとして、間違った対応になり、症状を悪化させてしまう…なんてことも珍しくありません。
SSDに何らかの不具合が生じた場合、自分でどうにかしようと考えるのではなく、データ復旧を専門とする業者に相談するのがオススメですよ!

サポート 馬渕

パソコン修理、データ復旧を10年以上させていただいております。
3000件以上の訪問実績があり、様々な法人様のオフィス環境改善に努めてまいりました。お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください!

法人様は出張量無料です

06-6369-1521営業時間 9:00〜17:00

〒 564-0051 吹田市豊津町53-3 セレステ江坂2F

このページの先頭へ