ウイルス対策は必要なの?何の対策もしなかった場合に考えられるリスクについて

会社で使用するパソコンについて、皆さんはどのようなウイルス対策をしているでしょうか?大手企業であれば、専用の人員を配置して一括管理しているなんて場合もありますが、中小企業の場合は、従業員ごとのパソコンはそれぞれの従業員に管理を任せているなんて場合もあり、ウイルス対策に関してはまちまちな対応になっている場合も多いです。

特に、Windows10パソコンの場合、「Windows Defenderの機能」があることから、別途ウイルス対策なんて必要ないという情報がネット上に多く掲載されていることもあり、それを鵜呑みにして何の対策もせず好き勝手にネットサーフィンを楽しんでしまう…という方も多いようです。
最初に言っておきますが、Windows10は何もしなくても、必要最低限のセキュリティが確保されているというのは間違いない事実なのですが、実は「セキュリティ対策の性能はユーザーの設定次第になってしまう」という特徴があるのです。Windows Defenderは、さまざまな悪意のある攻撃を防いだというテスト結果はあるものの、正しく設定していなければ、ウイルス対策専用ソフトほどの性能を発揮することができません。要は、Windows Defenderの設定を全ての従業員が理解していない限り、企業のウイルス対策としては不十分だということです。

そこでこの記事では、ウイルス対策に穴があり、感染してしまった場合に考えられるリスクや、行っておきたい対策をご紹介していきます。

ウイルス対策が不十分な場合のリスク

それでは、パソコンのウイルス対策が不十分だった場合に考えられるリスクをご紹介していきましょう。冒頭でご紹介したように、Windows10は、そのままでも高いセキュリティ性能があると考えて、わざわざ別の対策ソフトなんていらないと考えてしまう方が多くなっています。他にも、「自分は危険なwebサイトなんて見ない…」などと考えて、セキュリティソフトなどは入れていないという方も多いようですね。

上述しているように、windows10に関しても、正しく設定されていなければ、予想以上に穴だらけで、普通にウイルスに感染してしまう危険があります。さらに、悪意のあるユーザーの手口は年々巧妙化しているため、「危険なwebサイトを閲覧するかどうか?」などあまり関係ない時代になっているということも忘れてはいけません。
ここでは、ウイルス対策が不十分で、ウイルスに感染してしまった場合のリスクについてご紹介しておきます。

マルウェアに感染してPCが起動しない、重くなる

マルウェアと呼ばれるウイルスに感染してしまうと、ある日突然「パソコンの電源が付かない…」「パソコンが重くてまとも使えない…」なんてことになったりします。こういったウイルスは、パソコンの利用者に気付かれないよう、裏でこっそり活動していることがほとんどで、感染したことに気付かず、突然前述のような症状が現れてしまうのです。
ウイルスの種類によっては、パソコン内にあるファイルを破壊していくようなものがあり、起動に必要なファイルが破壊されたときに、「突然パソコンが…」となるわけです。正直な話、このような状態まで気づかないと、復旧することはかなり難しいです。たとえパソコンが起動しても、ウイルスの活動に処理能力が奪われてしまい、削除のための動作が行えない…なんてことも多いです。

ランサムウェアの感染は『データ』が人質

一時期『ランサムウェア』と呼ばれるウイルスが非常に話題になりましたね。このタイプのウイルスは、パソコンのファイルを暗号化して使用不能にするだけでなく、ファイルを元の状態に戻すことと引き換えに、金銭を要求するという非常に恐ろしいものです。
重要データが保存されているパソコンであれば、身代金を指示通りに支払うなどという方もいて、実際にお金を支払って元に戻ったというような情報も存在します。しかし、多くの場合、お金を支払ってもそのまま放置されてしまい、データは返ってこない…なんてことになっていますので、ランサムウェアに感染しても、決して支払わないようにしましょう。

パソコンが乗っ取られる

このタイプは、ハッキングと呼ばれるものに近いですね。ウイルスに感染してしまうことによって、パソコンに保存されているアドレス帳のメールアドレス宛に、勝手にメール送信がされたりします。そして、あなたから送信されるメールには、ウイルスが含まれている…なんて場合が多く、次々とウイルスの被害を拡大していってしまうのです。

他には、パソコンが乗っ取られて、「DDoS攻撃」と呼ばれるサイバー攻撃の加害者に仕立て上げられてしまったり、掲示板やSNSなどに勝手に書き込みされたりすることも多いですね。このタイプは、知らないうちにあなたのパソコンが、何らかの加害者になってしまう…という恐ろしいものです。

個人情報の流出

このタイプが一番恐れられているかもしれませんね。ウイルスに感染してしまった事によって、キーボードの操作履歴が読み取られて、カード情報などが流出して不正利用される…と言った事件は非常に多いですよね。
その他にも、氏名や住所などの個人情報が抜き取られてしまい、悪用されてしまう…なんてことも多いです。

どんなセキュリティ対策を行っておけば良いのか?

今の時代、普通に仕事でパソコンを使っているだけでも、いつの間にかウイルスに感染してしまっていた…なんてことは珍しくありません。したがって、上述したようなリスクを回避するためには、しっかりと自分のパソコンに対策を施しておく必要があるのです。

Windows10は、Windows Defenderと呼ばれるセキュリティ機能があるのですが、これを正しく使えなければ、ネットで言われているような「Windows10はウイルスソフトはいらない」とはならないわけです。ここでは、いくつかのセキュリティ対策をご紹介しておきますので、参考にしてみてください。

セキュリティソフトを入れる

まず、最もわかりやすい対策がこれですね。インターネットやパソコンショップでセキュリティソフトも販売されているので、こういったものを購入し、パソコンに導入しておくだけでかなり違います。ちなみに、パソコンにセキュリティソフトを入れたら、リアルタイム監視機能を有効にして定期的にアップデートなどはしておいてください。

上述しているように、Windows10パソコンの場合、「Windows Defender」というセキュリティソフトが入っています。しかし、無料のソフトですので、有料のものと比較すれば、やはり機能面は少し劣ってしまうという問題があります。また、「Windows Defender」が入っているということだけで安心してしまう方がいるのですが、きちんと設定しないと意味がないですよ。

OSやアプリは最新状態に保つ

Windows10の場合、自動的にアップデートされるようになっていますので、特に気にしなくても良いような気がしますが、中には、自動アップデートを止めているような方もいます。OSのアップデートは、機能面の問題解消だけのために行われるのではなく、セキュリティ面に関しても最新状態にするという目的が存在します。
古いバージョンのまま使うということは、必要なセキュリティ対策が行われず、危険な状態で使い続けるという意味ですので、注意してください。

Windows Defenderを機能させる

有料のセキュリティソフトは使いたくない…という場合、最低限「Windows Defender」の機能はしっかりとONにしておいてください。現在お使いのパソコンについて、機能がONになっているかを調べるには以下の手順で確認してください。

  1. ①左下のロゴをクリック
  2. ②歯車アイコンをクリックして設定画面を開く
  3. ③「更新とセキュリティ」をクリックする
  4. ④「Windows セキュリティ」をクリックする
  5. ⑤「ウイルスと脅威の防止」が「処置は不要です。」と表示されていることを確認する

通常、手動でOFFにしていなければ、ONになっていると思うのですが、別のセキュリティソフトを導入したことでOFFになったなんてこともありますので、この部分は確認しておくことがオススメです。

まとめ

今回は、パソコンのウイルス対策の基礎知識についてご紹介してきました。個人で使用するパソコンであれば、「Windows Defender」の機能でも構わないかもしれませんが、正直な話、企業のPCとなると、情報流出などがおきてしまった…なんてことを考える場合、少し心もとないのではないかと考えられます。もちろん、「Windows Defender」は、しっかりと設定しておけば、それなりの効果を発揮するソフトだと言われていますし、「何の役にも立たない…」なんてことはないでしょう。

しかし、従業員の中には、こういったセキュリティ面に疎く、「Windows Defender」を正しく設定しない状態で利用しているなんてことも珍しくありません。パソコンのセキュリティ対策に関しては、従業員任せにするのではなく、企業側が主導して導入するソフトを決めたり、購入したりすべきだと考えておきましょう。もちろん、専門的な知識が必要な部分でもありますので、パソコンのメンテナンスなどと合わせて、外部業者にアドバイスしてもらうのもオススメですよ。