パソコン修理

パソコンを修理に出す前に確認!保存データが消えてしまっては困る場合、修理に出さない方が良いかも

近年では、修理業者にパソコンを郵送すれば、修理して手元に返してくれるといったサービスが登場していることもあり、突然の故障でもそこまで困ってしまう…なんてことは少なくなっています。

しかし、パソコンを修理に出す際に注意しておきたいのは、単純なパソコン修理業者に依頼した場合、「データが消えてしまう可能性が高い!」ということです。一般的にですが、パソコンの修理というものは、細かな故障原因を追究して直すというものではなく、故障しているだろうなと考えられる部分を部品ごと交換してしまう…という対応になります。これは、パソコンの専門家であっても、詳細な故障原因を完全に判明させる事が難しいからで、できるだけ早急に使える状態に戻すことを考えれば、悪い部分を丸ごと変えてしまった方が良いと判断するからなのです。

こういった修理方法になっていることから「パソコンを修理に出すとデータが消える…」という話になるのですが、実は、修理内容によってはデータに全く影響が出ない場合も考えられます。そこでこの記事では、仕事用に使用しているパソコンなどに関して、修理が必要になった場合、そのまま修理業者に依頼しても良い故障原因と、そうではない故障をご紹介します。

パソコンの故障個所とデータへの影響について

それではまず、パソコンの故障の中でも、データへの影響があるケースと、影響がないケースをそれぞれご紹介していきましょう。パソコンは、持ち運んでいる際に誤って落とした…なんて明確な理由がない場合でも、経年劣化で突然不調になってしまう…なんてことが考えられます。

データへの影響はないと考えられる故障

まずは、データへの影響が基本的にないと考えられ、普通に修理に出せばよい故障事例をいくつかご紹介しておきます。

  • 液晶画面の破損
    まずは、液晶画面に亀裂が入ってしまった…なんて場合です。このパターンは、パソコンを落としてしまうなど、強い衝撃を与えてしまった事で、液晶画面にひびが入ったり、ディスプレイ画面に線が入り正常に映らなくなるなんて症状です。液晶画面だけの問題であれば、データは消える心配がないので、修理業者で対応できるでしょう。ただし、強い衝撃で記憶媒体に不具合が生じている可能性もあります。
  • DVDドライブやCDドライブの故障
    DVDドライブやCDドライブなどの光学ドライブが何らかの原因で動作不良を起こし、通常通りに読み込めなくなる…なんて故障です。落下などの衝撃や経年劣化などが考えられます。基本的に、光学ドライブの故障は、データ保存に何の影響もないので、修理に出してもデータが消えるなんてことはないと思います。
  • 電源ユニットの故障
    電源ユニットの故障も保存データに影響を与えることはありません。この部分が故障すると、パソコンの電源が入らない…パソコンがフリーズしてしまう…などという症状が出ます。
  • マザーボードの故障
    マザーボードは、パソコンの根幹部分と考えている方が多く、この部分の修理はデータに影響すると考えてしまいますよね。しかし、基本的に、マザーボードの修理は、データに影響を与えることはありません。なお、マザーボードの故障を素人の方が見極めるのは非常に難しいので、修理業者に出して判断してもらうことになると思います。

データへの影響が出てしまうケース

それでは次に、パソコンのデータに影響し、消失する可能性がある故障ケースをご紹介していきます。以下でご紹介するようなケースは、データが破損したり消失する可能性があり、復旧が非常に困難になることがあります。したがって、単純なパソコン修理業者に依頼するのではなく、弊社のような修理及びデータ復旧両方を専門としている業者に依頼するのがオススメです。

  • OS自体の問題
    WindowsやMacなどのOSに不具合が生じている場合、OSの再インストールが必要になることから、パソコンが初期化されてしまいます。パソコンの初期化は、その言葉通り、工場出荷時点の状態に戻すということで、パソコン内部に保存していたデータは消えてしまうと考えなければいけません。データが重要であれば、「修理業者に修理を依頼する」といった対処はNGです。
  • HDDやSSDなどの記憶媒体の不具合
    ハードディスク(HDD)やソリットステートドライブ(SSD)などの記憶媒体が不具合の原因という場合、修理に出すと記憶媒体ごと交換となります。つまり、今まで保存していたデータが入ったHDDやSSDは取り外され、新品の記憶媒体に交換されて動作するようになるという対応です。この対処を聞けば、「データはなくなる」と理解できますよね。
  • インストールしているソフトの不具合
    パソコンにインストールしているソフトウェアと本体の互換性が合わなくなり、動作不良を起こしている…というケースもあります。この場合、保存データに影響を及ぼすこともあります。
  • データ自体の不具合
    プログラムの不具合やウィルス感染、保存中に電源が落ちてしまうなどと言った事により、データそのものに不具合が生じてしまうということも考えられます。パソコン修理に出した場合、問題のあるデータを削除するという対応になりますので、データは失われると考えた方が良いでしょう。データ自体の問題は、パソコン修理の範疇ではなく、データ復旧の範囲です。

パソコンを修理に出す際の注意点

パソコンの何らかの不具合など、故障を疑うような症状が出た場合、専門業者に修理を依頼するのが一般的ですね。最近では、修理業者が指定する場所まで郵送すれば、見積りを返してくれて、そのまま修理してもらうことができるなど、非常に便利な時代になっています。

ただし、パソコンの修理というものは「パソコンの正常な動作を取り戻す」ということが目的というのを忘れてはいけません。パソコンの修理業界に、「パソコン修理業者」と「データ復旧業者」など、種類があるということは、それぞれの業者の目的は全く異なるからなのです。要は、パソコンの修理業者は、もともとパソコンに保存されていたデータなどの補償は一切することはなく、「修理に出した=データは不要」という判断になってしまうのです。実際に、パソコン修理業者の規約などを確認すれば、データの消失などは一切責任を負わない…となっていると思います。

パソコンを修理する際には、その内容によってはまず初めに初期化からスタートするなんてこともあり、その場合、もともとパソコン内に合ったデータは全て失われてしまいます。上述した、基本的にデータに影響を与えない故障個所だとしても、修理業者によって修理の方法や手順が異なりますので、絶対に消えないとは言えないのが実情なのです。そのため、どのような内容の修理でも、可能であればデータのバックアップを取ってから依頼するようにししょう。

なお、データ復旧業者に関しては、上述の修理業者とは異なり、「データを取り戻す」ということが主目的です。要は、データが取り戻せたらその後のパソコン利用など基本考えていないという対応になる場合もあります。弊社のように、修理もデータ復旧も同時に行っているような業者の場合は、復旧後にパソコンはそのまま使いたいという相談をしていただければ、可能な限りそれにこたえられる対応を探しますが、データ復旧専門となると、パソコンを分解してデータを取り出すなんてことをするため、復旧後のパソコンは破棄されるなんてことも多いです。

サポート 馬渕

パソコン修理、データ復旧を10年以上させていただいております。
3000件以上の訪問実績があり、様々な法人様のオフィス環境改善に努めてまいりました。お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください!