最近パソコンの宅配修理が増えているけど、梱包をミスると『宅配』がとどめになるかも!

皆さんは、パソコンの修理が必要になった場合、どうやって修理すれば良いと思いますか?ノートパソコンなどであれば、近所のパソコン修理業者まで持ち込むことで、診断と修理をしてもらうことが可能なのですが、住んでいる場所によっては、パソコンの修理を受け付けてくれる店舗がない…という場合もありますよね。

こういった方に非常にありがたいサービスになっているのが、宅配修理サービスで、故障が疑われるパソコンを宅配便で送ることで、症状を確認し、見積りを出してくれるというサービスが登場しているのです。見積り内容に納得できるのであれば、そのまま修理を依頼すれば良いですし、修理をしない場合には、業者から送り返してもらうことが出来ますので、近くに修理業者が無い人でもお手軽にパソコンの修理が可能です。

しかし注意が必要なのは、パソコンは振動などに非常に弱いという特徴があるため、業者に宅配するための梱包を失敗してしまうと、配送が原因で修理などとてもできない状態まで故障してしまうことがあるのです。こういった事が無いように、ヤマト運輸ではパソコン専用の宅配サービスを作っているのですが、注文が殺到していることから、業者の手元に届くまでにかなりの時間がかかってしまうことになり、「とても待っていられない…」と考えてしまう方もいます。このサービスでは、専用の段ボールを用意してくれるので非常に安全に送れますが、このサービスを利用しない場合、どうすれば良いのでしょうか?

そこでこの記事では、最近利用者が増えている、宅配修理を利用する時のパソコンの梱包方法をご紹介します。

パソコンの正しい梱包方法

パソコンの宅配修理は、業者が指定する場所にパソコンを郵送し、見積りしてもらったうえで修理してもらうかどうかを決定するサービスとなっています。このサービスに関しては、「高額な見積もりにならないかな?」という点を心配する方が多いのですが、正直な話、それ以前に「パソコンの症状が悪化せずに現地に届くのか?」を心配した方が良いと思いますよ。

もちろん、ヤマト運輸の『パソコン宅急便』などの専用サービスを利用すれば、何の問題もなく送り付けることができるのですが、中には自分で梱包して宅急便に出すという方もいます。そして、適切な梱包ができていなかったから、業者の手元に届いたときには余計に故障が悪化している…なんてことが意外に多いと言われているのです。

そこでここでは、パソコンの宅配修理を利用する場合に、安全にパソコンを送るための梱包手順をご紹介します。

パソコンを梱包する準備

まずは、パソコンを梱包するために用意しなければならないものをご紹介します。パソコンを梱包する時に、購入した時の段ボールと緩衝材が残っていれば、それをそのまま活用するのがオススメです。専用の段ボールなどは、配送中に機械が動いたりして故障しないように考えられているので、安全に配送することが可能です。

しかし、多くの方は、将来的に「宅配修理に出すかも…」なんてことを考えていませんし、購入時の段ボールなどは何も考えずに捨ててしまっていると思います。したがって、まずは、以下のアイテムを用意しましょう。

  • ・平型の段ボール
  • ・緩衝材(プチプチ)
  • ・新聞紙

それでは、これらを使って安全にパソコンを送るための梱包方法をご紹介します。

①段ボールを作る

修理を考えているパソコンが入る大きさの段ボールを用意してください。段ボールは、コーナンなどのホームセンターで購入できますし、近所のスーパーに行けばタダで貰うこともできます。ただし、無駄に大きい段ボールになると、パソコンなどの精密機器の梱包には適さないので、ちょうど良い大きさのものをホームセンターで購入するのがオススメです。

段ボールは、底が浅い平型の段ボールがオススメです。

②段ボールの底に新聞紙を丸めて敷き詰める

まずは、用意した新聞紙を軽く丸めて、段ボールの底に敷き詰めていきましょう。
パソコンそのものにも緩衝材を使用しますが、段ボールの中でパソコンが動かないようにするため、無駄なスペースが生じないようにするのが目的です。新聞紙は、緩衝材の役割がありますので、あまりカチカチになるぐらいまで丸めてはいけません。あくまでも軽く丸めて、スペースができなくなるように敷き詰める感じにしてください。

③パソコンにプチプチを巻き、段ボールに入れる

パソコンにプチプチをまきつけてください。多少の衝撃にも耐えられるよう、何重にもプチプチを巻いて、②で設置した新聞紙の緩衝材の上においてください。

なお、緩衝材を巻く前に、ビニールなどにパソコンを入れてくのがオススメです。そうすれば、万一雨の日の配送などとなっても、パソコン本体が水に濡れる心配がありません。

④パソコンの上にも新聞紙の緩衝材を入れる

パソコンの上にも、新聞紙を丸めた緩衝材を敷き詰めていきましょう。この緩衝材は、配送員の方が、段ボールを運んでいる時に、箱の中でパソコンが動かないようにするのが目的です。

したがって、しっかりと緩衝材を敷き詰めた後、一度蓋を閉めて左右に傾けるなどして、パソコンが動かないか確認しておきましょう。動くようであれば、緩衝材を追加してください。パソコンにプチプチを巻いていたとしても、箱の中でガタガタ動いてしまうと、衝撃で故障が悪化してしまう恐れがあります。

⑤蓋を閉めてガムテープで止める

最後は、蓋をしっかりと閉めてガムテープで止めておきましょう。なお、最後に、中のパソコンが動かないか念のために確認しておきましょう。「ちょっとぐらい大丈夫かな」という考えがパソコンの致命的な故障に繋がるので、注意深く確認してください。

まとめ

今回は、パソコンの宅配修理を依頼する際に注意しておきたい、梱包方法をご紹介してきました。宅配修理に関しては、業者の手元に届くまではパソコンの所有者が責任をもって準備しなければいけません。しかし、意外に勘違いしている方が多いポイントとして「パソコンは頑丈」だというものがあるのです。この認識を持っている方の中には、テキトーに緩衝材を巻いて、段ボールの中で動く状態で発送してしまうような方もいて、修理業者の手元に届いたときには、とても修理などできない…なんて状態になっているわけです。

パソコンというものは、ちょっとした衝撃によってデータが飛んでしまうこともあるような精密機械です。したがって、宅配修理などに出すのであれば、配送中に症状が悪化するようなことが絶対にないよう、慎重に梱包しなければならないわけです。

なお、エスアイヤーでは、近畿圏内の法人様であればパソコンやデータトラブルに関して無料出張見積りに対応しています。使用中の電子機器に何らかの問題が生じた場合、お気軽に弊社までお問い合わせください。