高寿命が魅力と言われるSSDが故障してしまう原因とは?

一昔前までは、処理速度が非常に速いというメリットがあるものの「高額で手が出ない…」と言ったイメージのある『SSD(ソリッドステートドライブ)』ですが、近年では、その価格も落ち着いてきており、パソコンの記憶媒体としてかなり普及したと言って良い状況になっています。

現在では、HDDとSSDを併用すると言ったこともなく、SSDのみを搭載したパソコンも珍しくなく、その処理速度の速さから「HDDには戻れない」と感じてしまっている方も多いことでしょう。さらにSSDは、HDDと比較しても、高寿命だという点がメリットとされているのですが、当然、SSDにも耐用年数はありますので、使用中に故障してデータが取り出せなくなってしまう…という事態は想定しておかなければいけません。

そこでこの記事では、高速・高寿命が魅力と言われているSSDについて、何が原因で故障してしまうのかを簡単にご紹介していきます。

『SSD』の特徴について

それではまず、『SSD(ソリッドステートドライブ)』がどのような機器なのかを簡単にご紹介しておきましょう。SSDは、HDDと同じような使用用途を持つもので、パソコンなどの電子機器の記憶媒体として利用される機械となります。
一昔前までは、パソコンの記憶媒体と言えば「HDD(ハードディスクドライブ)」を使用するのが一般的でした。それが近年では、SSDに徐々に取って代わりつつあると言われるようになっています。これは、SSDは登場したころから、高速・高寿命というメリットが認められていたものの、記憶容量や価格面が非常に大きな難点となってしまい、パソコン用の記憶媒体としては使いにくかったという事実があるからです。
それが、記憶容量や価格面の難点が徐々に解消されてきており、現在では次世代の記憶装置として台頭しつつあります。以下で、HDDと比較した場合のSSDのメリット・デメリットをご紹介しておきます。

『SSD』のメリット・デメリット

SSDは、半導体素子を使ってデータの読み書きを行う記録媒体となります。一般の方からすれば、HDDの方がまだまだ有名ですが、以下のようなメリットとデメリットが存在します。

■メリット

  • ・書込みや読み込み速度がHDDよりも高速で、音もない
  • ・回転部分や稼働部分が存在しないため摩耗することがなく、寿命が長い
  • ・構造的な弱点部分がないため物理的な衝撃にも強い
  • ・同容量のHDDより小型で軽量
  • ・電力の消費量もHDDより少ないので、バッテリー持ちが良くなる

■デメリット

  • ・記憶容量あたりの価格がHDDに比べると高め
  • ・熱や電気的な劣化に弱いため、使用する環境次第ではHDDより寿命が短い
  • ・故障した際にデータの復旧が困難
  • ・SSD全体としての書き換え回数に制限がある

『SSD』の故障原因

上記のように、SSDはHDDに比べると寿命が長いという点がメリットとみなされています。この寿命が長いというのは、物理的に稼働する部分が無いことから、HDDなどと比較すると、故障の確率が格段に低くなるからです。

しかし注意しておいてほしいのは、SSDは可動部が無いから「一生壊れない!」という考えは大間違いだということです。どのような製品にも寿命があるように、SSDも使用しているうちに劣化して故障してしまうことはあるのです。ここでは、SSDが故障してしまう代表的な原因をいくつかご紹介しておきます。

①データの書き込み回数が多い

近年販売されているSSDは、1つのメモリセルに対して3ビットの情報を書き込める「TLC」と呼ばれる書き込み方式が採用されています。そしてこのタイプは、1つのセルに約1,000回の書き込みが行える仕様となっているのですが、書き込み回数が多くなると、機器の劣化スピードが速くなってしまうのです。

したがって、常にSSDを使用しているといった状態は、機器の寿命を縮めているのと一緒で、ある日突然故障してしまう…と言ったことになります。一般的には、約5年がSSDの平均寿命と言われています、書き込み回数が多い使い方の場合、寿命が短くなってしまいます。

②空き容量が少ない状態で書き込みを行う

データを保存する場合、容量に空きのあるセルに書き込む仕組みとなっていて、使用していない時に機器内部で自動的にデータの整理整頓が行われます。しかし、セルに空き容量が少ない状態になると、使用中にこのような動作が必要になることから、パソコンの動作や速度に影響が出てしまうのです。

さらに、通常よりも大きな負担をかける作業になるので、機器の寿命を縮めてしまうことになり、上述した平均寿命よりも早く故障してしまうことが多くなります。SSDの空き容量は日頃からチェックしておきましょう。

③SSDの使用時間が長い

SSDを使用する時間が長くなると、機器内部で使用される絶縁体の劣化速度を速めてしまうと言われています。そして、絶縁体が劣化してしまうと、本来は通さないような部分まで電気が通ってしまうことになり、データを保存するセルが故障してしまう訳です。

外付けタイプのSSDなどを使用する場合でも、電源を入れたままにしている方が多いのですが、このような使い方をしてしまうと、常に電気が通っている状態になり、故障の原因になります。外付けは必要な時だけ電源を入れるようにした方が寿命を長くできると考えましょう。

④衝撃を与えてしまう

SSDは、HDDと異なり物理的に稼働するような部品がありません。そのため、耐衝撃性に関しては、HDDよりも強いというメリットを持つのです。しかし、あくまでもHDDよりも衝撃に強いというだけで、どのような衝撃を与えても故障しないというような機器ではありません。SSDは、精密機械ですので、物理的な衝撃が加わることで、突然故障してしまうということも考えられます。

したがって、ノートパソコンや外付けタイプを使用する場合、持ち運びの際にぶつけないように注意しましょう。

まとめ

今回は、パソコンの記憶媒体として、HDDに取って代わる存在となってきたSSDについて、その特徴と故障してしまう原因について解説してきました。

この記事でご紹介したように、SSDは容量に対する価格もかなり下がってきたことから、高速で壊れにくいというメリットから、パソコンに採用されることが多くなっています。SSDの登場により、コンパクトなデスクトップパソコンなどが販売されるようになっており、記憶媒体としても非常に身近な存在になってきています。

このSSDに関しては、読み書きの速度がHDDよりも圧倒的に早い事や、物理的に稼働する部分が無いことから、故障の可能性が少ない点が大きな特徴とされています。ただし、SSDのこのような特徴から「SSDは故障しない!」と少し拡大解釈してしまうような人も登場していますので、その辺は注意しておきましょう。上述したように、SSDに関しても、さまざまな故障を引き起こす原因がありますので、その点を押さえて利用するようにしましょう。