パソコンって何年使える?おさえておきたいパソコンの買い替え時期について

現在では、仕事はもちろん、プライベートでもパソコンが欠かすことができなくなっています。もちろん、デスクトップ、ノート、タブレットなど、さまざまな電子機器が登場している現在では、その性能や使い勝手によって場面ごとに使い分けているという方も多い事でしょう。

企業などであれば、社員それぞれにパソコンを用意して、パソコン上でさまざまなデータのやり取りをするというような状況が現代社会では当たり前のように行われています。しかし、日常的に使用しているパソコンにも、当然『寿命』というものがあり、いつまでも快適に使い続けることなどできないのです。
さらに、こういった電子機器は、突然故障してしまい動かなくなってしまう…なんてケースが非常に多く、重要なデータにアクセスできなくなって仕事に支障が出てしまう…なんて困った状況に陥ることが非常に多いのです。

このような状況に陥らないためには、日々のメンテナンスが重要と言われていますが、そもそもパソコンの寿命目安やどのような状態になったら買い替えを検討すべきかを知っておく必要があります。この記事では、一般的なパソコンの寿命や買い替えを検討すべき状況をご紹介していきます。

一般的なパソコンの寿命について

それではまず、一般的なパソコンの寿命についてご紹介していきます。基本的に、皆さんが普段使用しているパソコンに関しては、約5年が寿命だと言われています。ただし、「5年使用すれば必ず故障する!」というわけではなく、さまざまな要因が積み重なって、平均的に5年程度でトラブルが発生する可能性が高くなるという意味です。

実際に、10年以上同じパソコンを使用した経験があるという方も珍しくなく、逆に4年以下で故障してしまい買い換えた…という方も多いです。なお、こういったパソコンの寿命目安に関しては、OS(オペレーションシステム)のサポート終了とパソコン自体の故障といった感じに2つの要因に大別することができます。

OSのサポート終了について

『OS』とは、パソコンを動かすために必要な基本的なソフトで、会社などで使用するパソコンの場合、購入時から組み込まれているのが一般的です。代表的なもので言えば、マイクロソフト社の「Windows」とアップル社の「Mac OS」となります。

皆さんがご存知のように、こういったOSにはバージョンというものがあります。Windowsで言えば、「Windows7」や「Windows10」となるのですが、通常こういったOSはそれぞれの不具合やセキュリティ面の更新を定期的に行ってくれています。しかし、販売から一定の期間が経てば、こういったメーカーによるサポートが終了してしまうことになるのです。
直近で言えば、Windows7のサポートが昨年の1月14日に終了したのは皆さんも記憶に新しい事でしょう。なお、Windows10に関しては、2025年10月14日にサポート終了予定となっており、基本的に販売から10年程度でサポートが終了してしまうことになります。

なお、こういったOSのサポート期間というものは、それぞれの方がパソコンを購入した日からと言うわけではなく、あくまでも「OSの発売日」から約10年となります。つまり、OSの発売から6年後にパ購入したパソコンであれば、4年間しかサポート期間が無いわけです。OSのサポートが終了してしまうと、セキュリティの不具合などがあっても修正されることがなくなりますので、ハッキングを受けやすくなったり、ウイルスに感染してしまう危険が高くなるなど、パソコンの使用に危険を伴ってしまうことになるわけです。
したがって、OSのサポートが終了したパソコンは、「使い続けるのが望ましくない!」と考えられ、買い替えが推奨されています。

パソコン自体の故障について

次にパソコンの寿命に関わるのが、パソコン自体の故障です。このパソコン自体の故障に関しては、落下させて物理的に破損させるといった場合以外は、「ストレージ」といわれるデータを記憶する部分に起こる故障がほとんどです。

パソコンの心臓部分となるCPUやメモリなどに関しては、通常利用している限り故障することはあまりなく、ハードディスクと呼ばれる部品の故障が多い傾向にあります。これは、ハードディスクは、物理的に回転する部品ですので、それだけ故障がしやすいという説があります。
ハードディスクは、パソコンのデータを記憶する部分となりますので、これに不具合が生じれば、当然故障した状態になってしまいます。つまり、「ハードディスクの寿命=パソコンの寿命」と言い換えることもできるのです。ハードディスクの寿命に関しては、機種によって異なるのですが、1万時間とも2万時間とも言われています。つまり、1日に何時間パソコンを使用するのかによって全体の寿命が変わってくるわけです。

例えば、ハードディスクの寿命を1万時間と仮定した場合、1日に5時間使用すれば5年半程度が寿命となります。しかし、1日に8時間使用した場合には、3年半で寿命目安を迎えてしまう訳です。もちろん、使用する機種によって寿命に差がありますが、いずれ必ず寿命が来ると考えなければいけません。
ちなみに、ストレージ部分の故障の場合、ハードディスクを交換することで修理可能ですが、それなりの費用がかかってしまいますし、データは失われてしまうということは覚えておきましょう。重要なデータであれば、適切な時期に安全にデータを移行してパソコン自体を買い換えておくのがオススメです。

買い替えを見極めるポイントと長持ちさせる対策

ここまでは、一般的なパソコンの寿命についてご紹介してきました。しかし、使い方によっては、5年も持たずにパソコンに不具合が生じてしまい買い換えなければ…なんてケースも少なくありません。

特に、パソコンの不調を感じながら、そのまま使用してしまう…なんて方も少なく無いのですが、そのような使い方をしてしまうと、突然パソコンが起動しなくなってしまい、大切なデータまで失われるなんて危険もあります。ここでは、「そろそろ買い替えかな?」と考えた方が良いパソコンの不調や、長く良い状態で使うために注意したいポイントについて簡単にご紹介しておきます。

買い替えを検討すべき症状とは?

パソコンを長く使用していれば、さまざまな故障の兆候が見られます。例えば、プリンターに接続できなくなったり、文字が打ち込めない…なんて症状であれば、再起動などを行うことで正常に戻る場合もあります。このような不具合に関しては、パソコンの寿命とは関係ないのですが、以下のような症状が出た場合には寿命が迫っている可能性があるの注意しましょう。

  • 使っていると、たびたびフリーズしてしまう…
  • 起動時にたびたびブルースクリーンになる…
  • ハードディスクを認識しない…
  • クリーンアップや初期化してもパフォーマンスが上がらない…
  • パソコン内部から異音がする…

上記のような症状が出た場合、突然パソコンが起動しなくなる可能性が否定できませんので、早急に必要なデータを取り出しておき、パソコンの買い替えを検討すべきです。

パソコンを長持ちさせるには?

それでは最後に、できるだけパソコンを長く使用するため、皆さんが注意しておきたいポイントをいくつかご紹介しておきましょう。上述したように、使い方によっては、一般的な寿命よりもかなり早く故障してしまうことがあるのがパソコンです。決して安いものではありませんし、以下のようなポイントに注意するようにしましょう。

  • 暑さやホコリに注意
    パソコンは、熱とホコリに弱い機器です。特に夏場は、室温に注意し、冷却台を準備するなどの暑さ対策を行うことで、寿命を延ばすことができると言われています。また、ホコリが意外に溜まりやすいので小まめに掃除しましょう。
  • 衝撃・ストレスに注意
    ノートパソコンは、持ち運びができる点がメリットです。しかし、移動の際に衝撃を与えることで寿命が短くなります。できるだけクッション性の高いケースなどに入れて移動するなど、衝撃を減らす工夫が必要です。また、強制終了などはパソコンのストレスになりますので、あまり繰り返すと寿命を縮めてしまう恐れがあります。
  • 定期的なメンテナンス
    定期的にクリーンアップすることや、不用なデータを削除することも大切です。

なお、パソコンを購入する場合には、最新のOSを搭載した高スペックのものを購入するのがオススメです。導入コストは高くなってしまいますが、高スペックなものほど良質なパーツが使われており、故障確率が低くなります。良いものを導入すれば、買い替えスパンが長くなりますので、中長期的に見るとコスト削減が可能だと思います。

まとめ

今回は、一般的なパソコンの寿命や、買い替えを検討すべき不具合症状についてご紹介してきました。どのような機器だとしても、一度購入すれば一生使えるようなものはありませんし、いずれ買い替える必要があると考えておかなければいけません。特にパソコンに関しては、非常に精密に作られているものですので、ちょっとの衝撃で故障してしまう…なんてことも珍しくありません。 まずは、この記事でご紹介したことを頭に入れておき、できるだけ長持ちするように工夫してみましょう。

サポート 馬渕

パソコン修理、データ復旧を10年以上させていただいております。
3000件以上の訪問実績があり、様々な法人様のオフィス環境改善に努めてまいりました。お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください!

法人様は出張量無料です

06-6369-1521営業時間 9:00〜17:00

〒 564-0051 吹田市豊津町53-3 セレステ江坂2F

このページの先頭へ