法人向けパソコンは、リースとレンタルどっちがお得なのか?

今回は、従業員が使用するパソコンを導入する際、リースとレンタルならどちらが良いのかについて考えてみたいと思います。一個人がパソコンを必要とした場合であれば、単純に必要なスペックからパソコンを選択し、購入すれば良いだけです。しかし、法人で使用するパソコンとなると、一度に数十台、数百台のパソコンが必要になる…なんてこともあり、購入の場合はコストが大きな負担となってしまう訳です。

そこで注目されているのが、パソコンのリースサービスやレンタルサービスなのですが、いざ自社にパソコンを導入する際には、リースとレンタルの違いがイマイチ分からず、どっちのサービスで導入すべきか…と迷ってしまう方も少なくありません。
そこでこの記事では、法人向けパソコンのリースとレンタルについて、それぞれの違いやメリット・デメリットについてご紹介していきます。

リースとレンタルの違いとは?

それではまず、法人向けパソコンのリースとレンタルの大まかな違いからご紹介しておきましょう。

法人がリースorレンタルでパソコンを導入する際の最も大きな違いと言えるのは、『契約期間が異なる』と言う点です。レンタルでパソコンを導入する場合には、基本的に顧客側がレンタル期間を自由に設定することができます。しかしリースでの導入は、あらかじめ決められた契約期間が存在します。そしてリースの契約期間というものは、最低でも2年間から最長で8年前後までと、ある程度の長期契約が設定されてしまいます。なお、リースでパソコンを導入した場合、契約時に決めた契約期間の途中で解約することはできません。何らかの理由で、リースのパソコンを解約したい場合、契約の残金を一括で支払う必要があります。

次に、故障時の対応に関してもリースとレンタルでは違いがあります。レンタルの場合は、契約期間中に故障した場合、レンタル会社が修理を受け持つことになりますが、リースの場合は基本的に借り手側が担当する形になります。

他にも、リースとレンタルでは会計処理上の違いも存在します。レンタルパソコンの場合は、経費処理という形での会計処理となるのですが、リースでパソコンを導入している場合には、ほとんどの場合、資産計上という形での処理となります。なお、リースの場合でも、条件などによっては経費処理が可能な場合もあるのですが、ほとんどの場合は資産計上になると考えておきましょう。

ちなみに、レンタルでパソコンを導入する場合は、レンタル会社が所有しているパソコンの中から選ぶことになるため、選べるパソコンの幅が少なくなってしまいます。リースの場合は、好きなものを選んでリース契約の条件を設定しますので、好きなパソコンを導入することが可能です。

法人パソコン!リースとレンタルそれぞれのメリット

それでは、法人向けパソコンをリースで調達する場合と、レンタルで調達する場合について、それぞれのメリットは何なのかについてご紹介しておきましょう。

パソコンをリースで導入するメリット

まずは、長期契約となるリースサービスで法人パソコンを導入する場合のメリットからです。リースの場合は、以下のようなメリットが考えられます。

  • 自社に最適なパソコンを新品で導入できる
    一つ目のメリットは、必要なスペックを備えたパソコンを新品状態で調達できると言う点です。リース契約とは、基本的にパソコンの購入代金のファイナンス手法であり、リース会社が認めてくれれば、どんなパソコンでも調達可能です。したがって、自社が要望するパソコンのスペックを伝えれば、パソコンリース会社がそれに見合ったパソコンを探してきてくれます。ある程度、長期間使用するつもりで、最新の高スペックPCが必要な場合は、大きなメリットです。
  • 長期利用であれば、レンタルよりお得
    二つ目のメリットは、長期的な利用であれば、レンタル契約で調達するよりも総額が安くなるという点です。法人向けパソコンのリースは、簡単に言えば分割払いですので、リース期間が終了すれば支払いが完了します。また、同じものを再リースすればリース料は安くなりますし、買取りも可能です。そのため、長期間借りている場合、レンタル料が嵩むレンタルより安くなるのです。

パソコンをレンタルで導入するメリット

それでは、レンタルでパソコンを調達する際のメリットも見ていきましょう。

  • 契約期間に縛りが無い
    レンタルでパソコンを導入する場合、自由に契約期間を設定できると言う点が大きなメリットになります。極論を言えば、1日だけレンタルすることも可能など、自社の都合に合わせてパソコンの調達ができる点が魅力です。
  • 機器の更新が容易
    二つ目は、パソコン機器の更新が簡単にできるというポイントです。毎年一定の経費予算を確保できるため、償却費の変動が大きな固定資産と比較すれば、リプレイス時の予算取りが楽になると言われています。また、リースと異なり、法定耐用年数の縛りなどもないため、機器の実寿命に応じて更新サイクルを自由に決められる点が魅力です。
  • パソコンの経費を平準化できる
    レンタル契約の場合、パソコン購入初年度の過大な償却負担を軽減できるというメリットがあります。また、レンタル契約は月額で使用料を支払うものですので、パソコンの導入コストを平準化できます。そのため、レンタルでのパソコン導入は、賃貸借処理が可能ですので、リースと異なり、パランスシートへの計上が不要です。

法人パソコン!リースとレンタルそれぞれのデメリット

最後に、法人向けパソコンをリースで調達する場合と、レンタルで調達する場合について、それぞれのデメリット面もご紹介しておきます。

パソコンをリースで導入するデメリット

法人向けパソコンをリーで導入する場合のデメリットは以下のような感じです。

  • 原則、途中解約ができない
    リースのデメリットとしてよく言われるのは、原則として途中解約ができないと言う点です。リース契約というものは、パソコンに限らず、契約期間の途中で解約することが原則できません。どうしても解約する場合には、残期間のリース料または違約金の支払いが必要になります。
  • 金融機関の審査を通過する必要がある
    パソコンに限らず、リース契約の締結には、ほとんどの場合、金融機関からの審査が必要です。したがって、社歴が短い法人などであれば、会社の信用性が低いと判断されてしまい、リースでパソコンを導入したくても導入できない…という場合があるのです。
  • リース料率が加算されるため、割高になる
    リース契約でパソコンを導入する場合、購入するよりも割高になってしまうという点がデメリットです。リースでパソコンを導入する場合、パソコン本体の価格に加えて、リース会社に支払うリース料が加算されます。つまり、リース料の分、本来のパソコン購入費よりも高くなってしまう訳です。

パソコンをレンタルで導入するデメリット

それでは、レンタルで法人パソコンを導入する場合のデメリットもご紹介します。

  • 長期間利用する場合は高くなる
    レンタルでのパソコン導入は、長期使用には不向きというのが大きなデメリットです。一般的に、3~5年ぐらいまでであれば、レンタルとリースの費用が拮抗する(機種によりますが…)と言われています。しかし、レンタルの場合は、借りている間は同じレンタル料を支払い続けなければいけませんので、利用すれば利用するほど、費用が嵩んでいってしまう訳です。つまり、パソコンのレンタルサービスは、短期的な使用に向いていると考えられます。
  • 選べる機種の幅が狭い
    レンタルの場合、レンタル会社が所有しているパソコンの中から選ばなければいけません。したがって、要求したスペックのパソコンが揃わない…なんてことも珍しくないのです。レンタル会社は、一般的に需要の高いものを揃えるものですので、あまりに高スペックな専門性が高いパソコンはそもそもレンタルできない…可能性も考えられます。

まとめ

今回は、法人向けパソコンの導入方法として選ばれることが多い、リースとレンタルの違いやそれぞれのメリット・デメリットをご紹介してきました。

この記事でもご紹介したように、非常によく似たサービスと考えられがちなリースとレンタルですが、中身をよく見てみると、全く異なるサービスでどちらを選択するのかによって得られるメリットがかなり違ってきてしまうのです。
どちらのサービスが良いのかについては、何を目的としてパソコンを導入するのかによって異なりますし、なかなか判断が難しいものだと思います。基本的には、何らかのイベントごとで短期的にパソコンが必要になったという場合であればレンタルの方が良いでしょうし、自社の従業員が業務のために長期間使用することを想定している場合は、リースの方がオススメと言った感じだと思います。

サポート 馬渕

パソコン修理、データ復旧を10年以上させていただいております。
3000件以上の訪問実績があり、様々な法人様のオフィス環境改善に努めてまいりました。お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください!

このページの先頭へ