2022年のIT導入補助金は「パソコンの購入」が対象に!今から準備をしておこう!

中小企業にとって非常にありがたい補助金にIT導入補助金があります。例えば、勤怠管理や請求業務、販売管理に予約管理など、業務効率向上などを目指してITツールを導入する際、その経費の一部を補助してもらえるという非常に助かる制度となっています。

ただ、IT補助金と言う名称がついている割に、IT機器の導入に関しては対象外になっていたというのが玉にキズと言われていました。例えば、どのようなITツールでも、パソコンを使用して利用するのですが、2021年の公募までの従来のIT導入補助金では、パソコンの購入は補助の対象外となっており、特別枠のみパソコンのレンタルが対象になるという物でした。

これが、2021年の年末に成立した補正予算では、2022年度は各種ITツールの他に、パソコン、タブレット、レジなどのハードウェアの『購入』も対象となると発表されたのです。つまり、中小企業が、パソコンの入れ替えなどを検討した際、今までは利用できなかった補助金を利用できるということですので、かなりの負担軽減になるはずです。
そこでこの記事では、今から準備しておきたい、IT導入補助金について解説しておきます。なお、2022年度は、予算が計上されているのは間違いないのですが、まだ公募詳細などが公表されていませんので、2021年度の物を参考にご紹介していきます。

そもそもIT導入補助金とは?

それではまず、IT補助金がどういった補助制度なのかを簡単に解説しておきます。中小企業にとっては非常に使いやすい補助制度ですので、使えそうな部分はないか確認するため、基本となる制度を知識として学んでおきましょう。

IT導入補助金は、中小企業や小規模事業者について、これらの企業が自社の課題を解決する目的やニーズに合ったITツールを導入する際、導入にかかる経費の一部を補助してくれるという制度になっています。今や、企業の売上向上や業務効率改善を考えた場合、ITツールの導入が非常に重要な時代になっています。

つまりこの補助金は、中小企業・小規模事業者の経営力向上や強化を目指した非常にありがたい制度になることを目指しているのです。

2021年度IT導入補助金について

2021年度のIT導入補助金については、 一般社団法人サービスデザイン推進協議会の公式サイトで公募要領などが公表されていますので、今後の為にも確認しておくと良いでしょう。

コロナ禍真っ只中の現在、IT導入補助金は、通常枠と低感染リスク型ビジネス枠の2つの枠に分かれて公募が行われていました。通常枠に関しては、基本的に例年通りの内容になっていたのですが、低感染リスク型ビジネス枠は、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、withコロナ時代に対応できるビジネスモデルへの転換を行うため、非対面ツールの導入を行う業者を対象としています。なお、こちらは通常枠よりも補助率の引き上げなども行われています。非対面ツールについては、公式サイトで以下のように説明されています。

事業所以外の遠隔地から業務を行うテレワーク環境の整備をはじめ、人と人との接触の機会を減らしたり、遠隔でのサービス提供が可能なビジネスモデルへ転換(業務形態の非対面化)し、労働生産性の向上を目的としたITツールを指します。
引用:IT導入補助金2021より

2022年に関しても、そこまで大きな変更などはないと思いますが、まだ詳細は公表されていませんので、公表され次第ご紹介したいと思います。

2021年度の公募スケジュールについて

IT導入補助金は、毎年春ごろより一次公募が開始されることになります。2022年度の公募スケジュールはまだ公表されていませんので、参考として、2021年度の公募スケジュールをご紹介しておきます。ちなみに、2021年度は、5月に一次公募が開始され、12月の5次公募で全ての公募が終了しています。詳細スケジュールは以下のような感じになっていました。

■通常枠(A・B類型)公募スケジュール

  • 1次締切分・・・締切日:5月14日(金)、交付決定日:6月15日(火)
  • 2次締切分・・・締切日:7月30日(金)、交付決定日:8月31日(火)
  • 3次締切分・・・締切日:9月30日(木)、交付決定日:10月29日(金)
  • 4次締切分・・・締切日:11月17日(水)、交付決定日:12月15日(水)
  • 5次締切分・・・締切日:12月22日(水)、交付決定日:2022年1月26日

■低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)公募スケジュール

  • 1次締切分・・・締切日:5月14日(金)、交付決定日:6月15日(火)
  • 2次締切分・・・締切日:7月30日(金)、交付決定日:8月31日(火)
  • 3次締切分・・・締切日:9月30日(木)、交付決定日:10月29日(金)
  • 4次締切分・・・締切日:11月17日(水)、交付決定日:12月15日(水)
  • 5次締切分・・・締切日:12月22日(水)、交付決定日:2022年1月26日

2022年度の公募スケジュールが公表されたらまたご紹介したいと思います。

なお、IT導入補助金の対象者は、コチラのページでご確認ください。

2022年度はパソコンなど、IT機器の購入も対象に!

ここまでは、2021年度のIT導入補助金を参考に、補助制度の基本設計をご紹介しました。こういった補助金は、突然なくなったりしますが、継続される場合は、前年の内容をそのまま引き継ぐ形になるのが一般的です。IT導入補助金に関しては、2021年の年末に成立した補正予算の中にも計上されていますし、2022年度も利用できる補助金なのは間違いありません。

そして、中小企業や小規模事業者にとって非常に嬉しい情報となるのが、従来のIT導入補助金ではパソコンなどの機器の購入は対象外だったのですが、2022年度からはパソコンやタブレッド、レジなどのハードウェアの購入が対象となるとされているのです。

引用:中小企業庁資料より

上の図は、中小企業庁が公表しているIT導入補助金に関する資料です。これからも分かるように、2022年度のIT導入補助金では、「PC・タブレット、レジ・券売機等の購入を補助対象に追加」とされています。他にも、さまざまなツールがクラウド化していることから、「最大2年分のクラウド利用料を補助」と言う点も明記されています。

なお、補助制度の詳細はまだ決定していませんので、決定次第またご紹介します。

まとめ

今回は、中小企業や小規模事業者にとって、非常に心強い補助制度となるIT導入補助金について解説してきました。従来のIT導入補助金は、企業の業務効率化や売上向上に役立つ『ITツール』の導入を補助してくれる制度だったのですが、それを利用するための機器に関しては、補助対象外でした。

しかし、2022年度からは、パソコンやタブレットなど、ハードウェアの購入にカナル経費まで対象に含められるので、業務改善などを目的にパソコンの入れ替えを検討している企業にとって非常にありがたい制度になるはずです。

なお、こういった補助制度はさまざまなモノが活用できますので、知らない人が一方的に損をしてしまうことになります。企業のIT化をより賢くするめていくためにはどうすれば良いのかと迷っている方がいれば、お気軽に弊社までお問い合わせください。弊社では、補助制度の申請代行なども請け負っていますので、最も賢いパソコンの導入方法をご提案します。