トラブルの記事

RAID・NASによくあるトラブルをご紹介します!

近年では、法人様はもちろん、一般家庭などで個人様が家庭用のNASを利用して、各種データのバックアップをしているという方が増えていると言われています。さまざまなものがデジタルデータ化している現在では、こういった状況も当たり前なのかもしれません。 しかし、一般家庭などにも、非常に幅広く浸透してきている一方で、利用中に故障 してしまった時など、どのようにして対処すればよいのかという知識を持っていない人がほとんどですので、万一の時に慌ててしまう方も多いと言われています。当たり前のことですが、どのような機器であっても、一度購入すれば一生使用できるわけでもなく、ふとした瞬間に故障してしまう…ということも珍しくないのです。 そしてこういった機器の故障時に困るのは、修理を業者に依頼するとお金がかかってしまうため、ひとまず自分で復旧を試み、状況をさらに悪化させてしまう…というパターンが多いことです。実際に、弊社にもたくさんの問い合わせがあるのですが、お客様自身が復旧を試みた結果、より深刻なトラブルに発展してしまっているというケースが非常に多いです。そこでこの記事では、RAID・NASに良く発生するトラブルや、そういった時に行ってはいけないことをご紹介しておきます。

そもそもRAIDって何?

こういった機器に詳しくない方であれば「そもそもRAIDって何なの?」といった感じに、基本的な部分を疑問に思ってしまうことでしょう。『RAID(レイド)』を簡単に説明しておきますが、これは複数台のハードディスクを「ひとつのハードディスクとして認識・使用できる」ようにする技術のことを指しています。RAIDの大きな特徴としては、以下のような点が挙げられます。
  • 信頼性と安全性の向上が期待できる 例えば、構成しているハードディスクの1台が故障したとしても、RAID1やRAID5では運用が可能になる。
  • 大容量化が期待できる 4TBのハードディスクを4台用意して、これらでRAID5を構成した場合、12TBの大容量ハードディスクとして運用が可能になる。
こういったメリットが認められ、幅広く利用されるようになっています。現在の利用用途や運用方法は以下のような感じです。
  • ●大容量を必要とする社内or部署内のファイルサーバーとして使用されている
  • ●ストップできない、データの損失があってはならない基幹サーバーやDBサーバーとして使用されている
上記のように、主にサーバーやNAS(ネットワークハードディスク)などで利用される技術がRAIDです。 上記のような特徴があるRAIDですが、注意が必要なのは、RAID技術だからと言っても、保存されているデータが『100%完全に安全』という保障はないということです。逆に、複数台のハードディスクで構成されるものですので、通常時は非常に便利なのですが、トラブル時にはかえって問題が複雑化してしまうリスクがあるのです。

よくあるトラブルってどんなの?

それでは、RAID・NASによくあるトラブル事例も簡単にご紹介しておきましょう。

リビルドの失敗

リビルドとは、ハードディスクに何らかの故障が発生した際に、データを再構築する作業のことを指しています。一般的にですが、ハードディスクが壊れてデータにアクセスできなくなった…なんて場合は、リビルドを行うとデータが元に戻るとされており、メーカーの説明書などにもそう記載されています。実際に、サーバーの管理者などをしている方であれば、ハードディスクの交換時などに実施したことがあると思います。 しかし、このリビルドは、非常にリスクが高い行為で、ソフトウェアトラブルや、別のハードディスクに潜在的な故障があるなどといった要因で、リビルドを行った事で余計に症状が悪化してしまう…というケースが非常に多く起こっているのです。弊社にも、リビルドの作業時にさらなる問題が…といった相談は非常に多いです。 こういった場合には、すぐに操作をストップするということが、大切なデータを復旧させるためには重要です。ただでさえ複雑な構成がバラバラになっていますので、そのまま作業を進めると、悪化の一途をたどり、手の施しようがなくなる危険があります。実際に、多くのデータ復旧業者では「リビルド⇒失敗⇒再度リビルド⇒失敗~」を繰り返す行為は、データ復旧の可能性を著しく下げてしまうと説明しています。費用は気になると思いますが、問題があった際には、すぐにプロに相談するのがオススメです。

ハードディスクの物理的故障

まず覚えておいてほしいのは、故障に強いと言われるRAIDですが、絶対に故障しないわけではないということです。特に、ハードディスクの物理的な故障などは、使用していれば必ず起こるものだと考えなければいけません。 過去には、RAID5の4台のハードディスクのうち、1台のハードディスクがかなり前に故障してしまっていたのにそのまま運用し、その結果もう一台のハードディスクが故障してRAID5を維持できなくなった…という事例も存在します。こうなってしまうと、RAIDの性質から、残ったハードディスのみのデータ復旧などもできなくなってしまいます。 なお、RAIDはその構成によって、ハードディスクが1台故障したとしてもデータは無事という場合もあります。そのため、壊れたハードディスクを交換すれば、問題なく使うことができるようになると考えることもあるでしょう。しかし、RAIDは複数台のハードディスクを組み合わせていることから、1台の構成が変わるだけでも保存の際の規則性が乱れてしまうものなのです。そうなってしまうと、さらなるデータの破損を引き起こし、状況を悪化させてしまう結果になりますので注意しましょう。

まとめ

RAIDは複数のハードディスクで構成されているため、皆さんが考えているよりも繊細なものだと考えた方が良いです。説明書などには、万一の対策なども掲載されていますが、少しでも不安がある場合には自分で対処するのではなく、プロに相談することをお勧めします。