買い替えの記事

ノートパソコンの電源がつかない!?よくあるノートパソコンの故障原因とは?

今回は、ノートパソコンの電源が入らなくなった…など、突然故障してしまう原因はどういった事なのかについてご紹介していきます。

フリーランスやテレワークが浸透してきた現在では、外出する際にノートパソコンを持ち歩いているという方も多くなっています。タブレットなども普及してきていますが、仕事での使い勝手を考えると、まだまだノートパソコンの方が便利と考える方も多く、街中にあるカフェなどでパソコンを開いて何かをしている人を見かけることは非常に多いと思います。

こういったノートパソコンは、小型化・軽量化がどんどん進んでいるため、専用の鞄を用意することもなく、リュックサックなどに入れて持ち運んでいるという方も非常に多く見かけます。しかし、ノートパソコンというものは、非常に精密に作られた機械ですので、ちょっとした取り扱いの不手際で意外と簡単に不具合をおこしてしまうのです。
皆さんの中にも、外出先でノートパソコンを使おうと思った時、電源がつかなくて困ってしまった…なんて経験がある人も多いのではないでしょうか?そこでこの記事では、ノートパソコンを持ち歩く際、絶対に注意しておきたい故障原因をご紹介していきます。

ノートパソコンの故障原因① 衝撃

ノートパソコンが故障してしまう原因として非常に多いのが、持ち運びの際に強い衝撃を与えてしまう…というパターンです。例えば、誤って高いところから落としてしまう…、鞄ごとどこかに強くぶつけてしまう…といった事で使いたい時に使えなくなっていた…なんてことがあります。

こういった『強い衝撃』によるノートパソコンの故障は、パソコンに内蔵されているハードディスクが故障してしまうというのが原因です。ハードディスクは、特に衝撃に弱い部品ですので、落とす…ぶつける…などの衝撃で、ハードディスクが故障してしまいデータが飛んでしまうという可能性があるのです。

ノートパソコンを持ち歩くときには以下のような点に注意しましょう。

落下させないように注意する

一般的なノートパソコンは、「高いところから落下しても良い」という想定では作られていません。したがって、電車の中で使用する、不安定・小さなテーブルで使用するなどといった場合、特に落下に注意しましょう。混雑した電車などであれば、他人がパソコンに接触してしまうことで落下してしまう…などというリスクがありますので、そういった空間ではノートパソコンの利用は控えるのがオススメです。
なお、ノートパソコンに何らかの付属品を接続したまま落下させると、接続端子なども同時に故障する可能性があります。

ぶつかる衝撃に注意

最近のパソコンは、小型化・軽量化が進んでいるため、手提げかばんの中に直接ノートパソコンを入れて持ち運ぶなんて様子をよく見かけます。しかし、体から離れた位置にある鞄は、何かの拍子でぶつけてしまうことも珍しくなく、接触の衝撃で故障してしまう…ということも多いのです。混雑した電車などで通勤しているという方であれば、接触による衝撃を吸収できるような専用のパソコンケースに入れてから鞄に保管するようにしましょう。

雑な扱いに注意

意外に見落とされがちな故障原因がこれです。例えば、パソコンを閉じるときに、勢いよくパタンッと閉めてしまう、ノートパソコンを入れた鞄を雑に扱ってしまう…などといった事で、衝撃が加わってしまい、ハードディスクが飛んでしまう…なんてことがあるのです。ノートパソコンは、小さな衝撃が積み重なることで故障することも多いので、丁寧に扱うようにしましょう。

ノートパソコンの故障原因② 水濡れ・水没

ノートパソコンなどが水に弱い…ということは誰もが理解していると思います。しかし、外出先のカフェなどで利用することで、この理由で故障させてしまう…というケースも少なく無いのです。以下のような点に気を付けておきましょう。

水濡れの多くは不注意

ノートパソコンの水濡れのほとんどは、誤って飲み物をこぼしてしまう…などという不注意が原因です。このパターンでは、きちんと水気を拭き取ったとしても、しばらく時間がたってから故障してしまう…というケースがありますので、注意しましょう。ノートパソコンを使う場合、紙コップなどのすぐに倒れてしまうようなコップではなく、しっかりと安定するマグカップなどを使うのがオススメです。
なお、多くの方が見落としてしまっている故障原因で「ノートパソコンは湿気に弱い」と言うものがあります。常に湿度が高い環境で使い続けている場合、通常よりも故障してしまうリスクが高くなりますので、なるべく乾燥した環境がオススメです。

雨による水没に注意

水没は、ノートパソコンを水の中に落としてしまう…という状況ですので、普通はあまり考えられることではありません。しかし、防水性のあるカバーなどを利用せず、直接鞄に入れて持ち歩いている場合、雨に濡れてしまい水没と同じ状況になってしまう…ということが考えられるのです。特に最近では、ゲリラ豪雨などと呼ばれる非常に強い雨が降ることがあり、この場合は普通に水没と何ら変わらない状況と考えられます。水没が故障原因のノートパソコンは、買い替えが必要になる可能性がありますので注意しましょう。

ノートパソコンの故障原因③ 圧迫

ノートパソコンの故障原因ではあまり聞かないかもしれませんが、意外と『圧迫』が原因となって故障してしまっていた…というケースは少なくありません。
例えば、パソコンを持ち運ぶ際に、無理して鞄に詰め込むことでノートパソコンが圧迫されてしまったり、満員電車で鞄ごと押しつぶされてしまう…なんて状況は、ノートパソコンにかなりの負荷がかかってしまうのです。ちなみに、圧迫によるノートパソコンの故障はディスプレイに不具合が出る…という現象が多いです。例えば、液晶画面に黒いシミのような物ができる…電源はついているのに液晶画面に何も表示されない…などといった症状です。
こういった場合、パソコン内のデータは問題ないと思いますが、ディスプレイの修理で多額の費用がかかってしまいます。

ノートパソコンの故障原因④ 寿命

最後は、寿命です。どのような製品でも一度購入すれば一生使えるようなことはなく、それはノートパソコンも同じです。一般的に、ノートパソコンの寿命は5年程度と言われており、5年前後使い続けているとハードディスクやバッテリー、ファンなどが寿命を迎えて故障してしまいます。
もちろん、丁寧に使っていれば通常よりも長く使用することはできるのですが、突然故障してデータが取り出せなくなってしまう…なんて危険がありますので、5年程度を目安に買い替えを検討するのがオススメです。

まとめ

今回は、社会人の方であれば非常に利用頻度の高いノートパソコンの故障原因についてご紹介してきました。ノートパソコンを仕事に使用しているという場合、重要なデータなどを保存していることでしょうし、突然電源が入らなくなった…なんて場合にはとても困ってしまうことでしょう。

しかし、この記事でご紹介したように、ノートパソコンが故障してしまう理由というのは、そのほとんどが利用者の不注意や雑に扱うことなのです。買ったばかりの新しいノートパソコンだとしても、落下させたり、ぶつけたり、水がかかってしまえば、意外と簡単に故障してしまうのがノートパソコンです。
決して安い機器ではありませんので、突然の故障を引き起こさないよう、丁寧に扱うのがオススメですよ!