RAID崩壊の記事

突然のRAID崩壊…なぜRAID崩壊が起こるのか、その原因を知っておきましょう!

RAIDが広く普及してきた近年では、突然のRAID崩壊で困ってしまった…なんて経験がある人も多いのではないでしょうか。突然のRAID崩壊では、バックアップデータが無事なのか…と、とても不安になってしまうことでしょう。 しかし、そもそもこういったRAID崩壊というものは、何が原因となって発生するものなのでしょうか?もちろん、原因はさまざまなものがあるのですが、何が危険なのか全く知識を持っていなければ、普段から何に注意しておけば良いのかさっぱり分からないと思います。そこで今回は、RAID崩壊が起こってしまうさまざまな原因や、正しく対処するためにおさえておきたいいくつかの知識についてご紹介していきたいと思います。

RAID崩壊で考えられることについて

そもそもRAIDと言うものは、複数台のHDDを1台のHDDとみなして運用することができる技術のことを指しています。そして、一般的にHDDの寿命というものは、4~5年程度と言われていますので、そもそもが消耗品と考えておかなければならないものなのです。要は、RAIDは「いつか必ず壊れる物」という認識を持っておくことがとても大切だということです。 RAIDが消耗品と言う認識ができた場合、日常使いの中でどういった点に注意しなければならないのかもイメージできるようになるのではないでしょうか。例えば、ホコリやたばこの煙など、微細な粒子でもHDDを傷つけてしまうことがありますし、これらが原因で異常熱が発生し故障が引き起こされる…なんて可能性も否定できません。 実際に、猛暑日などはRAID機器の故障リスクが高いと言われており、年々夏の暑さが深刻化している日本では、RAIDの障害リスクが高くなっていると言えるのです。 以下に、いくつかのRAID構成において、RAID崩壊で考えられる事例をご紹介しておきます。

RAID0で考えられること

まずはスクレイピングなどと呼ばれるRAID0についてです。RAID崩壊の原因は、HDD故障が最も多いため、まずは物理的な故障が発生していないか確認してみましょう。何らかの問題が発生している場合。LEDアラートなどが表示されますので、まずはこれをチェックしましょう。

RAID1で考えられること

RAID1は、LinkStationやLANDISKなどを利用して、小規模や中規模稼働が非常に多いのが現状です。この場合は、滅多なことが無い限り、データまで失うことはないだろうと考える方が多いのですが、以下のような場合は「そもそもデータを取り出すことができなくなる…」と言うことがあるので注意しましょう。
  • ☑ RAID1を制御するシステムの異常
  • ☑ 躯体側に不測のエラーが…
  • ☑ 経年劣化による故障
このような場合、データの取り出しすらできない危険な障害が生じやすいので注意しましょう。

RAID5で考えられること

RAID5は、保存しているはずのフォルダやファイル、HDDへのアクセスができない…なんて場合は、RAID崩壊が起こっていると判断しましょう。RAID崩壊している場合、ドライブランプの点灯や点滅、サーバー機器のディスプレイなどで、状態を知らせる機能などがあるはずですので、まずはそこをチェックしてみましょう。

RAID崩壊を引き起こす原因とは?

それでは次に、RAID崩壊を引き起こしてしまう危険があるいくつかの原因についてご紹介しておきましょう。中には、「こんなものが危険なの?」と言うものもありますので、しっかり知識として持っておくのがオススメです。

ホコリ

まずはホコリです。ホコリが躯体内に入ると、発熱で基盤が焼き付いてしまう…など物理的な障害を引き起こしてしまう危険があります。「たかがホコリ。そこら中にあるでしょ!」など、簡単に考えてしまう人が多いのですが、精密機械にとってホコリは大敵ですのであまり軽く考えない方が良いです。その証拠に、堅牢なサーバールームなどは、「しっかりと防塵対策をしている!」と言うことを謳っていることも多いのです。

熱(熱暴走)

RAID崩壊を防ぐためには、熱対策も非常に重要です。パソコンなどでも、冷却ファンが故障すると本体にまで影響することは皆さんもご存知でしょう。これと同じく、しっかりと冷却装置が働くことが大切なのです。非常に単純ですが、冷却ファン周りの掃除を小まめにしてあげるということは、とても効果があります。

人的ミス

意外に見逃せないのが、人の手によるうっかりミスでRAID崩壊を招いてしまう…というパターンです。例えば、管理画面から誤ってRAIDレベルを異なるものに変更してしまった…HDDを誤って初期化してしまった…などと言ったケースは珍しくありません。 このような人為的ミスによるRAID崩壊は非常に多いので注意しましょう。データの復旧が可能かどうかは、症状によって異なりますので、まずは調査からスタートします。

RAID崩壊時にやってはいけないこと

最後は、RAID障害時にやってはいけないことについてご紹介しておきます。まだ慣れていない担当者の方などが故障対応を行う場合、その行為によって事態をより悪化させてしまう…と言うことも珍しくありません。以下のような対応は行わず、少しでも不安がある場合には専門業者に相談するようにしましょう。

リビルド

メーカーの取り扱い説明書などには、RAIDに何らかの障害が発生した時の対処としてリビルドを行うようにと記載されている場合があります。しかし、どのような症状があるのかも確認せずに行ってしまった場合、逆に症状を悪化させてしまう…というケースがあるのです。例えば、リビルドの途中で、それまで障害が起きていなかった別のHDDに障害が併発してしまう…というケースがあり、このようにリビルドが失敗に終わってしまうと、HDD構成が崩れてしまい、データがバラバラになってデータ復旧が困難になる…と言うこともあるのです。 RAIDの復旧は、専門知識が必要な作業ですので、知識を持った人員がいない場合には、素直に専門業者に相談するのがオススメです。

HDDの入れ替え

HDDの入れ替えは、比較的簡単な作業ですので、知識がない方が手を付けてしまいがちな対処です。しかし、この行為は絶対にしてはいけません。 上述したように、RAIDは「複数のHDDを1台のHDDと認識させる技術」です。これは、あるルールで複数台のHDDを介してデータ保存をしていることになるのですが、入れ替えを行うことでそのルールを変更してしまうと、一つのHDDとして認識させることができなくなってしまうのです。

HDD単体をPCにつなぐ

これも一般の方がやってしまいがちなミスです。 要は、異常が起きたHDDを取り外し、外付けHDDのようにPCにつないでみるという行為になります。しかし、RAID構成で成り立っていたHDDを単体としてPCにつないでも、中身の確認はできません。それどころか、誤ってHDDのフォーマットをしてしまう…なんてミスを誘発することが考えられますので、非常に危険な行為なのです。 これも絶対にやってはいけないことと認識しておきましょう。

まとめ

今回は、突然発生してしまうRAID崩壊について、何が原因となってRAID崩壊が起こってしまうのかについて簡単にご紹介してきました。近年では、企業だけでなく一般家庭でも広く使われるようになってきたRAIDですが、詳しい知識を持ったうえで使用しているという方が少ないため、何らかの障害が発生した時にはパニックになってしまう…なんて方が多いです。 特に注意してほしいのは、知識がないにもかかわらず、ネット検索で出てきた対処法を何も考えずに行ってしまう…というケースで、そのよう対応をしてしまうと、余計に症状を悪化させてしまう結果になることが多いのです。 この記事でご紹介したように、そもそもRAIDは消耗品であるため、いつかは故障するという認識を持ち、障害が出てしまった時に相談できる業者を予め見つけておくのがオススメです。