夏場のパソコンの適正温度

普段ご使用になられているパソコンには人と同じで、パソコンにも「適温」があることをご存じですか?


夏場にパソコンが熱くなると熱暴走により、フリーズや故障といったリスクがあることはよく知られていますが、実は低温状態が過ぎると良くないのはご存じだったでしょうか。 特に冬場、部屋が冷え切った状態ではパソコンが正常起動しないといった症状や、パソコン本来のパフォーマンスを発揮でいないことがあります。 なぜかといいますと、HDDの潤滑油(グリス)が冷えたことにより、固まってしまい正常に回転を行えないといった場合などが原因になることがあります。 パソコンの適温は、本体が「30度~40度」、CPUは「40度~75度」、HDDは「30度~50度」の範囲が良いとされております。またご使用されている室温はなるべく「20度~25度」の範囲でご使用になられる 事が望ましいです。 パソコンも、過酷な環境下では長持ちはしませんので、できれば暑すぎるといった環境である場合などは見直した方が良いかもしれません。

sier-staff