Windows 10でよくあるトラブルと対処法をまとめてご紹介!

今回は、Windows 10パソコンをご利用中の方のため、Windows 10でよく見られるトラブルと、その対処法をご紹介していきたいと思います。

『Windows 10』は、マイクロソフト社がリリースする事実上最後のオペレーティングシステムとして知られています。今後は、WaaS(Windows as a Service)に従って、定期的な更新プログラムが配信されることになっており、従来のようなバージョンアップの概念ではなく、定期的な更新を通じて新たな機能が加えられたり、操作性が改善されるものとなっています。

しかし、この自動更新によるアップデートでは、過去のオペレーションシステムとは異なり、更新によるトラブルが発生したりエクスペリエンスが悪化したりする可能性が高くなっていると言われています。つい先日も、別の記事でご紹介したように、Windowsアップデート後に印刷を行うと、ブルースクリーンエラーになる…なんてトラブルが発生し、話題になりました。
そこでこの記事では、去に確認されたWindows 10のよくあるトラブルとその対処法をご紹介しておきます。

関連記事:「印刷を行うとブルースクリーンエラーが表示されて強制的に再起動がかかり、印刷ができない不具合」について

ネットワーク系のトラブル

それではまず、インターネット通信など、ネットワーク系に生じてしまったトラブル事例と対処法からご紹介しておきます。

WiFiが「インターネット接続なし」になる

パソコンでWi-Fiに接続した際、「インターネットなし、セキュリティ保護あり」と表示され、WiFi接続はきちんとできているのにもかかわらず、インターネットに接続できない…というトラブルがあります。対処法としては以下のような物があげられます。

  • パソコンを再起動する
  • 機内モードに切り替えて接続してみる
  • WiFi側の接続設定をリセットする
  • ワイヤレスドライバをインストールする
  • すべてのネットワーク設定をリセットする
  • セキュリティソフトを停止する
  • ルーターの設定を確認
  • WiFi子機が故障していないか確認する

ネットワーク上のコンピューターを表示しない

ファイル共有などを目的として、ネットワーク上のコンピューターを連携しようと思った時、そのコンピューターが表示されない…というケースがあります。
対処法は以下を試してみましょう。

  • パソコンを再起動する
  • 更新とセキュリティからパソコンを最新状態にする
  • 共有したいコンピューターを直接指定してアクセスしてみる
  • SMB1.0/CIFS共有のサポートを有効化する

イーサネット(ローカルエリア)に接続できない

Windows 10パソコンを有線LANで使用している場合、イーサネット(ローカルエリア)への接続ができず、インターネットに繋がらない…というケースがあります。
対処法は以下を試してみましょう。

  • LANケーブルを接続しなおしてみる
  • モデム/ルーターを再起動する
  • ネットワークデバイスを「有効」にする
  • IPアドレスの再取得
  • ネットワークドライバを再インストール
  • クリーンブートでパソコンを起動してみる

Bluetoothが「有効」にできない

Bluetoothを有効にするためのボタンが表示されない…、有効になっているはずのBluetoothデバイスが使用できない…というケースがあります。
対処法は以下を試してみましょう。

  • Bluetoothアダプタの再インストール
  • トラブルシューティングツールを利用する
  • Bluetoothサポートサービスを再起動してみる
  • 高速スタートアップを無効にする
  • 省電力設定を無効にする

操作系のトラブル

『Windows 10』のトラブルでは、パソコンの動作が著しく重くなる…などといった感じで、操作性に関するトラブルも多く報告されています。

Windows 10の動作が重い

『Windows 10』は、さまざまな理由で動作が重くなってしまうことがありますので、何らかの異変を感じた場合、以下の対処を試してみましょう。

  • パソコンを再起動する
  • 電源プランを変更
  • スタートアップアプリやバックグラウンドアプリを無効にする
  • 不要なアプリをアンインストールする
  • OneDriveの同期を停止する
  • 負荷の高いプロセスを停止する
  • パフォーマンス優先に変更する
  • Windows 10の不要な通知を「オフ」にする
  • Windows 10をアップデートする
  • Windowsセキュリティの設定を確認する
  • 仮想メモリを設定する

メモリの使用率が高い

同じ使い方をしているのにもかかわらず、メモリの使用率が突然高くなり、パソコンの動作が重くなった…という場合、何らかのトラブルが考えられます。
以下の対処法を試してみましょう。

  • Windowsメモリ診断を実行してみる
  • 使用していないアプリを終了する
  • スタートアップアプリを無効にする
  • SysMainサービスを停止する
  • 透明効果・アニメーション効果を停止する
  • 仮想メモリを増やす
  • デフラグを実施する

ディスク使用率が100%になる

一時的にディスク使用率が100%なるというのであれば、特に問題はないのですが、長期間100%の使用率を超えてしまい、動作が重くなっているのであれば、何らかのトラブルが考えられます。
以下の対処法を試してみましょう。

  • タスクマネージャーを起動して、確認する
  • Windowsアップデートを手動で実行する
  • SysMainまたはSuperFetchを無効にする
  • ピアツールピアを無効にする
  • Windowsサーチを停止する
  • 自動メンテナンスを停止する
  • HDDの故障を確認する

応答なし・フリーズが頻繁に起きる

ファイル操作中などに「応答なし」と表示されて固まってしまう…なんてトラブルも考えられます。頻繁にこれがおきるようであれば、何らかのトラブルが考えられますので、以下の対処を行ってみましょう。

  • 常駐アプリを停止or削除する
  • ウイルス対策ソフトを無効にする
  • セーフモードでPCを起動する

まとめ

今回は、『Windows 10』パソコンの使用中に考えられるトラブルについてご紹介してきました。『Windows 10』は、定期的に自動更新が行われることになっていますので、何も考えずに使っていると、突然のパソコントラブルで困ってしまう…なんてことが続出しているのです。

ここで紹介した事例は、過去に実際に生じたトラブルですので、あなたのパソコンも同様の症状が出てしまうことも考えられると思います。何らかのトラブルが生じてしまい、自分では対処ができない…となった場合には、お気軽に弊社までお問い合わせください。

サポート 馬渕

パソコン修理、データ復旧を10年以上させていただいております。
3000件以上の訪問実績があり、様々な法人様のオフィス環境改善に努めてまいりました。お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください!

このページの先頭へ