テレワークの関係で社内サーバーのクラウド化が増えている!それぞれの問題点はきちんと押さえておこう!

新型コロナウイルスの影響で、日本国内でも一気に普及しているリモートワークや在宅勤務と呼ばれる働き方ですが、実際に導入してみると予想外の部分に問題が生じてしまう…ということも少なくないようです。

一時期テレビなどでも緊急事態宣言下で出勤する人をつかまえて「なんで会社に出勤しているのですか?」と言った質問を投げかけている映像がよく見られていましたね。そしてインタビューをされた方の回答としては「会社に行かなければ仕事ができない…」なんてものが多く、「オフィスワークがなんで会社に出ないといけないのか?」と疑問に思ってしまった…なんて方も多かったのではないでしょうか?ちなみに、緊急事態宣言下でも会社に行くのは「ハンコを押さないといけないから!」などと言うコメンテーターなどもいましたが、会社に出る理由はハンコだけではないですよ。

というのも、これまでの日本社会では、企業が自社のITシステムを構築する場合、ネットワーク機器やサーバーなどを購入して自社内でシステム構築や運用・管理などを行うという方式がとられていることが多かったのです。そのため、業務に必要になるデータやファイル、メールなどが全て社内サーバーに保存されていて、リモートワークなどで自宅で作業したくても、接続ができないから会社に行かなければいけない…なんて問題が生じていたわけです。

そしてコロナ問題が長引く中、こういった状況を改善するため、社内サーバーのクラウド化を検討し始める企業が多くなっていると言われているのです。なんでも『クラウド化』が重宝される時代ですが、クラウド化はメリットばかりでもありませんし、導入を検討しているのであれば、デメリット面もしっかりと押さえておきましょう。ここでは、「社内サーバーのクラウド化」について、実行する前に押さえておきたいポイントをご紹介していきます。

そもそも『社内サーバー』に存在する問題点とは?

冒頭でご紹介したように、企業のITシステムの構築は、「オンプレミス」と呼ばれる運用形態がほとんどで、社内に各種機器を設置して運用・管理を行っていくという感じになっていました。もともと、現在のようなクラウドサーバーサービスが無かった時代ならわかりますが、こういったサービスが登場した後も、「オンプレミス」を選択する企業の方が多かったです。というのも、社内サーバーの場合、セキュリティ面が非常に強いということや、自社のニーズに自由に合わせられるというカスタマイズ性の良さやパフォーマンスの良さがメリットとして存在していたからです。

社内サーバーは、自社で構築・運用を行いますので、自社の業務に本当に必要なものに特化したシステム・サーバーを用意することが可能です。さらに、秘匿性が高い情報であれば、外部との通信をしないようにすれば、情報漏洩やサーバーが攻撃されてダウンする…なんてリスクも避けることができるわけです。

ただし、自社に最適なサーバーになるというメリットがある一方、いくつかの問題点はコロナ前から指摘されていました。

問題点① 初期コストがかかる

社内サーバーは、サーバーやネットワーク機器、ソフトウェアなどを自社で購入し、配線や設定などを行う必要があります。当然、これらの初期設定には多額のコストがかかりますね。さらに、運用中に故障してしまえば、交換の機器も自社で用意しなければいけませんし、運用にもコストがかかります。
社内サーバーは、規模や性能にもよりますが、数百万円から場合によって1000万円を優に超えるような初期費用がかかるというのが大きな問題です。

問題点② 構築に時間がかかる場合もある

自社の業務に最適な社内サーバーを構築しようと思えば、機器の選定から調達、さらに各種設定などと、サーバーが実際に運用できるようになるまでに数カ月以上かかるのが普通です。
したがって、「いますぐ社内の状況に合わせて構築したい!」といった要望などとは相性が悪く、ある程度長期間のスケジュール計画を立てて進めなければならないのです。急激な業態の変化にサーバーを合わせるなんてこともなかなか難しいです。

問題点③ 維持コストもかかる

社内サーバーは、一度構築すれば放置していれば良いというものではありません。機器のメンテナンスはもちろん、セキュリティ対策など、維持していくためにはそれなりの保守費用が必要になります。
なお、サーバーの維持は、専門的な知識が必要ですし、ITに強い人材がいないと自社内だけで運用する…というのはかなり難しい問題になります。月額費用を支払うことで保守を代行してくれるような業者もありますが、突然の故障が発生し1分、1秒を争う…なんて場合は、自社内に運用保守専任の担当者がいた方が安心でしょう。こういったサーバーの運用保守のための人員を採用する場合は、そこに人件費などもかかってきます。

問題点④ 災害などの救急時の対応

自然災害などでサーバーが破損してしまった…、システム障害が発生した…なんて場合、その復旧は自社で行わなければいけません。
当然、サーバーがダウンしている間は業務に大きな支障をきたしてしまいますし、すぐに対応しなければいけないでしょう。こういった緊急時の対処がなかなか難しいのも社内サーバーのデメリットです。

『クラウド化』のメリット・デメリット

それでは、コロナ禍のテレワークの普及で一気に注目されている、社内サーバーのクラウド化について、クラウド化することのメリットと、問題点はどのようなことなのでしょうか?

そもそも「クラウド」というものは、自社でサーバー機器などを購入・設置するのではなく、インターネットを経由してサーバーなどのサービスを利用することを指します。クラウドサーバーは、クラウド上にある仮想サーバーで、ネットワークが繋がる状態、アカウントを所持しているのであれば、インターネットを経由してどこからでもアクセスできるのが特徴です。分かりやすく言えば、Gmail、Googleカレンダーなどもクラウドサービスの一種です。

コロナ禍にクラウド化が注目されているのは、クラウドサーバー内のデータであれば、社内の人員で共有することができるようになるため、リモートワークで出社しなくても情報共有が可能で、社内にいる時のように仕事ができるようになるからです。
ここでは、社内サーバーのクラウド化によるメリットと、注意しておきたい問題点を簡単にまとめておきます。

『クラウド化』のメリット

それでは、『クラウド化』のメリットからです。

  • 導入コストが安い
    クラウドサーバーは、自社で機器などを用意する必要がありません。つまり、機器の設置のための工事や時間、手間などが一切不要です。クラウドサーバーを利用する場合、各サービスが定めている利用料金を支払えばいつでも利用することができます。したがって、社内サーバーなどと比較すれば、かなり手軽に始められます。
  • 場所、デバイスの制約がない
    クラウドサーバーは、インターネットが繋がるのであれば、どこからでもアクセス可能です。したがって、テレワークが導入されても、全く問題なく社員間で情報の共有が可能です。
  • 災害、障害に強い
    クラウド化した場合、自社にデータを保存する機器を設置しているわけではないため、自然災害などがあっても、機器の破損の心配がありません。サーバー側に何らかの障害が発生しても、クラウドサービス側が責任をもって障害から復旧させてくれます。決められた利用料金のみで、災害リスクなどにも備えられるというのは大きなメリットです。
  • メンテナンスが不要
    クラウドサーバーは、定期的なメンテナンスや運用保守はサービス側が行います。つまり、自社でサーバーの保守などを行う必要がないため、IT機器メンテナンスのための専用人員を雇う必要などもなくなります。

『クラウド化』のデメリット

実際に、社内サーバーのクラウド化を進める場合には、デメリット面もしっかりと知っておく必要があるでしょう。業務形態などによっては、クラウドが適さない場合もあると言われています。

  • セキュリティ上の不安が残る
    クラウドサーバーの最も大きな懸念は、セキュリティの脆弱性です。クラウド上に保存しているデータは、悪意のある人間がアクセスしてくる場合もあり、機密情報や個人情報などの漏洩リスクはどうしても残ります。インターネットを介していますので、社内サーバーよりも第三者からの攻撃の可能性は高くなります。実際に、一度クラウド化したものの、セキュリティ面の不安から社内サーバー体勢に戻すといった企業も少なくないと言われています。
  • 完全に自社専用にするのが難しい
    社内サーバーの場合、自社のニーズに合わせて自由にカスタマイズする事が出来ます。しかし、外部サービスとなるクラウドサーバーは、サーバー業者が定めているルールに基づいた運用しかできません。したがって、最適な環境をどうしても構築することができない…なんてことになる可能性もあります。
  • 各種パフォーマンスの問題
    既に自社で運用しているシステムは、クラウドサービスと連携出来ない…なんてことは珍しくありません。また、インターネットを介して利用するものですし、ネットワーク状態が悪ければ、サーバーへのアクセスが不安定になったりします。さらに、処理パフォーマンスが物理サーバーに劣る可能性が高いという点も、クラウドのデメリットと言われています。

まとめ

今回は、新型コロナ問題によるテレワークの普及の裏で、多くの企業が頭を悩ませている社内サーバーのクラウド化について解説してきました。それなりの規模の会社であれば、社内システムを構築しており、業務に必要なデータやシステムは、会社に出勤しなければアクセスできない…なんて場合も珍しくないのが日本という国です。

そのため、テレワークが必要と言われている現在でも、仕事をするために致し方なく出勤しているという状態が続いている会社も多いのです。ただし、テレワークのためだけに社内サーバーのクラウド化を進めるのは少し注意が必要だと考えておきましょう。クラウド化は、比較的簡単で低コストで進められるものの、一切のデメリットがないというわけではなく、セキュリティやパフォーマンスの面では社内サーバーにはまだまだかなわないのが実情です。
テレワークの実現は、業務形態などによっても適切な方法が変わりますし、「どういった方法が良いのか?」とお悩みであれば、ぜひお気軽に弊社までお問い合わせください。

ご訪問後に作業が発生した場合の料金表

技術料

  • Windowsの修復 5,800円

パソコン修理

  • 自作PCの故障診断 5,800円

    メーカー、BTO製品以外の自作パソコンの故障個所診断

パソコン・ハードディスクのデータ復旧

  • レベル1 9,000円

    OS(Windows、Mac、Linux)が起動できている状態のパソコンからのバックアップ

メディアのデータ復旧

  • CD-ROMのデータ復旧 9,800円

デジタルカメラ等の画像データ復旧

  • 論理/物理障害 15,800円~

サーバー・RAID構成ハードディスクのデータ復旧

  • レベル1 48,000円

    ハードディスク自体には障害がなく、他のハードウェアに問題がある場合のデータ復旧

NASのデータ復旧

  • レベル1 48,000円

    ハードディスク自体には障害がなく、他のハードウェアに問題がある場合のデータ復旧

サポート 馬渕

パソコン修理、データ復旧を10年以上させていただいております。
3000件以上の訪問実績があり、様々な法人様のオフィス環境改善に努めてまいりました。お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください!

データ復旧はこちらから
パソコン修理はこちらから
  • データが欲しい
  • 仕事ができない
  • 思い出がなくなる

修理・復旧歴最低5年以上のベテランスタッフが すぐに訪問いたします