お役立ち情報

パソコンのメモリ不足を解消する方法について

今回は、パソコンのメモリ不足について解説していきます。パソコンのメモリは、CPUが処理するための「作業台」の役割を担うなどと解説されることが多いのですが、分かりやすく言うと、メモリが少ないと台の面積が小さいので、物をたくさん広げられない、面積が多いといろいろなものを置けるのでスムーズに作業ができるといったイメージをしていただければOKです。

つまり、パソコンのメモリは、たくさんのアプリを同時に動かすときの動作に関係する部分で、不足してしまうと、動作が遅くなったり、固まったりするようになるのです。この記事では、普段使用しているパソコンについて、メモリ不足が疑われる場合に、それを解消するための方法について解説します。

パソコンに必要なメモリの目安

それではまず、パソコンのメモリ容量について簡単に解説していきます。パソコンを購入する時にはメモリの容量もチェックしなければならないと言われると思うのですが、実はメモリ容量には、4GB・8GB・16GB・32GBなどと、さまざまな種類の容量が乗ったパソコンが販売されています。あまりパソコンに詳しくない人であれば、無視してしまうかもしれないのですが、実は快適にパソコンが使用できるのかにとても重要な部分ですので、以下のポイントは覚えておきましょう。

上述したように、メモリ容量は、CPUが処理するための作業台の大きさですので、何の作業を行うのかによって、必要なメモリ容量が変わるわけです。誰でも、パソコンを購入する際には、何らかの用途を決めていると思うのですが、用途に合ったメモリ容量の物を選ばないと、作業を苦痛に感じてしまうようになってしまいます。以下に、用途ごとの必要メモリ容量の目安をご紹介しておきます。

  • メモリ容量:4GB
    Excel、Wordを使用する簡単な事務作業やインターネットの閲覧、メールや文書の作成程度なら問題ありません。
  • メモリ容量:8GB
    専用ソフトを使った画像や動画の編集、簡易のプログラミング、ブラウザの複数のタブを開いて閲覧するなど。
  • メモリ容量:16GB
    複数のアプリやブラウザのタブを開きながら作業するなど、複雑な作業を行う場合。また、オンラインゲームに使用する場合。
  • メモリ容量:32GB
    高画質な動画、長編の動画の編集を使用する場合の目安です。最新の高画質なゲームでも問題なく楽しめるレベルです。

オフィスなどで一般的な事務作業に使用する程度のパソコンであれば、4~8GB程度のメモリ容量で問題ないと思います。8GBになると、画像編集や動画編集も可能ですが、他のアプリも開いて作業するとなると、かなりギリギリのラインですので、快適に作業したい場合、16GB以上のメモリ容量がオススメです。
なお、メモリ容量が大きくなれば、それに比例してパソコンの価格が高くなっていきますので、その辺りは注意してください。個人的には、費用をケチって作業中にイライラするぐらいなら、少し過剰なメモリ容量で快適に使用できる環境の方が好ましいと思いますが、用途に合ったメモリ容量の物を選べば良いと思います。

パソコンのメモリ不足を解消するには?

それでは、パソコンを使用している時に、動作が重い…固まってしまうなど、メモリ不足を感じた場合、どのようにして解消すれば良いのかもご紹介していきましょう。一般的に、メモリの使用率が70%を超えてくると、パソコンの動作が遅くなるなど、快適さを感じなくなると言われています。そのような場合は、以下のような対処をお試しください。

使用していないアプリは閉じる

起動・実行されているアプリが多ければ多いほど、メモリの使用容量は増えてしまいます。したがって、メモリ不足を感じた時には、使用していないアプリやバックグラウンドで実行されているアプリを閉じて、メモリの空き容量を増やすと良いでしょう。

意外に見落とされがちなポイントは、ブラウザのタブで、タブをたくさん開いているとメモリの消費が大きくなってしまいます。インターネットを閲覧する時に、どんどんタブを開いていくという癖がついている人もいるのですが、閲覧し終わったタブは小まめに閉じるという癖をつけておくのがオススメです。

今後不用なアプリはパソコンから削除する

メモリ不足を解消したい場合、今後使用することはないと考えられるようなアプリを削除することが有効です。実は、HDDやSSDなどの内部ストレージの空き容量を増やすことで、メモリ不足が解消されることもあるからです。

それなりの期間使用しているパソコンであれば、フリーソフトをダウンロードする際、一緒にダウンロードされた不要なアプリがたくさんあるなんてことも多いです。したがって、一度どのようなアプリが入っているのか確認して、長期間使用していないアプリがあれば削除するのが良いでしょう。「完全に削除するのは怖い…」という場合、外部ストレージなどに保存しておけば良いです。

デフラグ(最適化)を実行

これはよく言われる手法ですね。『デフラグ(最適化)』は、内蔵ストレージ内で断片化されたファイルを整理することで、これを行うことによってHDDの空き容量が増加したり、動作速度が改善したりするというメリットがあるのです。

メモリを増設・交換

メモリは、購入した時の容量でずっと使用しなければならないわけではなく、必要に応じて増設や交換することが可能です。パソコンを購入した時に検討していた用途と変わってしまい、メモリが全く足りない…なんて場合、増設・交換をしないと対処できないことも考えられます。

メモリに関しては、パソコンのパーツショップなどで販売されており、自分で増設することも可能です。ただし、失敗してしまうと、パソコンが正常に動作しなくなるケースもありますので、自分で作業することに不安がある場合は、専門業者に依頼する方が良いでしょう。特に、ノートパソコンの場合は、分解作業が必要ですので、全くの素人が作業を行うことは難しいと思います。

パソコンを買い換える

最終手段です。パソコンの使用年数や増設でも対処できないほど用途が変わってしまった…なんて場合、パソコンを買い替えすることを検討しましょう。

まとめ

今回は、パソコンのメモリに関してご紹介してきました。パソコンにあまり詳しくない方であれば、購入する時の価格にばかり目が行ってしまい、「用途に適したメモリ容量」という部分を無視してしまうケースが多いです。そして実際にパソコンを使ってみると、動作が遅くてイライラする…、ちょっと複雑な作業をしようと思うと固まってしまい作業できない…なんてことになってしまう訳です。

パソコンを購入する時には、しっかりと「何に使用するパソコンなのか?」を考えて、必要な性能を持ったものを購入するようにしましょう。

サポート 馬渕

パソコン修理、データ復旧を10年以上させていただいております。
3000件以上の訪問実績があり、様々な法人様のオフィス環境改善に努めてまいりました。お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください!