Windows11にアップデートしたほうが良いの?アップデートする場合の注意点をご紹介

今回は、2021年10月5日に正式リリースされたWindows11について解説していきます。この記事をご覧いただいている方の多くは「Windows11」をキーワードにして何らかの検索を行っていると思うのですが、このキーワードを利用して検索する方のほとんどは「windows11にしたほうがいいのか?、はたまたしないほうがいいのか?」と言うことに悩んでのことだと思います。実際に、Windows10パソコンを利用している方であれば、定期的に「Windows11へのアップデートをしますか?」と言った告知がなされるようになっていると思いますし、気になっているのではないでしょうか?

そこでこの記事では、「そもそも、今すぐにWindows11にアップデートしたほうが良いのか?」と言う部分について筆者の考えと、実際にアップデートすると決めた方がおさえておきたい注意点をご紹介していきます。

Windows11にアップデートしたほうが良いの?

Windows11がリリースされてから、約5ヶ月が経過しましたが、皆さんは既にアップデートを完了させているでしょうか?筆者のように、パソコン関連を生業にしているという場合、その使用感を顧客に説明することもありますので、何台かのPCはアップデートしてみて体験をするといった対処をしていると思います。しかし、一般のWindowsユーザーの方であれば、「もう少し様子見したほうが良いのかな…」と迷ってしまう方の方が多い事でしょう。実際に、この記事にアクセスしてきている方の多くは、Windows11へのアップデートを迷っていて、アップデートに関する情報を知りたいと検索したのだと思います。筆者個人的な感想を言えば、最初は操作に関して戸惑うことはあるものの、慣れてくればWindows10と大差はなく、問題なく使用できるのではと言った感じです。

それでは「Windows11にした方が良いの?」という疑問についてですが、PCのスペック的に問題が無いのであれば、適切なタイミングでアップデートしたほうが良いというのが筆者の考えです。

なぜなら、現状、多くの方が利用しているWindows10に関しては、2025年10月にサポートが終了すると決まっているわけで、今後新たに購入するパソコンに関しては、Windows11が標準になるからです。それでは「適切なタイミング」とはいつのことを指しているのでしょうか?皆さんは、「どのタイミングでWindows11にするべきか?」が気になっていると思うのですが、極論を言えば、Windows10のサポートが終了すのが2025年10月ですので、そこまでは安全にWidows10を利用できるわけですので、2025年9月でも問題ないと思います。

特に、業務でWindows10パソコンを利用しているという方であれば、すぐにアップデートするのは控えて、しばらくは様子見している方が良いと思いますよ。と言うのも、Widows11は、メニュー画面が非常に使いづらいという声が多く、メニュー画面を自分なりにカスタマイズしないと業務効率が落ちてしまう…という声まであるのです。例えば、ファイルのコピーや貼り付けひとつとっても、使いづらさを感じる方もいるらしく、何も考えずにアップデートしてしまうと、通常業務でイライラさせられてしまう…なんてことも考えられます。

この辺りは、ユーザーの声を聴いて、改善されていくと思いますので、Windows10が安全に使える期間が3年ほどあるわけですので、改善されるのを待つのが賢いのではないかと思います。特に、近々パソコンの買い替えを考えているという方であれば、新たに購入するパソコンがWindows11なのですし、わざわざアップデートする必要などはないでしょう。

Windows11にアップデートする時の注意点

上述したように、Windows11にアップデートしなければならない特別な理由が無い人であれば、現状Windows10のままで様子見しておくのがオススメです。ただ、何らかの理由でアップデートをしなければならないという方も多い事でしょう。実は、Windows11にアップデートする際には、いくつか押さえておくべき注意点があるので、以下のポイントを頭に入れておきましょう。

パソコンの性能によってはアップデートできない

まず一つ目の注意点ですが、Windows11は、システム要件を満たしていなければアップデートすることはできません。Windows11の動作要件については以下の通りです。

  • ・プロセッサ(CPU)・・・1GHz以上で2コア以上の64ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
  • ・メモリ・・・4GB以上
  • ・ストレージ・・・64GB以上
  • ・システムファームウェア・・・UEFI、セキュアブート対応
  • ・TPM・・・バージョン2.0
  • ・ビデオカード・・・DirectX12以上(WDDM2.0以上)
  • ・ディスプレイ・・・対角サイズ9インチ、8ビットカラー、720p以上
  • ・その他・・・インターネット接続、Microsoftアカウント

この辺りは、公式サイトの方で詳しく解説されていますので、そちらもご参照ください。

> Windows 11 の仕様、機能、コンピューターの要件を確認する

要件を満たしたプロセッサでも非対応のものがある

Windowsの公式発表では、「Intel製の場合は2017年後半以降、AMD製の場合は2018年中盤以降の発売製品のみ」をWindows11の対応製品としています。つまり、これ以前のプロセッサの場合、性能的な要件を満たしていたとしても非対応になってしまう訳です。
性能的には問題がありませんし、Windows11のインストール自体は問題なく可能かもしれません。しかしその場合でも、マイクロソフトのサポート対象外になってしまいますので、動作が安定しない可能性が残ります。

HOMEエディションではネットへの接続が必要になる

Windowsは『Homeエディション』と『Proエディション』が用意されるのですが、Windows11のHomeエディションをセットアップする際には、Windows10と異なり、ネットに接続していなければパソコンが使えるようになりません。Proエディションの場合、ネット接続なしでも問題ないのですが、HOMEエディションは「ネット接続が必須」と言う点には注意しましょう。

さらに、Homeエディションをセットアップ時には、Microsoftアカウントでサインインすることが求められます。そのため、アカウントを持っていない方はMicrosoftアカウントの作成も必須だということも認識しておきましょう。

既存アプリが利用できなくなる可能性がある

これは、Windows11だけに関わらず、OSをアップデートする時には必ず問題となる注意点ですね。要は、今までWindows10では問題なく利用できていたアプリや社内システムが、Windows11にまだ対応できていなければ、アップデートしてしまうと、正常に動作しなくなる可能性があるのです。

業務上、使えなくなっては困るアプリなどがある場合、Windows11でも問題なく動作するのかを事前に確認しておく必要があります。

ロールバックは10日後まで

Windows11にアップデートして「やはりWindows10の方が良い」となった場合、ロールバックする事は可能です。ただ、Windows10に戻すロールバックは、『Windows11のインストール後、10日以内』と期限があるのをお忘れなく。インストールから10日を過ぎてしまうと、Windows10に戻すことができなくなります。

なお、ロールバックの際には、Windows11のインストール後に導入したアプリなどのデータも保持されないのでこの点も注意しておきましょう。

まだ発見されていな不具合があるかも

これは、OSに新しいバージョンが登場した時には必ずある問題です。上述したように、Windows11は、正式リリースされてからまだ5ケ月ほどしか経過していない非常に新しいシステムです。そのため、まだ発見されていない不具合などが存在することも考えられ、予期せぬ不具合が生じた時には、業務に支障が出てしまう恐れがあるでしょう。

まとめ

今回は、Windows11へのアップデートに関して、現在アップデートを迷っている方について、「アップデートすべきなのか?」やアップデートする前に知っておきたい注意点をご紹介してきました。この記事でご紹介したように、Windows11については、これから新たに購入するPCは標準のOSとなるのですが、既存パソコンの場合、アップデートすべきかを迷ってしまう方も多いです、

なお、2025年10月まではサポートがありますので、それまでに買い替えを予定している方であれば、正直な話、アップデートをする必要は特にないのではないかと思います。現状は、メニュー部分が非常に使いづらくカスタマイズしなければならないなど、それなりにPCに関する知識を持っている方でないと、かなりの使いにくさを感じてしまうリスクがあります。もちろん、全体的な操作に慣れてしまえば、そこまで大きな問題点を感じるようなこともないとは思います。

なお、Windows10は、リリース後1年間が無料でのアップデート期間でしたが、その後は有償化されています。つまり、Windows11についても、いずれアップデートの有償化がスタートすると予想できますので、そのポイントがアップデートするかしないかの最終タイミングになるのではないでしょうか。