Western Digital / IDE 40GBのHDDからデータ復旧

ide_40gb_001 ide_40gb_002 [受付内容] 大阪市天王寺区の法人様より「外付けHDDにアクセスできなくなってしまった」とお問い合わせをいただきました。 HDD自体は動作しているようでしたので電源を落としていただき、無料の出張診断サービスでお伺いさせていただくことになりました。
[お問い合わせ地域] 大阪市天王寺区 [対象機器] 外付けHDDケース + Western Digital / IDE 40GBのHDD [使用されている環境] Windows7 /Windows10
[症状] 昨日まで通常通り使用できていた外付けHDDが使用できなくなってしまった。 「フォーマットしますか」との表示がされてしまう。
[診断] お客様先にて症状を確認しHDDへのアクセスができないことをお客様と確認いたしました。 中に入っているデータが必要、ということで詳細診断を行うため弊社への持ち帰り許可を頂戴しました。 [原因] ケースから取り出したHDDを確認しますと、IDEという1世代前の規格である事が解りました。 もちろんIDEのHDDでも対応に問題はありませんので診断を開始、HDD自体に障害が認められました。 今回はHDD自体の経年劣化による障害が問題でアクセスできなくなってしまったと考えられます。
[結果] 専用の装置を使いHDDの認識に成功し、お客様が仰っていたデータも無事に復旧することができました。 ファイルやディレクトリの破損なども見られず、全てのデータを無事に納品となりました。 一般的な家電製品として扱われがちなパソコンや周辺機器ですが 今回のように経年劣化のため、突然使用できなくなることが起こり得ます。 特に大事なデータ(会社の資料/写真/スマートフォンのバックアップなど…)は 失うと取り戻せなくなる場合もありますので、定期的に外付けHDDなどのメンテナンスや交換実施をお勧めいたします。
  当社エスアイヤーでは、メンテナンスや交換に関してのお問い合わせ/お見積りも行っております。 お気軽にご相談くださいませ。 パソコン修理、パソコントラブル、データ復旧はエスアイヤーへ https://s-ier.co.jp/  
 

sier-staff