データ復旧ってどんな業者が安心?業者選びの際に注意しておきたいポイント

  • ●仕事で使っているPCが壊れて、大切なデータが見れない!
  • ●誤って打ち合わせ資料を削除してしまった…
  • ●子供の写真を保存していた外付けHDDが読み込まない…

仕事でもプライベートでもデジタルデータを取り扱う機会が増えてきたことから、上記のような状況に陥ってしまうことも珍しくありません。そもそも、パソコンやHDDというものは、非常に精密な機械ですので、ちょっとした衝撃で故障してしまう…なんてこともあり、ずっと残しておきたい大切なデータを突然失ってしまう…なんてこともしばしば発生します。

それでは、こういった状況に陥ってしまった場合、データを取り戻すことは素直に諦めた方が良いのでしょうか?ほとんどの方は、機械本体の復旧は諦めるにしても、大切なデータだけでも取り出したい…と考える物でしょう。実は、デジタルデータの取り扱いが増えてきた近年では、万一の事態でも大切なデータを取り戻してくれる『データ復旧業者』なる物が登場しています。しかし、非常に需要の高い業界ですので、年々『データ復旧サービス』を取り扱う事業者が増えてきて、いったいどこに依頼すれば安心なのか…という判断がなかなかできなくなっているという声が増えています。

そこでこの記事では、皆さんの周りにデータ復旧が必要な場面が来た際、安心して依頼できる業者を選別するためにおさえておきたいポイントをご紹介します。

データ復旧サービスの基礎知識

それではまず、「そもそもデータ復旧とはどのようなサービスなのか?」という基礎知識から簡単にご紹介しておきます。データ復旧サービスは、HDDやSSD、USBメモリなど、何らかの記憶媒体に障害が発生した場合、その記憶媒体に保存されていたデータを復旧・復元するサービスのことを指しています。

なお、業者によって「どのような機器まで対応できるのか?」は変わってしまいますが、以下のような機器については多くのデータ復旧業者は対応できます。

  • ・デスクトップパソコン
  • ・ノートパソコン
  • ・サーバー
  • ・NAS
  • ・外付けHDD/SSD
  • ・USBメモリ
  • ・SDカード
  • ・スマートフォン etc

NASやサーバーに関しては、データの保存に特殊なファイルを使用しているため、高いデータ復旧技術が必要になります。特殊な機器になるほど、データ復旧が可能な業者が減ってきますので、実績などを確認して慎重に業者を選定しましょう。

修理サービスとデータ復旧は別物!

意外に勘違いしている人が多いのですが、データ復旧サービスと、機器のメーカー修理サービスは全く別物です。会社内で使用しているPCが故障した場合、契約のメーカー修理サービスに依頼するのが良いと考える人が多いのですが、メーカー修理サービスはデータ復旧は行いませんので注意が必要です。

2つのサービスを以下で簡単に解説しておきます。

  • データ復旧サービス
    パソコンや周辺機器に保存されている『データの救出・復旧』が目的のサービスです。つまり、機器の動作や機能の回復などは関係なく、データの復旧だけを目指します。データ復旧後の機器が使えるかどうかは関係ありません。
  • 修理サービス
    こちらは、パソコン・周辺機器の「動作的な機能を回復させる」ことが目的です。極端な例を挙げれば、故障したHDDを交換して機能を果たせるようにするだけでOKです。ちなみに、もともと保存されていたデータは何の保証もせずに破棄します。

このように、2つのサービスは目的が全く異なります。したがって、どちらのサービスを利用すべきかは、「データを優先するのか?」「動作的な回復を優先するのか?」をしっかりと検討して決めなければいけません。修理サービスを利用して、HDDを交換してしまった場合、どれだけ大切なデータでも二度と復旧させることができなくなってしまいます。

データ復旧業者選びはここをチェック

それでは、実際にデータ復旧サービスの助けが必要…となった場合、業者選びを行う時にチェックしておきたいポイントをご紹介していきたいと思います。近年では、ネット検索をすればどのような情報でも簡単に手に入るような時代になっていますが、逆に選択肢が多すぎて困ってしまう…という場合も少なくありません。
まずは、以下のようなポイントをしっかりとチェックしておきましょう。

設備が整っているのか?

データ復旧に関しては、手作業で行うのではなく、専門的な機器を使用して行います。ネット検索すれば、無料で利用できるデータ復旧ソフトが見つかる時代ですが、業者が所持している設備は、個人ではとても購入できないような高額なものなのです。
したがって、データ復旧の成功確率は、復旧に必要な機器や部品などの設備が整っているのかが非常に重要です。業者のサイトなどで、どのようなデータ復旧に対応できる機器を所持しているのかしっかりとチェックしておきましょう。

豊富な復旧実績があるのか?

当たり前のことですが、多くの相談実績・復旧実績を持つ業者は、それだけ高度な技術やノウハウ、データ復旧に関する知識を蓄積していると考えられます。データ復旧は「どのような機器なのか?」「何が故障原因なのか?」によっても復旧方法が異なりますので、お客様の状況に合わせた復旧方法を即座に選別できる業者に依頼する必要があります。
なお、上場企業や官公庁などの復旧実績を持っていることは、その業者の信頼性を判断するポイントにもなります。業者のホームページなどで復旧実績をきちんと確認しましょう。

高い技術力があるのか?

依頼する業者によって技術力の格差があります。なかなか判断することが難しいポイントなのですが、業者のホームページをしっかり確認することである程度の予想はつきます。
例えば、普及成功率が高い業者は、「データ復旧成功率〇%」など、根拠のある実績数字をきちんとサイトに掲載しています。しかし、会社を立ち上げたばかり、復旧成功率が低いなどという業者の場合、そういったデータを全く公表しない、もしくは全く根拠のない数字を公表するなどといった手法をとるのです。
したがって、業者の技術力に関しては、こういった情報をよく確認して判断しましょう。

業者のスピーディーさ

データ復旧は、復旧作業の速さや業者の対応の早さも非常に重要です。例えば、午後から使用するデータを誤って消してしまった…なんて場合、すぐに対応してくれる業者はないか…と誰でも探しますよね。
データ復旧業者の中には、365日対応を行っているような業者もあり、そういった業者であれば、依頼があれば即座に動けるよう部品のストックなどもしっかりとしています。したがって、状況によっては、『スピーディーさ』を業者選びのポイントにするのも良いかもしれません。

まとめ

今回は、「誤って大切なデータを消してしまった…」「突然、HDDが読み込まなくなった…」など、大切なデータの復旧が必要になった場合、そのデータをサルベージしてくれるデータ復旧業者を探すときの注意点をご紹介してきました。

近年では、誰もがデジタルデータを利用する時代になっていますし、さまざまな記憶媒体が登場していることから、データ復旧サービスが必要になる場面が非常に多くなっています。そのため、需要の高まりとともに、新たにデータ復旧業界に参入する企業が急激に増えており、現在では選択肢が多すぎてどこに依頼すれば良いか分からない…なんて状況になっているのです。

もしあなたが、データ復旧サービスが必要になった場合、この記事でご紹介したポイントなどに注意して業者選定を進めてみると良いでしょう。なお最近では、口コミサイトやSNSなどを調べてみれば、実際の利用者の生の声が確認できる場合もありますので、業者名でネット検索をしてみるのもオススメの方法です。

ご訪問後に作業が発生した場合の料金表

技術料

  • Windowsの修復 5,800円

パソコン修理

  • 自作PCの故障診断 5,800円

    メーカー、BTO製品以外の自作パソコンの故障個所診断

パソコン・ハードディスクのデータ復旧

  • レベル1 9,000円

    OS(Windows、Mac、Linux)が起動できている状態のパソコンからのバックアップ

メディアのデータ復旧

  • CD-ROMのデータ復旧 9,800円

デジタルカメラ等の画像データ復旧

  • 論理/物理障害 15,800円~

サーバー・RAID構成ハードディスクのデータ復旧

  • レベル1 48,000円

    ハードディスク自体には障害がなく、他のハードウェアに問題がある場合のデータ復旧

NASのデータ復旧

  • レベル1 48,000円

    ハードディスク自体には障害がなく、他のハードウェアに問題がある場合のデータ復旧

サポート 馬渕

パソコン修理、データ復旧を10年以上させていただいております。
3000件以上の訪問実績があり、様々な法人様のオフィス環境改善に努めてまいりました。お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください!

データ復旧はこちらから
パソコン修理はこちらから
  • データが欲しい
  • 仕事ができない
  • 思い出がなくなる

修理・復旧歴最低5年以上のベテランスタッフが すぐに訪問いたします