ハードディスク(HDD)から異音が…原因と適切な対処法とは?

今回は、『ハードディスク(HDD)』の障害として、お客様からご相談を頂くことが多い「HDDから異音がする…」といった場合の原因や対処法についてご紹介します。

HDDは、大容量のデータを保存することができる機器で、パソコンの記憶メディアなどとして広く普及しています。しかし、普段何気なく使用しているこの機器は「世界一精密な機器」と言われるほどデリケートなもので、その寿命も約3~5年程度と言われているのはご存知でしょうか?

皆さんも、長く使用しているパソコンなどについて、いつの間にか「カチカチ」や「カタカタ」なんて異音が聞こえるようになったけど、「なんの症状なんだ?」と疑問に思った経験がある人も多いのではないでしょうか?実は、こういったパソコンの症状というのは、内蔵されているHDDが物理的に壊れかけている合図であり、この段階で適切な対応を行わないと、保存されているデータの取り出しが困難になってしまったり、非常に困った状況に陥ってしまう危険があるのです。

そこでこの記事では、皆さんに覚えておいてほしいHDDの異音の種類や、異音が聞こえた時の適切な対処法などを簡単にご紹介していきたいと思います。

HDDから聞こえる異音の種類

それでは、HDDから聞こえてくる異音の種類からご紹介していきましょう。なお、「HDDから異音が…」という場合、すぐに対処しなければならない異音と、特に気にしなくても大丈夫な音がありますので、きちんと聞き分けられるように以下の音の種類を頭に入れておきましょう。

すぐに対処すべき危険な異音

HDDから以下のような異音が聞こえる場合、すぐに電源を切り、専門業者に相談するのがオススメです。

  • 「シャー」「シー」など、何かを引きずるような異音
    HDDから、何かを擦る、引きずるような異音が聞こえる場合、何らかの不具合でHDD内部の部品が接触してしまい、ディスクの回転に異常が生じていると考えられます。
  • 「カチカチ」「カタカタ」といった異音
    HDDから「カチカチ」「カタカタ」「キュルキュル」といった異音が聞こえる場合、データの読み書きをするパーツの故障が考えられます。この場合も、専門業者に相談するのがオススメです。メーカー修理などに相談した場合、HDDの交換対応となるため、データの取り出しが必要であれば、データ復旧業者に相談する必要があります。
  • 「カチャカチャ」といった異音
    HDDから激しく「カチャカチャ」「カタンカタン」といった異音が連続して聞こえる場合、HDDが完全に故障してしまう前触れの可能性が高いです。このような状況になってしまえば、アクセスすればするほどHDDの死期が早くなってしまいます。大切なデータを保存している場合、すぐにデータ復旧業者に相談しましょう。ご自身で無理にデータの取り出しに挑戦した場合、状態を悪化させてしまい、データ復旧がより困難になってしまいます。

HDDから、上記にような異音が聞こえる場合、個人での修理やデータ復旧は不可能だと考えた方が良いです。HDD内に重要なデータが保存されている場合、むやみに操作をするのではなく、専門業者に相談する事が最もデータ復旧の可能性が高くなります。

特に気にする必要のない正常な音

HDDから「異音がする…」という場合でも、正常に動作している時に出る音の場合があります。以下のような種類の音であれば、特に気にする必要はありません。

  • 「ブーン」という音
    これは、HDD本体ではなくPCの冷却ファンの回転音です。ただし、この音が普段よりも大きく感じる…という場合には、経年劣化やホコリが溜まっている…可能性がありますので、クリーニングをしてみましょう。
  • 「カリカリ」「ジージー」という音
    HDDがデータの読み書きをする際には「カリカリ」「ジージー」といった音が生じます。つまり、この音は故障ではなく正常なシーク音です。注意が必要なのは、この音が鳴っている時に振動を与えたり、強制的なシャットダウンを行うと、HDDに物理障害が生じてしまう危険があります。

HDDの異音の原因は?

それでは、HDDから異音が生じてしまう原因とは何なのでしょうか?上述したように、異音の種類によってはHDDが完全に故障してしまう寸前まで追い込まれている…ということですので、何らかの不具合ということは分かると思います。
HDDの異音は、主に以下のような原因が考えられます。

磁気ヘッドに障害が生じている

HDDを構成する部品の中には『磁気ヘッド』と呼ばれるものがあり、これはデータの記録面に読み書きを行う装置のことです。
そしてこの磁気ヘッドに障害が出てしまうと、不規則な動作をするようになってしまい、「カチカチ」や「カタカタ」といった異音が出るようになるのです。この状態で通電を続けてしまうと、記録面に傷がついてしまうなど、重度の物理障害を引き起こして、データの復旧が非常に困難になるリスクがあります。

ファームウェアの異常

HDDを動作させるプログラムを『ファームウェア』を呼びます。
経年劣化などでファームウェアが不具合をおこすと、磁気ヘッドが正常にデータの読み書きができなくなり、磁気ヘッド障害と同じような異音を生じるようになります。なお、ファームウェア異常は、原因の特定が非常に困難な不具合ですので、ファームウェア解析に対応できる業者というのは、それだけでそれなりの技術力を持っているという指標になります。

HDDから異音が聞こえた時の対処法

HDDから異音がする…といった場合、『物理障害』ですので、個人で対処することはできないと考えた方が良いです。この場合、パソコンやHDDのメーカー修理に相談するか、データ復旧業者に相談するという2つの手段があります。どちらを選ぶかは「HDD内のデータの重要性」で判断しましょう。

相談業者の判断ポイントについて

メーカー修理とデータ復旧業者どちらに相談すればいいのか…と迷ってしまった場合、それぞれの業者の特徴から選択すると良いでしょう。

  • 修理業者の特徴
    修理業者は「機器の正常な動作を取りもどす」ことが目的です。HDD障害の修理などの場合、HDDごと交換することで機器が正常に動作できるようにします。つまり、もともと使用していたHDD内のデータに関しては、破棄されるものと考えておきましょう。「重要なデータはないし、データは不要」という場合には、修理業者でも良いでしょう。
  • データ復旧業者の特徴
    データ復旧業者は、その名称通り「HDD内部に保存されているデータのサルベージ(取り出し)」が目的です。したがって、重要なデータだけでも何とかして復旧したいという場合は、こちらに相談すべきです。ただし、データ復旧業者は、データの取り出しが目的で、機器の動作は何の保証もしません。したがって、データ取り出し後の機器が完全に使えなくなる場合もありますので注意しましょう。

このように、「HDD内部のデータが必要か?不要か?」によって相談する業者を選別すると良いでしょう。

HDDから異音が聞こえた場合の注意点

HDDの異音問題においては、間違った対処法をしてしまうことで、データの復旧をより困難にしてしまう方が非常に多いです。HDDから異音が聞こえてきた場合、以下のような事に注意しておきましょう。

  • 通電を止める
    HDDから異音が出ている状態で、通電を続けてしまうのは非常に危険です。通電を続けてしまうと、HDDに読み書きを行う磁気ヘッドが不規則動作を起こしてしまい、HDDの記録面を傷つけてしまう恐れがあるからです。そうなってしまうと、データが破壊されてしまい、データ復旧がより困難になってしまいます。HDDから異音が聞こえた場合、すぐに通電を停止し、専門業者に相談しましょう。
  • 電源のON・OFFを繰り返す
    パソコンに何らかの異常が出た場合、電源のON・OFFを繰り返す人がいます。しかし、HDDに最も負荷がかかるのは、電源が入る時、切る時なのです。HDDから異音がする状態で電源のON・OFFを繰り返してしまうと、多くの場合、状態が悪化してしまいます。
  • 分解はNG
    あまりいませんが、たまに自分で修理しようとして、HDDを分解してしまう方がいます。しかし、HDDの分解は、高度な技術はもちろん防塵設備なども必要な作業で、非常にデリケートな機器だということを忘れてはいけません。さらに、一度分解してしまうと、メーカー保証も対象外になってしまいますので、良いことなどありません。
  • 修復ツールは意味がない
    HDDから異音がする場合、「チェックディスク」や「デフラグ」などの修復ツールは何の意味もありません。むしろ、修復ツールによるフルスキャンがとどめとなってしまい、完全に壊れてしまう…なんて事態を招くこともあるのです。異音障害の場合は、自分で何とかしようとするのではなく、専門業者に依頼するものと考えておきましょう。

まとめ

今回は、パソコンなどを利用している時によくある「HDDから異音が…」という場合の対処法についてご紹介してきました。そもそもHDDというものは、非常にデリケートな機器ですので、ちょっとした衝撃で不具合が生じてしまう…なんてことも珍しくありません。しかも、寿命が3~5年程度と言われている機器ですので、意外に早く故障してしまう…なんてことも多いのです。

HDDからの異音に関しては、物理障害が原因となっていることが多いですので、個人で何とかしようと思っても状況を悪化させるだけに終わってしまう…と考えておいた方が良いです。特に、重要なデータが保存されているHDDであれば、やみくもに自分で修理しようとするのではなく、異変を感じたらすぐに専門業者に相談するのが安心です。もちろん、データの取り出しなどに費用がかかってしまいますが、重要データが永遠に失われる…事を考えれば、必要な経費だと思えるでしょう。

この現象に伴う有償の可能性のある作業


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/s-ier/s-ier.co.jp/public_html/wp-content/themes/m3_seo_theme/parts/price.php on line 9

サポート 馬渕

パソコン修理、データ復旧を10年以上させていただいております。
3000件以上の訪問実績があり、様々な法人様のオフィス環境改善に努めてまいりました。お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください!

このページの先頭へ