データ復旧業界でよく聞く『論理傷害』とは?

今回は、データ復旧業界でよく耳にする『論理傷害』がどのようなものなのかについてご紹介していきます。

現在では、仕事でもプライベートでもパソコンを利用する機会が多くなっていますが、普段使っているパソコンや外付けHDDなどの機器について、突然何らかのトラブルが生じてしまい、データの読み書きができなくなってしまった…なんて経験がある方は多いのではないでしょうか?こういった時には、ひとまず再起動などを試みる方が多いのですが、それでも正常な動作を取り戻すことができず、保存していた大切なデータにアクセスできなくなって困ってしまうということも考えられます。

なお、こういった記憶媒体のトラブルに関しては、ある日突然起こってしまうものですので、かなり頻繁にバックアップを取っている方でなければ多くのデータが失われてしまうことになります。それでは、こういった記憶媒体のトラブルは、何が原因となって起きるのでしょうか?実は、HDDなどのトラブル原因に関しては、『論理傷害』と『物理障害』の2つの種類があるのですが、この記事では、論理傷害がどういったものなのかをご紹介します。

論理障害とは?物理障害と何が違う

それではまず、論理傷害が何によって引き起こされているのかについて解説していきます。物理障害は、その言葉からある程度イメージできるように、「機器そのもの、もしくは部品が物理的に破損して起こるデータ障害」のことを指しています。しかし、『論理傷害』については、いまいち何が原因となっているのかイメージできないという方が多いですよね。実は論理傷害は、ファイルシステムの破損や誤操作などでファイルやフォルダを削除した、OSが正常に起動できないなど、内部のデータに何らかのエラーや論理的な故障が発生したことでデータ障害が起きている事象を指しています。つまり、論理傷害と物理障害の違いは、「機器や部品が物理的に破損しているかどうか?」で分けることができるのです。

論理傷害については、機器そのものに故障や破損が生じているわけではなく、内部システムの問題ですので、データ復旧ソフトなどを利用することで復元することも可能です。また、外部にバックアップデータを保存していれば、論理傷害が発生した機器をフォーマットしたりOSの再インストールをすることで、元の環境を取り戻すことも可能です。

論理障害はミスによって起こることが多い

パソコンや外付けHDDなどで発生する論理傷害は、普段と同じようにパソコンを使用するという行為の中に潜んでいます。ほとんどの論理傷害は、システム・フォルダ・ファイルに対して何らかのデータ操作を行うことをきっかけに発生していて、なんらかのデータを取り扱う際にコピーや削除などをしようとして操作ミスをしてしまうといった日常的な行動で起こっています。具体的には、以下のような操作ミスで論理傷害が引き起こされます。

  • ・大切なデータやファイルを誤って削除してしまった
  • ・誤って必要なデータをゴミ箱に入れていて、それに気付かず空にした
  • ・データを上書きしてしまった
  • ・誤って特定のディスクドライブをフォーマットした
  • ・ファイル操作中に停電が起きてパソコンが落ちた
  • ・OSのアップデート中に電源を切った
  • ・データアクセス中に記憶媒体を取り外してしまった

データ復旧業者の力が必要になる論理傷害については、上記のようなパソコン使用者の不注意によるミスで引き起こされることが多いです。他には、コンピューターウイルスに感染してしまい、大切なデータを破壊されてしまうといったこともあります。どちらにせよ、パソコンやHDDなどの機器そのものが破損するわけではない障害です。

論理障害が起きた時の対処法は?

それでは、ここからは、使用中のパソコンなどで、論理傷害が起きた場合、どのような症状が出てしまうのか、またどういった対処が必要なのかについてご紹介していきましょう。

論理障害発生時によくある現象

論理傷害が発生した場合、OSや各種プログラムの異常動作が起きてしまうことが多いです。以下のような症状がパソコンなどで起きた場合、論理傷害が発生していると考えましょう。

  • ・パソコンが起動しなくなった
  • ・HDDは動作しているのに、OSが起動しない
  • ・PCの電源を入れると、Windowsのロゴ画面で停止した
  • ・ブルースクリーンになった
  • ・勝手にチェックディスクがスタートする
  • ・外付けの記憶媒体を接続すると「フォーマットされていません」「フォーマットする必要があります」というメッセージが出る
  • ・今まで使えていたフォルダやファイルが開かなくなった
  • ・ファイルなどを開こうとしたら「アクセスできません」とエラーメッセージが表示される

こういった状況に陥った場合、論理傷害が発生していると考えられます。

なお、注意が必要なのは、一見すると論理傷害に見えるような場合でも、物理障害が起きているケースがあります。パソコンに内蔵されているHDDにしても、外付けHDDにしても、分解しない限りは中身がどうなっているのか確認することはできません。例えば、パソコンを起動させると、セーフモードになり、最終的に再起動になるなど、一見、OSにトラブルが生じていそうなケースでも、実はHDD内部で物理障害が起きていて、このような現象が生じることがあるのです。そして物理障害の場合、それに気づかずに操作を行うことで、ディスクにキズが入り、より深刻な問題に発展してしまうケースがあります。

したがって、パソコンや記憶媒体に何らかの異常を感じた時には、自分で勝手に判断して復旧ソフトなどを利用するのではなく、プロのデータ復旧業者に問題の原因を正確に診断してもらうのが安全です。特に大切なデータが保存されている機器であれば、ちょっとした操作ミスで二度とデータが復旧できなくなるなんて可能性があります。

まとめ

今回は、パソコンなどの記憶媒体に発生する論理傷害がどのような障害なのかをご紹介してきました。この記事でご紹介したように。論理傷害は機器そのものが破損しているというわけではなく、ファイルの一部が壊れている、操作ミスでファイルを削除してしまうことにより引き起こされます。

軽度の論理傷害であれば、フリーの復旧ソフトなどを使うことで、復旧させることも可能なのですが、実は一見論理傷害のように見えて、実は物理障害が起きている…なんてケースもあります。絶対に取り戻したい大切なデータが保存されている機器であれば、ちょっとした操作ミスでデータを失う危険があるので、まずは我々のような復旧業者に相談するのがオススメです。機器の診断や見積りまでは無料で行えますので、正確な診断が出てからどうするかを決めれば良いと思いますよ。