データ復旧

データ復旧は自分で出来る?復旧ソフト利用時の注意点についてご紹介!

パソコンのデータを誤って削除してしまった…、外付けHDDを接続したのに認識しない…などと言ったデータトラブルに遭遇することは珍しくない時代になっています。それでは、実際に自分の身にこういったデータトラブルが起きた場合、皆さんはどのような対処法を思いつくでしょうか?

近年では、仕事で必要な書類やプライベートの思い出などは、データとして保存しているという方が多くなっていることから、万一大切なデータにアクセスできなくなった場合に心強い味方としてデータ復旧業者なるものが注目されています。しかし、データ復旧作業は、専門知識や高い技術力が必要になるため、依頼すると意外に高額なコストがかかってしまうことになります。そこで最近では、ネットからダウンロードできるデータ復旧ソフトなどを利用して、自分でデータ復旧に挑戦しようという方が多くなっています。ネット検索すれば、データ復旧ソフトの使い方を説明しているサイトなどもありますし、パソコンに関する知識がそれなりにある方であれば、挑戦すること自体は難しくないのです。

ただ、データ復旧の専門業者からすると「このソフトを使えば100%データが復旧できる!」と言うケース以外は、素人さんがデータ復旧に挑戦するのはあまりオススメできません。実は、データ復旧は、ソフトを使えば確実にデータを取り戻せるわけではありませんし、その逆に状況をさらに悪化させてしまうことも珍しくないのです。そこでこの記事では、データ復旧ソフトを利用して自分でデータ復旧作業を行う際の注意点などをご紹介しておきます。

データ復旧ソフトの基礎知識

企業でもペーパレス化が進む中、なんでもデータとして保存するのが当たり前となっている現在では、データ復旧ソフトが注目されるようになっています。データ復旧ソフトは、誤操作やウイルス感染、システムエラーなどが原因で、削除されてしまったデータを復元するためのソフトのことを指しています。なお、記憶媒体もHDDやSSD、SDカードにUSBメモリなど、さまざまな種類が存在していますが、多くの記憶媒体に利用でき、誤って削除した、フォーマットしてしまった時にデータを取り戻すことができます。

なお、現在流通しているデータ復旧ソフトには、フリー(無料)でダウンロードして利用できるタイプと有料ソフトの2種類が存在しています。それぞれのソフトの特徴は以下のような感じです。

  • フリーのデータ復旧ソフト
    これは、インターネットを介して無料でダウンロードすることで、コストをかけることなくデータ復旧に挑戦する事が出来るソフトです。ただ、多くの場合「スキャンまでは無料」となっていて、実際にデータ復旧に挑戦する段階で別途費用がかかるタイプがほとんどです。さらに、あくまでも無料で利用できるソフトですので、機能は少ないものが多く、復旧率の低さや対応可能な症状が少ない点は注意です。
  • 有料のデータ復旧ソフト
    家電量販店やパソコンショップなどでも販売されています。分かりやすく言うと、ウィルス対策ソフトを購入するといった感じで、フリーのものよりも多くの機能が備わっています。つまり、復旧率は相対的に高くなります。

このように、データ復旧ソフトにも種類が存在しています。また、症状によって対応できるソフトが違ったり、操作方法が複雑なものが多く、実際に作業を行う際には、付属のマニュアルなどをしっかりと読み込んでから行わなければいけません。操作方法などがあやふやなままデータ復旧作業を行うと、誤操作でデータを上書きしてしまい、より状況が悪化してしまう恐れがあります。

データ復旧ソフトのメリット・デメリット

それでは、データ復旧が必要になった際、専門業者に依頼するのではなく、データ復旧ソフトを利用して自分で対処する時のメリットとデメリットについても解説しておきましょう。

データ復旧ソフトのメリット

まずは、データ復旧ソフトを利用するメリットからです。専門業者ではなく、データ復旧ソフトを利用する場合、以下のようなメリットが存在します。

  • 安く復旧できる
    「復旧ソフトを利用して復旧できた!」と言う場合に限りますが、専門業者に依頼するよりも安くデータ復旧が可能だという点がメリットです。データ復旧業者に依頼した場合、平均で10万円程度の費用がかかると言われるのですが、復旧ソフトを利用する場合で最も安価なケースでは無料で手に入れることができます。有料ソフトの場合でも1万円前後で販売されていますし、業者に頼むのと比較すれば、圧倒的にコストは安くなります。ただ、復旧できなければ、逆に業者に依頼するコストが高くなってしまう恐れがあるので注意しましょう。
  • 対処が早くできる
    復旧ソフトは、ネットでダウンロードし、自分で取り出したいデータを確認しながら復旧作業ができますので、業者に依頼するよりも対処が早いという点もメリットでしょう。業者に依頼する場合、業者探しを慎重に行い、問い合わせ、機器を郵送、業者による診断と見積り、金額に納得できれば作業開始と言った工程を踏みますので、作業に入るまでにそれなりの時間がかかります。さらに、作業そのものについても数日から数週間かかりますので、データが手元に戻るまで最長1カ月ぐらいかかります。なお、このメリットもあくまでも自分で故障原因を特定でき、必要な復旧ソフトが何か判断できる人に限ります。

データ復旧ソフトのデメリット

次は、データ復旧ソフトのデメリットです。大切なデータを取り戻すための作業ですので、メリット面よりもデメリット面に注目しておいた方が良いですよ。

  • 復旧できる症状が限られている
    データ復旧ソフトは、対処可能な症状が限られるという点に注意しておきましょう。基本的に、論理傷害によるデータトラブルには対応可能ですが、物理障害が起きている機器については、データ復旧ソフトでは何の意味も成しません。それどころか、物理障害が起きている機器について、データ復旧ソフトを利用して作業を行った場合、症状を悪化させてしまうリスクの方が高いです。つまり、論理傷害か物理障害かをきちんと見分けられる方でなければ、復旧ソフトに手を出すべきではないと言えるでしょう。
  • 復旧率は高くない
    データ復旧ソフト最大のデメリットは、総合的に見ると普及率はかなり低いという点です。そもそもデータ復旧は、「何が原因で問題が起きているのか?」を正確につかみ、適切な対処をしなければいけません。「データが失われた=データ復旧ソフト」と安易に考え、作業を行ってしまうと、状況をより悪化させてしまう訳です。データ復旧ソフトで復旧できるケースと言うのは、パソコンに関してかなり詳しい知識を持っていて、トラブルの原因が明確に診断できる人が使用する場合に限ると考えておきましょう。

データ復旧と言うのは、作業を行い失敗するたびに復旧率が下がっていってしまうと考えなければいけません。例えば、物理障害が起きている所に、ソフトを回すと、記憶媒体が動作を行うことで、プラッタを傷つけて二度とデータ復旧できなくなる…なんてケースも普通にあり得るのです。データ復旧ソフトは、無料でダウンロードができ手軽に見えますが、パソコンに関する深い知識がある人でなければ使いこなせないと考えておきましょう。

データ復旧ソフトの注意点について

データ復旧ソフトは、何より「コストをかけずにデータを取り戻すことが可能!」だという点がメリットになります。上述したように、データ復旧の専門業者に依頼する場合、症状にもよりますが、10万円前後の費用がかかるのが一般的と聞くと、データ復旧ソフトを利用して自分で何とかしようと考えてしまうのも致し方ない事だと思います。

しかし、データ復旧ソフトについては、知識が無い方が利用することで、より残念な未来を引き寄せてしまう恐れがあるので、以下の点は注意しておきましょう。

データ復旧に失敗すると、復旧費が跳ね上がる可能性がある

上でも少し触れましたが、データ復旧作業は、作業に失敗するたびに状況がどんどん悪化していってしまいます。例えば、データ復旧ソフトについて、誤った操作を行うことで、復旧したい記憶媒体が上書きされてしまい、大切なデータを取り戻す作業がより複雑になるだとか、物理障害に復旧ソフトを利用してしまい、故障が悪化してしまうなんてケースが多いです。
そして、専門業者にデータ復旧を依頼するケースでは、当然作業の難易度によってコストが変わってきてしまいます。つまり、データ復旧ソフトを利用しなければ、数万円で復旧できていたのに、自分で作業を行った結果、数十万円のコストになってしまう…なんてケースが多いのです。データ復旧業者は高い…とよく言われますが、その多くは、お客様自体が何らかの作業を行い、問題を複雑化させているのも原因です。

データが完全に失われる場合も

特に、物理障害にデータ復旧ソフトを利用するケースで起こります。例えば、HDDの故障について、一見すると論理傷害のように見える…なんてケースも珍しくありません。この場合、何も考えずにデータ復旧ソフトを試すという方がいるのですが、実は物理障害が起きている…なんてことも非常に多いのです。そして、そのような状況でHDDを稼働させてしまうと、プラッタを傷つけてしまうなど完全に機器が故障してしまうというところまで行ってしまう可能性があります。
このような状況になると、データ復旧の専門業者でもデータの取り出しができなくなってしまい、二度とデータを復旧させることができない…なんてことになります。

復旧に失敗しても費用がかかる

有料ソフトを購入した場合、データ復旧に失敗しても、購入費が返ってくることはありません。「それはデータ復旧業者も同じでは?」と思うかもしれませんが、データ復旧業者の場合、原因の調査や作業の見積りまでは無料で行ってくれますし、復旧できなければ作業費がかからないという成功報酬型の復旧業者も増えています。
つまり、「成功時にかかるコスト」に納得したうえで作業を依頼でき、例え予想外の事態が起きてデータが取り戻せなくても、費用がかからないケースが多くなっているのです。

まとめ

今回は、なんでもデータとして保存する現在、注目度が高くなっているデータ復旧ソフトの基礎知識をご紹介してきました。HDDやSSDなどの、大切なデータを保存する機器については、ある日突然アクセスできなくなり、困ってしまうなんてことが多いです。こういった場合、非常に心強い味方になってくれるのがデータ復旧業者なのですが、こういった業者は「高い…」と言うイメージが強くなっています。

そのため、ネットなどでダウンロードできるフリーのデータ復旧ソフトや、1万円程度で購入できるデータ復旧ソフトの注目度が高くなっているようです。確かに、こういったソフトを利用してデータ復旧ができるような知識がある人であれば、非常に有用なアイテムであることは間違いありません。しかし、データ復旧作業は「何が原因か?」を正確につかみ、原因に合わせた作業を的確に行わなければ、状況をより悪化させてしまう恐れがあるのです。

実際に、データ復旧費用が高額になってしまいがちなのは、お客様側でデータ復旧に挑戦しただとか、何度も再起動を繰り返して、記憶媒体の障害の度合いが高くなっているケースがほとんどです。データ復旧業者は、原因の調査までは無料で行ってくれる業者がほとんどですし、何が原因か自分でわからない時には業者に相談するのがオススメですよ。何もせずに業者に依頼すれば、数千円程度でデータ復旧が可能なケースもあるのです。

サポート 馬渕

パソコン修理、データ復旧を10年以上させていただいております。
3000件以上の訪問実績があり、様々な法人様のオフィス環境改善に努めてまいりました。お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください!