データ復旧

データ復旧の成否は業者選びの段階で決まる!優良業者を見極めるためのポイント

今回は、大切なデータにアクセスできなくなった…なんて場合に、コストがかかっても必ずデータを復旧してほしい方の心強い味方となるデータ復旧業者の見極めポイントをご紹介します。

現在では、企業のペーパレス化が進んでおり、多くの重要書類などがデータとして保存されるのが当たり前になってきています。ただ、意外に多くの方が勘違いしているポイントとして、データとして保存していれば、一生無くなることはないなどと言った認識をしている点です。最初に言っておきますが、データとして保存してれば、確かに紙で保管するよりも安全性そのものは高くなると考えられるのですが、絶対になくならないというわけではありませんよ。

例えば、外付けHDDなどにデータを保存していた場合、HDDそのものが壊れてしまうと、その中にあるデータはまともな方法では取り出せなくなってしまいます。こういった時に非常に助かるのが、我々のようなデータ復旧業者なのですが、データの重要度が高くなっている現在では、この業界に新規参入する企業が増えていて、どこに頼めば良いのかが分からない…なんてケースも増えているようです。
この記事のタイトルにあるように、データ復旧の成否は、最初の業者選びの段階で決まっているといっても過言ではありませんので、高いお金を払ったのにデータが取り戻せなかった…なんてことにならないよう、データ復旧業者選びのポイントをご紹介します。

技術力のあるデータ復旧業者を選ぶポイント

それでは、何らかの理由でデータ復旧業者の手助けが必要…となった場合、技術力がしっかりとある業者を見極めるためのポイントについてご紹介していきましょう。冒頭でご紹介したように、データそのものの重要度が高くなっている現在では、他業種からデータ復旧業界に進出している企業がどんどん増えています。もちろん、データ復旧業界に進出する際には、業務用の復旧ソフトやデータ復旧を行うための作業場の整備などはきちんと行っていると思いますので、軽度のデータ復旧であれば、どこに頼んでもそれなりに高い復旧確率があると思います。

しかし、HDDの分解を伴うといった重度の物理障害のデータ復旧などになると、似たような症例の復旧実績など、経験や知識がかなり重要になるため、業者選びに失敗してしまうと、データは取り戻せないのに、費用だけ請求されてしまう…と言った最悪な事態に発展してしまう恐れがあるのです。
ここでは、安心してデータ復旧作業を依頼できる技術力の高い業者を選ぶためのポイントをご紹介します。

技術力の見極めポイント

データ復旧は、非常に高額な費用がかかる…などと言うイメージがあることから、業者選びの際には「できるだけコストがかからない業者」を探してしまいがちです。しかし、いくら費用が安くても肝心のデータが取り戻せなければ意味がありませんし、本来は「本当に技術力を持った業者なのか?」と言う部分で判断しなければならないのです。それは、数あるデータ復旧業者の中から、本当に技術力がある業者を見極めるには何を見れば良いのでしょうか?データ復旧業者の技術力を見極めるには、以下のようなポイントを確認すると良いでしょう。

  • ・復旧実績を公表している(データ復旧率97%…のような数字のみの表記はNG)
  • ・復旧エンジニアがきちんと在籍しているのか?
  • ・対応可能機種の種類や症状が豊富なほど技術力が高い
  • ・復旧スピードが速い
  • ・クリーンルームなど、復旧作業に必要な設備が整っている
  • ・他社が復旧不可能だった機器の復旧実績を多数持っている

データ復旧業者を探す時には、ネット検索をして相談する業者を決めるはずです。その時に注目してほしいのが上記のようなポイントです。例えば、「データ復旧率97%!」などと表記しているだけで、実際の復旧実績などを何も掲載していない業者は少し注意が必要です。技術力が高い業者であれば、過去に経験した機器や症状を分かりやすくするため、復旧実績として掲載しているケースが多いです。
他には、データ復旧を行う時に必ず必要になる、復旧ソフトやクリーンルームなど、データ復旧のための設備が整っているのか、また復旧エンジニアが何人程度在籍しているのかは確認しておきたいですね。このあたりは、HPに掲載していない業者も多いので、持ち込みで作業を依頼する時に見学させてもらえるのかなどを確認してみると良いでしょう。

なお、データ復旧業者の中でも特に技術力が高いと判断できるポイントは、「スクラッチ障害(データが記録される面にキズが入る障害)の復旧実績を持っている」ことやRAID構成のNAS・サーバーやデータベースの復旧などにも対応しているような業者です。この辺りの症状になると、本当に高い技術力が無いと手が出せない問題ですので、この辺りの作業まで請け負ってくれる業者はある程度信頼できると思います。

※復旧スピードは意外に重要
データ復旧が必要になるケースでは、納期のあるデータ復旧なども多いです。例えば、顧客に提出しなければならないデータで、期日までに復旧できなければ、自社の信用を失ってしまう…なんてケースですね。つまり、データ復旧は、復旧スピードも意外に重要な要素で、優良業者を見極めるためのポイントとしても利用できるのです。

と言うのも、長くデータ復旧業界に関わっている業者であれば、納期のあるデータ復旧ケースが意外に多いということを理解していますので、万一の時でもスピーディな対応ができるような体制を整えています。例えば、機器を持ち込んでもらえれば、その場で作業が開始できるように、常時復旧エンジニアが複数在籍し、クリーンルームを用意しておくなどです。実は、データ復旧業者を名乗りをWeb上で集客を行っている業者の中には、実際に自社内で作業するのではなく、パートナーとして問い合わせ窓口となっているだけのケースも意外に多いのです。そういった業者に作業を依頼すると、どうやっても即日対応などは無理ですよね。

したがって、データ復旧の業者選びを行う時には、特に必要ない場合でも、最短の納期を確認してみると良いでしょう。技術力が高く、さまざまな症状に対応できるような業者は、交換用の部品在庫もしっかと確保していますし、技術力の高いエンジニアが常時在籍していますので、他の業者の比較した場合、作業スピードがかなり速くなるはずです。
なお、データ復旧を最短納期で依頼した場合、特急料金などが別途加算されてしまいますので、特に急ぎのデータではない場合、比較のために聞くだけで、実際には通常納期で依頼したほうが良いでしょう。

業者の信用性を確認しよう

次は、データ復旧業者が、本当に信頼できるような業者なのかを確認するためのポイントです。以下のような点を確認することで、その業者の信頼度がある程度判断できるはずです。

  • ・大手法人や官公庁などのデータ復旧実績がある
  • ・問い合わせ段階での対応が丁寧
  • ・セキュリティ対策がしっかりしている
  • ・持ち込み修理にも対応している

データ復旧業者の信頼度が最もわかりやすいのが、大手法人や官公庁などの実績を多く持っているという点です。特に、同じ大手法人などから何度も依頼されているようであれば、データ復旧の技術力は高いと判断できるでしょう。他には、持ち込み対応が可能と言うポイントも意外に大きいです。上述したように、この業界は、問い合わせの窓口になっているだけで、作業は外注しているなどと言う業者も珍しくなく、そういった業者は、顧客に作業場所を見せるわけにはいかないため、郵送での対処のみを受け付けています。逆に、顧客が店舗まで足を運べる場合、どのような設備が整っているのか、エンジニアの人柄や知識量を確認することができます。

その他のチェックポイント

最後は、実際にデータ復旧サービスを利用する際、皆さんの要望にかなう業者なのかについて確認しておきましょう。データ復旧を請け負う業者は非常に増えてきており、最近では作業にかかるコスト以外の部分でも業者ごとに差が生じてきています。
したがって、ある程度の技術力があると判断できた場合には、「自分の要望に沿ったサービスがあるか?」という点も確認しておきましょう。直接的に、データ復旧の技術力などには関係しませんが、サービスの使いやすさは意外に重要なポイントになるはずです。以下のようなポイントは確認しておいた方が良いでしょう。

  • ・休日や夜間対応が可能なのか?
  • ・費用は作業後にしか発生しないか?
  • ・特急料金について
  • ・後から追加料金はかからないか

この辺りは、実際にデータ復旧を依頼する前に確認しておきましょう。例えば、データ復旧は平日の昼間にしか必要になることはない…なんてことはありませんよね。例えば、休日出勤している時にHDDが故障してしまい、次の日にはデータが必ず必要…なんてケースもあるでしょう。このような場合、夜間や休日専用の窓口があり、作業も行ってくれる業者があればありがたいはずです。
他には、復旧費用がいつ必要になるのかと言うポイントです。基本的に、機器の診断から見積もりまでは無料で行う業者がほとんどなのですが、支払いについては、一部前金が必要になったりする業者もあります。多くの方は、データの復旧が完了次第の支払いが望ましいと考えると思いますので、支払いのタイミングが自分の考えとマッチしているかは確認しておきましょう。なお、注意が必要なのは、悪質な業者の中には、見積り段階では格安の料金を提示しておき、いざ支払う段階になって追加料金を請求するといったやり方を行うケースがあります。こういったことが無いように、追加料金が発生することがあるのか、また発生するのであれば、どのようなケースか、発生する場合は事前に必ず確認するようにしてほしいなどを取り決めておきましょう。

まとめ

今回は、データ復旧が必要になった時、安心してデータ復旧の相談ができる業者の見極めポイントについてご紹介してきました。

この記事でご紹介したように、データの重要度が高くなっている現在では、データ復旧業界に新たに進出する企業が増加しており、どこにデータ復旧を依頼すれば良いのかに迷ってしまう方が増加していると言われています。もちろん、データ復旧が必要になった時には、出来るだけ安く作業をしてほしいと考えると思いますので、業者の技術力云々に関係なく、コストの安さだけで業者選定をしてしまう方も多いです。しかし、そのような選び方をしてしまうと、技術力が足りないことから、大切なデータが取り戻せなくなってしまうリスクがあるのです。
もちろん、成功報酬型の業者であれば、データ復旧に失敗すれば費用がかからないかもしれません。しかし、データ復旧は、挑戦するたびに状況が悪化していってしまうものですので、データ復旧に失敗し他の業者に再依頼する際には、もっと高い見積り金額になってしまうと考えなければならないのです。

データ復旧を最も安価に実現するためには、きちんと技術欲のある業者を選び、一度でデータの取り出しに成功してもらうことだと考えておきましょう。そのためには、この記事でご紹介したようなポイントをしっかりと確認し、信頼できる業者を選ぶ必要があると考えてください。

サポート 馬渕

パソコン修理、データ復旧を10年以上させていただいております。
3000件以上の訪問実績があり、様々な法人様のオフィス環境改善に努めてまいりました。お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください!