雷が鳴っている時はパソコンを使わない方が良いのはなぜ?

皆さんも、雷が鳴っている時にはパソコンは使わない方が良いという情報を耳にしたことがあると思います。しかし、雷が鳴っていたとしても、家の中でパソコンで作業をするだけであれば、特に大きな影響などないのではないかと疑問に思ってしまう方が多いのではないでしょうか?

雷が落ちたとしても、自宅に直接落雷が…なんてことにならない限りは、ほとんどの場合、停電なども起こらないような時代ですし関係が無いと思ってしまいますよね。しかし実は、雷がパソコンにさまざまな悪影響を与えるという情報は事実です。

この記事では、外で雷がゴロゴロ言っている時にパソコンを利用しない方が良いと言われる理由についてご紹介していきます。

雷がパソコンに与える影響について

それでは、雷がパソコンに与える影響をいくつかご紹介していきましょう。近年では、電気屋さんなどで、雷サージ対策アイテムが販売されるようになっているなど、実は、多くの家電製品にとって、雷が意外に恐ろしいものなのです。特にパソコンに関しては、機器が故障するという問題だけにとどまらず、今まで作ってきた大切なデータまで失われてしまう可能性があるので、ダメージが非常に大きいと考えておいた方が良いです。

ここでは、雷によって生じてしまう可能性がある、具体的なパソコンの被害をご紹介しておきます。

突然の停電でハードディスクが壊れる

落雷は、一定の範囲に停電という問題を引き起こしてしまうケースがあります。当然、停電が起きてしまうと、家の中で使用している電気を使う製品は停止することになり、パソコンもバッテリーを使うノートPC以外は電源が落ちてしまいます。そして、そのような事態になった時には、パソコンの内臓HDDが深刻なダメージを受けてしまう可能性があるのです。

皆さんも「パソコンの強制終了はHDDに大きな負担をかける」という情報を耳にしたことがあると思うのですが、通常のシャットダウン手順を踏まずに電源を落としてしまうとHDDがダメージを受け、保存されているデータが失われたり、データの一部が壊れて開けなくなってしまう可能性があるのです。特に、HDDの読み書き中に停電が起きてしまうと、たった一度の停電でHDDにとって致命傷になるなんてことも考えられます。

雷サージによる負荷

雷が鳴り始めたらパソコンの使用を控えるべきと言われるのは、この雷サージという現象があるからです。雷サージは、電気屋さんなどで対策アイテムなどが多く販売されるようになっていますので、どういったものかある程度理解している人もいると思います。要は、雷によって発生する、一過性の異常な高電圧・過電流のことを指していて、避雷針やアンテナ、電線などを伝わってパソコンに侵入することで、被害をもたらせます。ちなみに、雷サージは、落雷があった時に起こると考えている方が多いのですが、空中で鳴る雷のときにも発生します。

雷サージが侵入した時には、パソコンなどの家電では処理できないほどの大きな負荷がかかってしまうことから、基板などがいきなり焦げ付いてパソコンが使えなくなってしまうこともあります。したがって、雷サージを防ぐ為には、対策用のコンセントを用意するか、雷が鳴り始めたら、電源をコンセントから取り外すといった対処が必要です。

パソコンが故障してデータを失う

停電や雷サージといった現象は、パソコンを故障させてしまうことがあります。そして、HDDの故障部分でも説明したように、停電や雷サージといった現象により、HDDに保存していた大切なデータが失われてしまう可能性もあるのです。

パソコンの各種パーツや周辺機器などの故障であれば、修理したり交換することで、もとの動作を取り戻すことはできるのですが、データを失った…となれば、簡単に取り戻すことはできないのです。したがって、突然の雷による被害を防ぐ為には、普段から小まめにデータのバックアップを取っておくということが大切です。

感電事故

すぐ近くで雷が発生している時には、家電製品などの故障だけでなく、人にも影響をもたらす恐れがあります。雷によって発生する雷サージは、さまざまな経路から家の中に侵入してきますので、万一、ちょうどパソコンに触れているときにこれが起こると、人間を感電させてしまう可能性まであると言われているのです。

近くで雷が発生している時には、コンセントやパソコンなどの電気に触れると、感電して大怪我をしてしまう恐れもあると考えておきましょう。なお、非常に稀ですが、蛇口など、家の中にある金属部分に通電している可能性もあるとされていますので、注意してください。

雷からパソコンを守るにはどうする?

上述のように、雷が屋外でなっているだけという問題ではなく、屋内にある家電製品を故障させてしまうようなことがあるのです。それでは、雷から、パソコンそのものや保存しているデータを守りたいと思った時には、どうすれば良いのでしょうか?

ここでは、パソコンを守るために押さえておきたい雷対策について解説します。

パソコンの使用をやめる

一つ目の対策としては、外で雷が鳴り始めた時には、すぐにパソコンの使用をやめ、電源を落とすというものです。雷は、急な停電を引き起こしますので、作業中のデータが保存できずになくなってしまう…なんてケースも考えられます。したがって、近くで雷が発生しているとわかった時には、最悪の事態を回避するため、パソコンの使用をやめましょう。

なお、パソコンの電源を落としたとしても、電源コードがコンセントに挿さった状態であれば、ケーブルを通して雷サージが流れ込んでしまう…ということが考えられます。雷サージは、内部部品の故障などを引き起こしますので、電源を落としていたとしてもパソコンの故障が考えられます。
したがって、落雷がありそうなときには、電源コードそのものを抜いておきましょう。なお、電源コードを抜いているのに、LANケーブルを挿していたら意味がありませんよ。LANケーブルを伝わって雷サージが侵入することがあるので、パソコンを守りたいのであれば、全てのコードを取り外しておくのがオススメです。

雷サージ対応アイテムを使用する

雷が近づいてきたら、パソコンなどの電源を切り、ケーブルなどを取り外しておくことで、雷による被害を防ぐことができます。しかし、業務に使用するパソコンなどであれば、雷が聞こえたからと、いちいち電源を落として、作業を止めるわけにはいかないですよね。また、単純に雷の度にコンセントまで抜くのが面倒と感じる方も多い事でしょう。こういった場合には、電気屋さんなどで、雷サージに対応した電源タップを用意しますよう。

最近では、夏場のゲリラ豪雨などで、落雷被害が増えたこともあり、雷サージ対策アイテムがたくさん販売されるようになっています。このタイプのアイテムは、雷サージが発生した場合、電源タップ部分で強い電流を防いでくれるという機能があり、パソコンの故障などを気にせずに作業を行うことが可能です。ただ、一度雷サージを防御すると、壊れてしまうことから、その都度買い換えなければいけません。また、落雷によって停電が発生すると、パソコンの電源が強制的に落ちてしまうので、作成中のデータなどは失われてしまいます。

UPSを利用する

UPSは「Uninterruptible Power Supply」の頭文字をとったもので、日本語にすると無停電電源装置となります。この装置は、停電などにより電源が断たれた際、予備電力として機能してくれる機械です。これを使用しておけば、突然の停電などが発生したとしても、いきなりパソコンの電源が落ちると言ったことを防げますので、HDDの損傷を防いだり、安全にシャットダウンする時間を確保することができます。

なお、製品によって予備電力としての稼働時間が異なるので、きちんとシャットダウンできる時間を確保できる物を用意しておきましょう。

まとめ

今回は、雷により起こってしまうパソコンの被害について解説してきました。この記事でご紹介したように、近くで雷が発生した時にはパソコンの使用を避けた方が良いという情報は正しいものです。というのも、雷は、一過性の異常な高電圧・過電流を引き起こしてしまいますので、これによりパソコンが故障してしまったり、HDDなどが故障してデータが失われてしまうリスクがあるからです。

最近では、雷サージという言葉を耳にする機会が増えていると思いますが、この現象は、皆さんが考えている以上に恐ろしいものですので、業務に使用するパソコンなどについては、きちんと対策を施しておきましょう。これから夏に向けて、雷を伴うゲリラ豪雨が増えてくると思いますので、皆さんも注意してください。